情熱的かつ官能的にギターを唄わせる哀愁のギタリスト(カルロス・サンタナ編:その1)

カルロス・サンタナ。
ラテン音楽とロックを見事に融合させて独自の世界を築き、泣きのギターと言えばこの人、というくらいのスペシャリストです。
大体、著名なギタリストというのは独自のサウンドを持っていて、音楽をよく聴く人であれば、初めて聴く曲でも最初の方を少し聴けば誰が演奏しているのか分かるものですが、特にサンタナは分かりやすいギタリストの一人ですよね。

メキシコで生まれアメリカに移住

彼がメキシコのアウトラン・デ・ナヴァロに生まれたのは、1947年7月20日のことでした。
父親のホセがヴァイオリン奏者だったこともあって幼いころから音楽が身近にあり、5歳からはヴァイオリン、8歳からはギターのレッスンを受けていました。
1955年にはティファナという町に引っ越し、そこで彼は他の若者たちと同じようにロックに目覚め、ギターの腕前はメキメキと上達。
なんと十代の前半ごろには、既にストリップ・クラブで演奏したりしていたようです。
色んな意味で早熟ですね。(笑)

1960年代の初めごろには、既にアメリカに渡っていた父親を追って家族でサンフランシスコに移住し、1965年にアメリカ人に帰化。
アメリカに移住後しばらくは皿洗いのバイトをしながらストリートライブで音楽活動をしていたサンタナは、プロのミュージシャンとして生きていく決心をし、1966年に”サンタナ・ブルース・バンド”を結成。
当時の彼のギター・ヒーローはB.B.キングで、ブルース系のバンドを始めたのも、もちろんキングの影響が大きかったようですね。

ラテン音楽とロックをミックスさせた音楽性

ただし、彼は単に自分の音楽をブルースに限定する気はなく、自分なりの音楽を追求する姿勢を失いませんでした。
そんな中で見つけたのが、自らのルーツでもあるラテン音楽。
身体に染み付いたラテンの情熱を、ロックやブルースとミックスすることで独自の世界を築き上げ、当時のミュージシャンの間でも注目を集めるようになりました。

そして1968年に アル・クーパーのライヴに参加。
これは3日間の公演だったのですが、最終日にメインアクトの一人であったマイク・ブルームフィールドが不眠症の悪化で降板せざるを得なくなり、代役として当時頭角を現し始めていたサンタナに白羽の矢が立ったことによるものです。
なお、この公演の様子はアルバム「THE LIVE ADVENTURE OF MIKE BLOOMFIELD AND AL KOOPER」(69年、邦題「フィルモアの奇蹟」)に収録されており、この中の「ソニー・ボーイ・ウィリアムスン」でサンタナが演奏しており、これが彼の演奏が収録された初のレコードとなっています。

伝説のウッドストックでブレイク

翌69年の8月には、もはや伝説となった「ウッドストック・フェスティバル」に参加。(この頃にはバンド名を”サンタナ”に改めていました。)
同じ月にはデビューアルバム「SANTANA」をリリースします。

ウッドストックで圧倒的な存在感を示していたせいもあり、アルバムはいきなり全米4位の大ヒットを記録。
続く2ndアルバム「ABRAXAS」(70年、邦題「天の守護神」)は、何と6週連続で全米No.1に輝き、アルバムからシングルカットされた「Black Magic Woman」が(フリートウッド・マックのカヴァー曲であるにもかかわらず)全米4位、「Oye Como Va」が全米13位を獲得。
本格的にバンド活動を始めてからわずか4年足らずで、押しも押されぬトップミュージシャンの仲間入りを果たします。

ところで、サンタナは東洋哲学に傾倒していた時期があり、70年代当時はヒンドゥー教の高名な指導者であるシュリ・チンモイ師の弟子になっていたりもしました。
そして、同じチンモイ師に弟子入りしていたのがジャズ・ロックギタリストのジョン・マクラフリン。
彼らは意気投合し、1973年にはアルバム「Love Devotion Surrender」(邦題「魂の兄弟たち」)を共同でリリースしたりもしています。

日本公演ではヤマハ製ギターを使用

74年には来日公演を行います。
このときにはステージ上でヤマハのSG-175を使用し、これがきっかけとなってヤマハと同機種を元にしたオリジナル・モデル「Budda」を共同開発、この後しばらくメインギターとして使用するようになります。
76年には8thアルバム(スタジオ・アルバムとしては7thアルバム)「AMIGOS」をリリース。

このアルバムに収録されていた「Europa」(邦題「哀愁のヨーロッパ」)が日本のみでシングル発売されてヒットとなり、サンタナの日本での知名度が一気にアップします。
CMに使われたこともありますから、きっとほとんどの人がこの曲を聴いたことがあると思います。
タイトル通りの哀愁を帯びたマイナーのメロディーラインが、日本人の琴線に触れたようですね。

さて、世界的にも有名アーティストとなったサンタナですが、この後のことや使用ギターなどについては(その2)に続きます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする