有能プロデューサーの顔を持つレジェンド・ギタリスト(ジミー・ペイジ編:その2)

伝説的名盤の4thアルバム

デビューアルバム「LED ZEPPELIN」とセカンドアルバム「LED ZEPPELIN II」が立て続けにヒットし、押しも押されぬトップ・スターの座に上り詰めたジミー・ペイジ率いるレッド・ツェッペリン。
サードアルバム「LED ZEPPELIN III」(70年)はアコースティック色を打ち出したこともあって、否定的な意見も少なからずあったのですが、セールス的には好調を維持し、チャートNo.1を獲得します。

Led Zeppelin 3 [DELUXE EDITION 2CD]

そして71年、名曲「Stairway To Heaven」を含む4thアルバムをリリース。
ファンの方の間では常識となっている話ですが、実はこの4thアルバムには正式なタイトルがありません。
いや、それどころかジャケットにはレッド・ツェッペリンという名前すら書いていなかったのです。
さすがに、これには販売元のレコード会社(アトランティック・レコード)から是正するよう要請があったようですが、ツェッペリン側は頑として譲らず、要求どおりにするまでマスターテープをレコード会社に渡さないという強行策に出たという逸話もあります。
こうした理由についてジミー・ペイジは、「僕等は純粋に音楽だけを評価の基準にして欲しかったんだ」「所詮バンド名なんて何の意味がある?レッド・ツェッペリンって何?大事なのは僕等の音楽なんだ」と語っています。
いやはや、ロックですね~。(笑)

Led Zeppelin IV [REMASTERED ORIGINAL1CD]

とはいえ、アルバム名が無いと識別しにくいので、四作目は便宜的に「LED ZEPPELIN IV」や「Four Symbols」などと呼ばれていますね。
この4作目まででハードロックの帝王としての座を揺るぎないものにした彼らは、続く「Houses Of The Holy」(73年)以降はハードロックの枠を越えた幅広い音楽性へと変化していきます。

“レッド・ツェッペリン”解散

その後、ドラムのジョン・ボナームの死去により、80年にバンドは解散。
ペイジは元バッド・カンパニーのポール・ロジャースと”ザ・ファーム”を組むなど、いくつかのプロジェクトに参加し、88年にソロアルバム「Outrider」を発表します。

Outrider

この少し前、85年にはライブエイドでフィル・コリンズによってステージに引っ張り上げられ、レッド・ツェッペリン名義での演奏を行ったこともありました。

単発だが再結成ライブも

ソロアムバムをリリースした同年に開催されたアトランティック・レコード40周年コンサートには、ジョン・ボーナムの息子のジェイソン・ボーナムをドラムに抜擢し、レッド・ツェッペリンとしてのライブ・パフォーマンスを披露。
以降、幾度かこのメンバーでツェッペリンのライブパフォーマンスが行われており、特に2007年12月にロンドンで行われたチャリティーライブでは全盛期を彷彿とさせるパフォーマンスを見せ、大喝采を浴びています。

ソロ活動

ペイジ自身の活動としては、93年に元ディープ・パープルのデイヴィッド・カヴァーデイルと、カヴァーデイル・ペイジを結成し、1枚のアルバムをリリースしてライブツアーを行っています。
このライブツアーは、ペイジ側の都合で結果的に日本だけしか行われなかったため、実際に会場で音を聴けた方は非常に幸運でしたね。
ペイジは、レッド・ツェッペリン後もボーカルであったロバート・プラントと活動を共にする機会が多く、ペイジ&プラントを結成してアルバム発表・ライブツアーなども行っています。

ジミー・ペイジのプレイスタイル

さて、ペイジのギターのプレイスタイルですが、どちらかというテクニックを見せつけるタイプではなく、曲の良さを引き出すフレーズの入れ方が上手いタイプだと言われています。
ギタリストとしてだけではなく、曲全体のアレンジを考えてプロデューサー的な視点で見ることができ、ギターソロもきっちりと曲の中で収束するように弾いています。

ライブではヴァイオリンの弓を使ったりして色々な演出を加えていますが、その源流はやはりブルースにあり、そこに民族音楽のエッセンスを取り込んだりして、自由な発想を加えていくのがジミー・ペイジ流と言えるでしょう。
また、ギターを立って弾く時に、ギターを通常よりかなり低い位置に構えるのも特徴的で、ツェッペリン時代のペイジを見た当時のギター・キッズたちは、レス・ポールは低ければ低いほどカッコイイとし、こぞってストラップを長くしたものです。

ジミー・ペイジの使用ギター

ペイジの使用ギターとして代表的なのが、1958年製レス・ポール・スタンダード(通称No.1)。
チェリーサンバーストのカラーが退色によって全体が黄色くなっており、レモンドロップと呼ばれていますね。
表面に左右非対称に貼り合わされたメイプル材の木目がはっきりと確認でき、これがまたカッコいいのですよ。
このギターは、過去に何度かギブソンから復刻モデルが発売されていますが、今現在は生産されていません。
是非、もう一度復刻モデルを作ってもらいたいですね。(出来ればリーズナブルな値段で(笑))

もう一本有名なギターとしては、「Stairway To Heaven」でも使用されている、ギブソンEDS-1275。
SGをベースにした、6弦&12弦のダブルネック仕様のギターです。
ぶっちゃけ、重たいです。(笑)

71-eRBapmCL._SL1200_

Gibson Custom / 2016 Custom Mid 60s EDS-1275 Double Neck VOS Heritage Cherry ギブソン

88年以降、ソロアルバムを発売していなかったペイジですが、2016年にはソロアルバムの製作にかかることを明言していますので、これからの活躍も楽しみですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする