常に進化し続ける孤高のギタリスト(ジェフ・ベック編:その1)

十代はロックの黎明期

“孤高のギタリスト”とも呼ばれるジェフ・ベックがイギリスのサリー州に誕生したのは、1944年6月4日のことでした。
子供のころは親の勧めでピアノ、ヴァイオリン、チェロなどを弾いていたそうです。
ベック少年が12歳になると、世の中はロックンロール・ブームの真っ只中。
そのブームの影響でギターに興味を持った彼は、友達から弦が3本しか張られていないオンボロのアコースティック・ギターを手に入れます。
それでも飽き足らないベックは、13歳になると自分でエレキギターを作ろうと思い立つのですが、何とピックアップは店から万引きしたもので、その自作のギターをラジオにつないで練習していたそうです。
昔のことだから笑って済みますけど、万引きして部品を揃えましたとか言うと、今だとちょっと問題になりそうですよね。(笑)

そして彼が、15歳の時に最初に組んだのが”デルトーンズ”というバンド。
一般的には16歳の時に学校の友人と組んだ”ナイト・シフト”が最初と言われていますが、1991年にリリースされたCD3枚組のボックスセット「Beckology」に付属しているブックレットには、”デルトーンズ”の記述があり、写真も掲載されていますので、最初は”デルトーンズ”で間違いないと思われます。

その後イギリスではブルース/R&Bが盛り上がりを見せ始め、ベックもそちらに傾倒していき、63年に”トライデンツ”に参加。
プロギタリストして本格的なスタートを切ります。
「Beckology」にはトライデンツ時代の音源も収録されていて、この頃のベックのプレイは、レス・ポールの影響が色濃いものの、この時点で既に”ジェフ・ベックらしさ”を感じることが出来ますね。

Beckology/ベッコロジー

ヤードバーズへの参加

64年になると、友人のジミー・ペイジ(ペイジは、ベックの双子の姉と同じ学校に通っていました。)に紹介される形で、エリック・クラプトン脱退直後の”ヤードバーズ”に参加。
ちょうどこの頃にヤードバーズは「For Your Love」がスマッシュ・ヒットとなり、当時の写真や映像などではベックがギターを弾いていることが多いのですが、リリース自体はクラプトン在籍時でしたので、ベックはレコーディングには参加していません。

ジェフ・ベックとジミー・ペイジのツインギター

66年になると、ジミー・ペイジもヤードバーズに合流。
ペイジは当初はベースを弾いていましたが、すぐに代わりのベーシストを加入させ、ベックとペイジのツインギター構成となります。
今考えると、ほんと夢のような競演ですね。
しかし、このツインギター体制はあまり長続きせずに、ペイジにギタリストの座を譲る形でベックはヤードバーズを去ります。
なお、ヤードバーズ在籍時には、バンドで映画(ミケランジェロ・アントニオーニ監督の「欲望」)に出演しており、この中にはベックがギターをアンプに叩き付けて破壊するという、エキセントリックなシーンが収録されています。

ヤードバーズを脱退

ヤードバーズ脱退後、ベックはソロ活動を開始し、「Hi Ho Silver Lining」などのヒット曲をリリースします。
ちなみにこの「Hi Ho Silver Lining」のB面には「Beck’s Bolero」という曲が収録されている(アルバム「Truth」にも収録されています。)のですが、この曲にはジミー・ペイジが12弦ギター、ジョン・ポール・ジョーンズ(レッド・ツェッペリン)がベース、キース・ムーン(ザ・フー)がドラムという超豪華なメンバーが顔を揃えています。

“ジェフ・ベック・グループ”を結成

1967年になると、再びバンドを結成。
ヴォーカルにロッド・スチュアート、ベースにロン・ウッドらを迎え、第1期”ジェフ・ベック・グループ”が誕生し、68年にはアルバム「Truth」をリリースします。
しかし、メンバー間の確執によってグループは解散。

Truth/トゥルース

続いて元ヴァニラ・ファッジのカーマイン・アピス、ティム・ボガートと新グループの結成を画策しますが、ベックが交通事故で重傷を負ってしまった為に、この話は立ち消えとなります。
怪我が癒えたベックは、コージー・パウエル、マックス・ミドルトンらと第2期”ジェフ・ベック・グループ”を結成。
71年に「Rough And Ready」、72年に「Jeff Beck Group」(通称”オレンジ”)の2枚のアルバムをリリースしています。

Rough & Ready

Jeff Beck Group

この第2期は、ジェフ・ベックの活動の中でも最も充実した時期と言わていて、第1期がブルース系のハードなサウンドを追及していたのに比べると、第2期はブラック・ミュージックの影響を強く受けていて、最もバンドしてまとまりのある音になっています。

ただ、このバンドも好調であったのにもかかわらず、短期間で解散してしまいます。
この続きは(その2)で!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする