常に進化し続ける孤高のギタリスト(ジェフ・ベック編:その2)

最強ロック・トリオも長続きせず

第2期”ジェフ・ベック・グループ”が絶好調であったのにもかかわらず、ベックはあっさりとこのバンドを解散してしまいます。
ベックの怪我によって一度は立ち消えになっていた、カーマイン・アピスとティム・ボガートとバンドを組む話が、ここにきて復活したからです。

そして72年に”ベック・ボガート&アピス”を結成。
翌年にはアルバム「Beck Bogert & Appice」を発表します。
このバンドは、クリーム以来の最強ロック・トリオと言われましたが、クリームが互いのエゴがぶつかり合って解散してしまったのと同様に、このバンドも内部紛争がきっかけで分裂してしまいます。

Beck Bogert & Appice

エレキギターの聖典「Blow By Blow」

その後、紆余曲折を経てベックは再びソロ活動をスタートさせます。
このソロ活動で新たに取り組んだのが、エレキギターのインストゥルメンタル。
もちろん、それまでにもアルバムにインスト曲は入れていましたが、今度はアルバム全曲をインスト曲にするというチャレンジを行ったのです。
そして製作されたのが、「Blow By Blow」(75年)。
フュージョン色を強く打ち出したこのアルバムは、何と全米で100万枚以上という、エレキギターのインスト・アルバムとしては異例中の異例ともいえる売り上げを記録します。

Blow By Blow

その次にリリースした「WIRED」(76年)も大ヒット。

Wired

このアルバム2作は、今でもジェフ・ベックのソロ活動を代表するアルバムとなっていますね。

80年代~90年代は沈黙

その後は、表舞台から遠ざかる傾向になり、85年の「FLASH」には旧友ロッド・スチュアートが参加して話題になったりもしますが、どうにも内容的に低調な感じは否めず、パッとしない状況が続きます。
89年の「Guitar Shop」では、グラミー賞の最優秀ロック・インストゥルメンタル賞を受賞するなど、健在ぶりを示すこともありましたが、セールス的に期待外れに終わってしまい、その後はまた沈黙してしまうことになります。

Guitar Shop

ビッグ・タウン・プレイボーイズとのコラボレーション作に参加するなどの音楽活動は行っていましたが、自身のオリジナル作品を発表することはなく、一時は引退説すら流れたこともありました。

1999年に再始動

そんな中、突如約10年の沈黙を破って発表されたオリジナル・アルバム「Who Else!」(99年)では、MIDIギターにジェニファー・バトゥン(マイケル・ジャクソンのバックバンドにも参加した女性ギタリストで、タッピングの名手。)を起用し、打ち込みを多用したテクノサウンドを取り入れた現代風な音に変化。

Who Else!

翌年にはさらにその路線を進化させた「You Had It Coming」を発表します。

You Had It Coming

2003年には自身の名を冠した「Jeff」をリリース。

Jeff

2006年には世界ツアーを展開するなど、90年代の沈黙が嘘のように精力的な活動を行うようになります。
そしてさらに2016年7月には、アルバム「Loud Hailer」(2016年6月時点の予定)が発売され、70歳を越えても衰える気配すら感じさせません。

Loud Hailer

ジェフ・ベックの使用ギター

ベックの使用ギターと言えば、オックスブラッドカラーのギブソン・レス・ポールと、ホワイトカラーのフェンダーストラトキャスターが有名です。
テレキャスターやエスクワイヤーを使用していた時期もありましたが、やはりこの2機種がジェフ・ベックの定番。
大まかに言って、レス・ポールは「Blow By Blow」の頃までのメインギターで、「WIRED」以降はストラトがメインとなっているようですね。

FENDER ( フェンダー ) / Custom Artist Jeff Beck Strat

FENDER ( フェンダー ) / Custom Artist Jeff Beck Strat

FENDER ( フェンダー ) / Jeff Beck Stratocaster Olympic White

FENDER ( フェンダー ) / Jeff Beck Stratocaster Olympic White

ただ、フェンダーのストラトに関してはベックのシグネチャーモデルが一般に発売されていますが、ギブソンのレス・ポールについては、96年に限定で復刻モデルが発売されたりはしたものの、現時点(2016年)ではジェフ・ベックモデルは、レギュラー製品としては売られていません。
もし、中古で見つけたらゲットしたいところですね~。
きっと超高いだろうけど・・・。(苦笑)

高難度のプレイスタイル

ベックのプレイスタイルですが、フィンガーピッキング主体で、アーミングを多用しながら、ボリューム奏法によって音の角を丸め込んでいるのが特徴的。
ハーモニクス、タッピングなども非常にハイレベルで、もはや並みのギタリストではおいそれと真似することも出来ない卓越したテクニックを用いて演奏しています。
常に新しい音を目指してチャレンジし続ける「孤高のギタリスト」、ジェフ・ベックはやっぱり凄いですね!

ジェフ・ベックモデルのギターを・・・

>>サウンドハウスで探す

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする