ギブソン製ピックアップの定番モデル

ギブソンのピックアップは、やはりP.A.F.を基準にしたものが多いですね。
ハムバッカー中心のラインナップで、トラディショナルな方向性のものが多いですが、メタル向けの高出力なものも存在しています。
今回は、その中でも人気のあるオススメのピックアップをご紹介します。

管理人オススメのギブソン製ピックアップ6選

1.57 Classic

GIBSON ( ギブソン ) / 57CLASSIC NICKEL

GIBSON ( ギブソン ) / 57CLASSIC NICKEL

伝説のP.A.F.を再現したモデル。
90年代にNew P.A.F.(Tom Shaw P.A.F.)の後を受けて登場しました。
発売から20年以上経過したロングセラー品であり、多くのギブソン製ギターに搭載されている、最もスタンダードなピックアップです。
アルニコ2という磁力が弱めの磁石を使用しており、ハムバッカーとしては比較的低出力ですが、その分素直なピックアップと言われ、ピッキング・ニュアンスも出しやすくなっています。
低出力なので、強く歪ませるよりは、クリーンからクランチくらいのサウンドを得意としています。
57 Classicはどちらかというとフロント向けなのですが、リア向けとして57 Classic Plusもラインナップされています。

このピックアップの詳細を・・・

>>サウンドハウスでチェック!

>>アマゾンでチェック!

>>楽天でチェック!


2.Burstbucker

GIBSON ( ギブソン ) / BURST BUCKER TYPE1 ZEBRA

GIBSON ( ギブソン ) / BURST BUCKER TYPE1 ZEBRA

57 Classicよりもさらにヴィンテージなサウンドを追い求めたP.A.F.クローン系ハムバッカー。
Type1、Type2、Type3とあり、数字が大きいほど出力が大きくなります。
これは、オリジナルP.A.F.がコイルのターン数にバラつきがあったため、出力がマチマチだったことを再現しているらしいですね。
Type1は低出力で甘いクリアなサウンド、Type2はオールマイティ、Type3は出力が高めでパワフルさが特徴となっています。
アルニコ2使用。

このピックアップの詳細を・・・

>>サウンドハウスでチェック!

>>アマゾンでチェック!

>>楽天でチェック!


3.Burstbucker Pro

GIBSON ( ギブソン ) / Burstbucker Pro Neck Nickel

GIBSON ( ギブソン ) / Burstbucker Pro Neck Nickel

上のバーストバッカーをさらに進化させたモデルです。
バーストバッカーとの大きな違いは、磁石にアルニコ5を使用している点と、Wax-potting処理というロウ漬けを行っている点です。
P.A.F.は本来はアルニコ5仕様だったのですが、オリジナルP.A.F.と呼ばれる50年代のものは、その辺りがしっかりと守られておらず、色々な種類の磁石が使われていました。要するに結構適当だったのです。
従ってP.A.F.本来の姿を再現するのなら、アルニコ5を使うのが正しいと言えるでしょう。
ロウ漬け処理のほうは、ピックアップの緩みの部分を固めることで共振を抑え、ハウリングを起こりにくくする効果があります。
コイルのターン数も不均一にするなど、オリジナルP.A.F.の再現にとことんこだわった逸品です。

このピックアップの詳細を・・・

>>サウンドハウスでチェック!

>>アマゾンでチェック!

>>楽天でチェック!


4.490R/490T

61enkCMookL._SL1000_

Gibson ギブソン 490R モダンクラシック フロント ニッケル

57 Classicをベースに、モダンな味付けを行ったピックアップです。
490Rがフロント用で、490Tがリア用。
どちらもアルニコ2が使用されていて、リア用の490Tのほうが出力を少し上げてあります。
中高域が補強されており、バランスの良さがウリ。
フロントに490Rを使い、リア側により高出力でメタルにも対応できる498T(アルニコ5タイプ)を持ってくるパターンも人気があるようです。

このピックアップの詳細を・・・

>>アマゾンでチェック!

>>楽天でチェック!


5.496R/500T

51MSp+1bCBL._SL1000_

Gibson IM96R-DB 496R “Hot Ceramic” Neck Pickup Double Black

セラミック磁石使用の高出力ハムバッカーです。
上の四つはP.A.F.系ですが、こちらは完全にハイゲインタイプ。
496Rがフロント用で、500Tがリア用。
ハードロック/ヘヴィメタル向きです。


6.P-90

GIBSON ( ギブソン ) / IMP9RCC

GIBSON ( ギブソン ) / IMP9RCC

ハムバッカーにばかり目が行きがちなギブソンのピックアップですが、P-90の存在を忘れてはいけません。
このシングルコイル・ピックアップは、発売時のレス・ポールにも採用されていた、エレキギターの歴史上でも最も重要なピックアップの一つです。
P.A.F.が既にオリジナルの型番では製造されていないのに対し、P.A.F.よりも歴史が古いP-90は、現在でもその名前を変えることなく生産が続けられています。
音質はまさにトラディショナル。
シングルコイルでありながら、ウォーミーなサウンドには、今なお多くのファンがいます。
ドッグイヤーと呼ばれる取り付け用の耳があるタイプ(主にフルアコ/セミアコ用)と、ソープバーと呼ばれる耳がないタイプ(主にソリッドギター用)の2種類がありますが、ドッグイヤータイプはこの記事を書いている時点では、ギブソンのネットショップにもラインナップされていないのでレア度が高いかも。
あと、P-90のハムバッカーサイズとしてP-94R/Tというのもあります。

このピックアップの詳細を・・・

>>サウンドハウスでチェック!

>>アマゾンでチェック!

>>楽天でチェック!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする