リプレイスメント・ピックアップのメーカー(ディマジオ編)

セイモア・ダンカンと並ぶピックアップのリーディングカンパニー

セイモア・ダンカンと並ぶリプレイスメント・ピックアップの定番メーカーが、ディマジオです。
ディマジオ社は1975年に創立された会社ですが、創業者であるラリー・ディマジオ氏は1970年頃からNAMMショー(毎年アメリカで開催されている世界最大の楽器展示販売会)に自作のピックアップを出展していました。
そして、1972年に出展した「Super Distortion」が大ヒット。
その資金を元にディマジオ氏は会社を立ち上げ、今日ではピックアップメーカーとして最大規模の企業となっています。
今回は、そのディマジオ社の製品の中から、定番と呼ばれているものをご紹介していきましょう。

シングルコイル・ピックアップ

1.DP110 FS-1

DIMARZIO ( ディマジオ ) / DP110 WHITE

DIMARZIO ( ディマジオ ) / DP110 WHITE

ディマジオのストラト向けピックアップの定番品。
ストラトキャスターは、高音域が強いきらびやかな音が特徴のギターであり、その音の傾向はリア側のピックアップに最も強く出ます。
その音こそがストラトらしい音だという人もいますが、逆にあまりにギンギンした音に感じるために、耳障りの良くない音だという人も少なくありません。
事実、リアの音をマイルドにするために、ストラトのリア部のみハムバッカーにしたSSH配列のギターが多く販売されている事から見ても、ストラトのリアにシングルコイルが良いかどうかは、好みが分かれるところなのです。
(リアをハムバッカーにするのは、リア部は弦振動が小さく、そのままでは音が小さくなるので、フロント,センターとバランスを取る為に、出力の高いPUにするという目的もあります。)
このFS-1は、ピークが中音域にあるため、リアにこのピックアップを装着しても、程よくマイルドさを持った音になります。
ストラトのリアをもっとマイルドにしたいと思っている人には、オススメのPU。
一般的なシングルよりもパワーがあるので、HSH配列のセンターに使うのも良いですね。

このピックアップの詳細を・・・

>>サウンドハウスでチェック!

>>アマゾンでチェック!

>>楽天でチェック!


2.DP217 HS-4

DIMARZIO ( ディマジオ ) / DP217 WHITE

DIMARZIO ( ディマジオ ) / DP217 WHITE

イングヴェイ・マルムスティーンモデルとして開発されたPU。
以前はHS-4ではなくYJMという型番でしたが、イングヴェイがダンカンと契約した為にシグネチャーモデルではなくなり、HS-4に改名しています。
あのイングヴェイが使用していたPUということで、高出力か思いきや、実は出力は低めです。
音質的にはストラトというより、中域にパンチがあるP-90系。
厳密にはシングルではなくスタック構造のハムバッカーですが、下段のコイルはノイズキャンセル用ですので、一般的にはシングルに分類されます。
コイツをフロントに装着すれば、イングヴェイのあの音が蘇る!・・・はず(笑)
ちなみにイングヴェイスタイルを目指すのなら、リアはHS-3になります。

このピックアップの詳細を・・・

>>サウンドハウスでチェック!

>>アマゾンでチェック!

>>楽天でチェック!


3.DP420 Virtual Solo

DIMARZIO ( ディマジオ ) / DP420 WHITE

DIMARZIO ( ディマジオ ) / DP420 WHITE

スタックタイプのノイズレスPUで、高出力タイプになります。
リア部のパワーアップとして使われることが多く、特に歪ませたときのサウンドには定評があるPUです。

このピックアップの詳細を・・・

>>サウンドハウスでチェック!

>>アマゾンでチェック!

>>楽天でチェック!


ハムバッカー

ディマジオのハムバッカーには、各メーカーのブリッジ弦間に対応させる為に2種類のタイプ(Fスペース、スタンダード・スペース)があります。
Fスペースは、フェンダー系ブリッジやフロイドローズ・ブリッジのリア・ポジションでの弦間に合わせて、ポールピース間を10.2mmにして作られていて、スタンダード・スペースはギブソン系ブリッジでの弦間隔に合うように、ポールピース間が9.7mmで作られています。

1.DP100 Super Distortion

DIMARZIO ( ディマジオ ) / DP100 BLACK

DIMARZIO ( ディマジオ ) / DP100 BLACK

ディマジオを代表するハムバッカー。
発売から40年以上経過した今でも、ハイゲイン系ハムバッカーの定番品として君臨し続けています。
その名の通りディストーションサウンドが素晴らしく、ハイゲインのお手本とも言えますね。

このピックアップの詳細を・・・

>>サウンドハウスでチェック!

>>アマゾンでチェック!

>>楽天でチェック!


2.DP155 Tone Zone

DIMARZIO ( ディマジオ ) / DP155 F-SPACE BLACK

DIMARZIO ( ディマジオ ) / DP155 F-SPACE BLACK

Super Distortionよりも少し出力を抑えたタイプのハイゲイン系ハムバッカー。
中低域をパワーアップさせていて、重厚なサウンドが特徴。
ハードロック/ヘヴィメタル系のギタリストにとっては、一度は触れておきたいPUです。

このピックアップの詳細を・・・

>>サウンドハウスでチェック!

>>アマゾンでチェック!

>>楽天でチェック!


3.DP151 PAF Pro

DIMARZIO ( ディマジオ ) / DP151 ZEBRA

DIMARZIO ( ディマジオ ) / DP151 ZEBRA

その名の通り、PAFを目指したヴィンテージ系のサウンドが特徴のPUです。
ハムバッカーの太さを維持しながらも、ヌケの良い透明感のあるサウンドキャラクターを持っています。
音の粒がハッキリとしているので、ギターソロとの相性がよく、フロントにコイツを載せるパターンが人気。

このピックアップの詳細を・・・

>>サウンドハウスでチェック!

>>アマゾンでチェック!

>>楽天でチェック!


4.DP193 Air Norton

DIMARZIO ( ディマジオ ) / DP193 BLACK

DIMARZIO ( ディマジオ ) / DP193 BLACK

フロント使用に特化したタイプのハム。
このPUのリア用としてDP160 Nortonがあるのですが、NortonはTone Zoneよりもクランチに適したタイプで、Air NortonはそのNortonのヌケを良くしたバージョンです。
従って、リアにはNortonを持ってくるのが良いのですが、Tone Zoneとの相性もかなり良く、Air Norton+Tone Zoneは定番の組み合わせと言われています。

このピックアップの詳細を・・・

>>サウンドハウスでチェック!

>>アマゾンでチェック!

>>楽天でチェック!


シングルサイズ・ハムバッカー

1.DP182 Fast Track 2

DIMARZIO ( ディマジオ ) / DP182 BLACK

DIMARZIO ( ディマジオ ) / DP182 BLACK

ディマジオのシングルサイズ・ハムバッカーの中で最高出力クラスのPUの一つ。
ハードロック/ヘヴィメタル向けのシングルハムとして人気が高い。

このピックアップの詳細を・・・

>>サウンドハウスでチェック!

>>アマゾンでチェック!

>>楽天でチェック!


2.DP218 Super Distortion S

DIMARZIO ( ディマジオ ) / DP218 BLACK

DIMARZIO ( ディマジオ ) / DP218 BLACK

名機Super Distortionのシングル版という位置付けのシングルハムです。
Fast track 2と同等の出力で、パワフルなPU。
さすがにフルサイズハムバッカーの中でもハイゲインに位置する本家Super Distortionほどのパワフルさではないものの、しっかりとそのキャラクターを受け継いでいます。
ピークがやや高音よりにあるため、ストラトっぽい性格も持ち合わせています。

このピックアップの詳細を・・・

>>サウンドハウスでチェック!

>>アマゾンでチェック!

>>楽天でチェック!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする