コントロールポットを交換するときに知っておくべき3つのポイント

コントロールポットとは、ギターのボリュームとかトーンを調節する機能を持つパーツの事をいいます。
見た目のイメージや頭に「コントロール」という言葉が付くので、「ポッド」と言いたくなるところですが、「ポテンショメータ」(potentiometer、可変抵抗器)の略ですので、「ポット」というのが正しいですね。


1.ポットの抵抗値

エレキギター用のポットには、全抵抗値(電気抵抗の最大値)が250kΩのものと500kΩのものの2種類が主に使われており、250kΩがストラトのようなシングルコイルピックアップのギターに、500kΩがレス・ポールのようなハムバッカー搭載のギターに使用されることが多くなっています。
もちろん、250kΩをハムバッカーに、500kΩをシングルに使うことも可能ですが、ポットの抵抗値が高いほど高音部の響きが良くなるという特性があるため、元々高音部が強いシングルは抵抗値を低めにして高音部が強くなり過ぎないように、中低音域が強いハムバッカーは高めの抵抗値で高音を強調してバランスを取るという考え方が一般的です。

250kΩ

CTS ( シーティーエス ) / Custom A250
CTS ( シーティーエス ) / Custom A250

500kΩ

CTS ( シーティーエス ) / Custom A500
CTS ( シーティーエス ) / Custom A500

ただそうは言っても、ピックアップにもそれぞれ個性があり、中低域が豊かなシングルもありますし、高音が良く伸びるハムバッカーもありますので、絶対にシングルには250kで、ハムバッカーには500kと決まっている訳ではありません。
あくまでも、それが一般的だと言うだけのことです。
テレキャスターなどでは、ジャキジャキしたサウンドをより強調するために、1MΩのポットを使う場合もありますね。

また、アクティブ・ピックアップの場合は、25kΩや50kΩといった低い抵抗値のものが使われていることが多くなっていて、通常はピックアップのメーカーからポットの抵抗値が指定されています。
アクティブ・ピックアップはポットの抵抗値を変えてしまうと、まともにコントロールが出来ないことが多いので、メーカーの指定値を守ることをオススメします。


2.AカーブとBカーブ

ポットには抵抗値の他にもカーブという区別があります。
Aカーブと言われるものは、ツマミを回した時に指数的に値が変化するものの事を言いますが、これだとちょっとわかりにくい言い方ですよね。
簡単に言うと、ツマミを0から10に上げていくと、最初は徐々に変化していくだけですが、回していくにつれ変化量がどんどん大きくなっていくのがAカーブです。
これに対しBカーブと言うのは、最初から最後まで同じ量で直線的な変化をするものの事を言います。

Aカーブ

CTS ( シーティーエス ) / Custom A250
CTS ( シーティーエス ) / Custom A250

Bカーブ

CTS ( シーティーエス ) / Custom B250
CTS ( シーティーエス ) / Custom B250

使い分けの考え方

ボリューム用ポットでもトーン用ポットでも、人間が耳で聞いた時に、自然な変化と感じるのは実はAカーブの方になります。
ギターアンプなんかでも、50Wと100Wを比べて、100Wのほうが50Wの倍の音量が出ているとは感じないのと同じことで、ポットも数値を倍にしたからと言って音量が倍になったとは感じないんですね。

なので、このような特性があるのを踏まえたうえで、AカーブとBカーブの使い分けをしていきましょう。
一般的にはボリュームをB、トーンをAにする場合が多いようですが、抵抗値の時と同じようにこうすべきと決まっている訳ではありません。

ボリュームをBにする理由としては、アンプの歪み量をギターのボリュームでコントロールする時に、直線的に変化させた方がやりやすいということがあるようですね。
単にギターの音量を調節するだけなのであれば、Aカーブの方が使いやすいでしょうから、この辺りは好みによって使い分けましょう。

また、トーンに関しては特別なこだわりでもない限り、Aカーブを使った方がいいでしょう。
トーンにBカーブを使うと、ツマミの0~4の辺りは変化がハッキリしますが、5以上になると聴覚的にほとんど変化しません。
つまり、実質的にトーンをコントロールできるのが0~4の範囲に限られてしまって、使いにくいのです。

以上の事から、ボリュームにはA,BのどちらでもOK、トーンにはAとするのが基本ということになります。


3.アメリカ製と日本製

ポットの代表的なメーカーとしてはアメリカのCTS社が有名です。
ポットは電気回路部品ですので、そういう意味では日本製のほうが品質も高く性能も安定しているのですが、こと楽器となるとなぜかちょっと甘い作りのUSA製のほうが高評価になるんですね。
個人的には、ゼロにするときっちりとゼロになる(USA製はゼロにしてもゼロになり切らなかったりすることもあります)、ツマミをまわすと設計通りの正確な動作をする日本製も好きですけどね。

USA製

(レス・ポールのようなトップ材が厚いギターには、このようなロングシャフトのポットを使います。)
CTS ( シーティーエス ) / Custom A500K Long Shaft
CTS ( シーティーエス ) / Custom A500K Long Shaft

日本製

FERNANDES ( フェルナンデス ) / 500KA
FERNANDES ( フェルナンデス ) / 500KA

サイズにも注意しておこう

USA製にするか日本製にするかというのは、サウンド面や品質面だけでなく、サイズにも注意が必要となってきます。
ポットを取り付けるのに必要な穴の大きさは、原則的にUSA製の方が大きくなっています。
つまり、国産のギターにUSA製のポットを取り付けようとしても、穴が小さくて入らない場合があるのです。
ストラトのような樹脂製のピックガードにポットが取り付けてあるものは、カッターナイフとかでガリガリ削って強引に穴を大きくすることも出来ますが、レス・ポールのような木製のトップ材だとそうはいきません。
なので、交換前にちゃんと取り付け穴の径をチェックして、新しく交換しようとするものがそこに入るかどうかを確認しておく必要があります。

さらに、ポット自体もボディのザグリ部分内に収まるかどうかも確認しないといけません。
これはUSA製とか日本製に限らない話で、ポットには約24ミリ径のものと約16ミリ径のものがあって、元々16ミリ径のものが付いていた場合は、24ミリ径は収まらない可能性があります。
元々24ミリ径が付いていた場合でも、ポットを換えるときにはコンデンサも換える場合が多いでしょうから、もしコンデンサが元よりも大きいものだったりすると、ポットのスペースがなくなることも有り得ますので注意が必要ですね。

ちなみに、私は最近私物のスクワイヤー製スタンダード・ストラト(2013年、中国製)でポットの交換をしたのですが、ピックガードの穴を広げる必要はあったものの、CTS製の24ミリ径ポット3つとSprague製のコンデンサ(Orange Drop、0.047μF)は何とかザグリ内に収まりました。

あと、もう一つ忘れがちなのが、ツマミ(コントロールノブ)ですね。
ポットはUSA製がインチサイズ、日本製がミリサイズ規格で、そこに取り付けるツマミの規格もそれにあったものに換えないといけませんので、ポットと一緒に買うようにしましょう。

交換用コントロールポットを・・・

>>サウンドハウスで探す

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す

スポンサーリンク

シェアする

フォローする