狂いにくいチューニング法

ギターを始めたばかりの人が、最初にとまどうのはチューニングではないでしょうか。
まあ今時音叉でチューニングする人は少ないでしょうから、チューナーを使って音自体は合わせられるはず。
でも、弾いてる途中で音がズレきて、一曲弾き終わったら、結構音が狂ってる。
そんな経験ありませんか?

チューニングが狂う原因

ペグのガタツキ

チューニングが狂う原因は色々とあるのですが、一番良く言われるのがペグのガタつき。
確かに弦を固定するペグがガタついていては、音が合うはずもありませんよね。
この場合は、ペグを交換するしかありません。
でも、最近は安ギターでも、各メーカー間の競争が激しくなってきていて、品質のレベルもアップしていますので、新品からペグがガタついていることって、そんなに多くはないはずです。

音の合わせ方

次に言われるのが、チューニングするときに、音を高い方から低い方へ、つまり弦の張力を弱めながら音を合わせてる場合です。
この場合、ペグの弦を巻き付けてある部分が緩む可能性があるので、音が狂いやすいということなんですね。

ナット部分の摩擦

「いやいや、ギター自体に特にガタつきはないし、チューニングも低い方から高い方へ調整しながら合わせてるし、弦の張り方だっておかしくないはず。でも、音が狂うんだよね。」という人も多いのではないでしょうか。
そういう場合は、ナットの存在が、音の狂いに関係しているかも知れません。
ギターの弦というのは、多くの場合テイルピースとペグで両端を固定していますが、その他にブリッジとナットでも弦を支えています。
つまり、4箇所の支点があるということです。
そして、音を出すのはナットとブリッジ間の弦です。
でもチューニングするときに調整するのはペグ。
ナット部分やブリッジ部分に、チューニング機能はありません。
これがチューニングが狂う原因で、ナットの素材にもよりますが、ペグを調整してチューニングしたときに、ペグ~ナット間とナット~ブリッジ間の弦の張力が、どちらか片方に偏る場合があるのです。

例えば、弦の張力を上げる方向でチューニングした場合、ペグ~ナット間の張力の方が高くなる傾向があります。
ペグ~ナット間>ナット~ブリッジ間という状態になるんですね。
これが弾いているうちに、だんだんペグ~ナット間=ナット~ブリッジ間になってくる。
ペグ~ナット間の張力が下がって、ナット~ブリッジ間の張力が上がる形になるんです。(=音が高くなる)
弦の張力を下げる方向でチューニングした場合は、この逆になります。

チューニングを狂いにくくする方法

なるべく張力の偏りをなくす

チューニングの狂いを防ぐためには、チューニングの時点で弦の張力のバランスも取ってあげる必要があります。
チューニングの最中に、ナット~ペグ間を軽く押さえたり、ブリッジ~ナット間をチョーキングするなどして引っ張ったりしながら音を合わせると、弾いている最中に音がズレてくることは少なくなるはずです。
ナットのところで弦をロックする構造を持っているギターは、上に書いたような張力の変化が起きないので、音が狂いにくいんですね。

ナットの滑性を上げる

ギターというのは、元々構造的にどうしても音が狂いやすく、廉価なギターほどより音が狂いやすいと言われています。
これは、安いギターのナットには、滑り性があまり良くない素材が使われていることも原因の一つかもしれません。
ナットの滑りを良くするためには、オイルを使うという方法がありますが、ナットの素材によっては劣化してしまう場合があるので注意が必要です。
ナットの溝の部分に鉛筆の芯を擦り付ければ、ある程度改善するらしいので、それも一つかも知れませんね。

ギターの音の狂いに悩んでいる人は、上記のような工夫をすることで改善できる場合もありますので、一度試してみることをオススメします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする