おすすめのトーン用キャパシタ(コンデンサ)

それでは今回は、定番のギター用キャパシタ(コンデンサ、トーン用)をご紹介してみたいと思います。
本題に入る前に、一応基本的な事柄を書いておきますね。

ギター用のキャパシタは、主にトーンのコントロール用として使用されますが、それとは別にボリュームを絞った際の高音落ちを防ぐ目的で使われる場合もあります。
ボリュームのハイ落ち防止は、トーン用よりも小さな容量のものが使われるのですが、今回はトーン用のキャパシタに絞って書いていきたいと思いますので、その詳しい話はまた別の機会にしますね。

ピックアップの特性によって容量を変える

まず、トーン用のキャパシタは、どれだけ高音域をカットできるかが容量によって変化します。
どこで容量がわかるのかというと、キャパシタにμF(マイクロファラド)という単位が付いて書いてある数字がそれです。
0.047μFとか0.022μFと書いてあるものが多いでしょう。

容量が大きいものほどより低域の方までカットすることが出来、ストラトのようにシングルコイルのピックアップが使用してある場合は、元音に高音域の成分が多いので、しっかりカットできるように容量が大きめの0.047μF程度、レス・ポールなどハムバッカーが使用してあるギターは、元々高音域が少なめであまりカットすると音がコモり過ぎるので、小さめの0.022μF程度のものを取り付けるのが一般的です。
ヴィンテージタイプのギターだと、当時の回路を再現するために0.01μFのものが使われる場合もありますね。

もちろん、好み次第で容量を変えるものアリですが、容量が大きすぎると少しツマミを回しただけでも大きく音が変わってしまってコントロールしにくくなりますし、逆に容量が小さすぎると十分に高音をカットしきれなくなりますので、変える場合はピックアップの特性を十分に考慮しておく必要があるでしょう。

耐電圧にも注意

もう一つ、キャパシタは耐電圧にも気を配っておいた方が良いでしょう。
V(ボルト)という単位で書かれていますね。
簡単に言えば、この数字が大きいほど音量が大きくなると思ってください。
ですので、あまり耐電圧の高いものにして音がブーストされてしまうことのないよう、ピックアップの出力に合わせて耐電圧を選ぶことが必要です。
出力が低めのシングルコイルには50V~400V、高出力なハムバッカーには400V~600Vの範囲で電圧をチョイスするのが一般的です。
ヴィンテージ系のシングルだと、より出力が低いので50V~150Vとかにする場合もありますね。

さて、以上のことを踏まえたうえで、オススメのキャパシタをご紹介してみたいと思います。

管理人オススメのキャパシタ5選

1.Orange Drop

MONTREUX ( モントルー ) / Sprague Orange Drop 716P 0.047uF 400V[886]
MONTREUX ( モントルー ) / Sprague Orange Drop 716P 0.047uF 400V[886]

まずは交換用キャパシタの超定番品、オレンジドロップです。
元々オレンジドロップはアメリカのスプラグ社が、下でご紹介するBlack Beautyの後継品として発売したものですが、1986年以降はオレンジドロップの生産部門が独立して出来た会社であるSBE社が生産を行い、2013年にはそのSBE社もオレンジドロップの生産ラインをCDE社(Cornell Dubilier Electronics)に売却しています。
従って、現在新品として流通しているオレンジドロップは、ほとんどがSBE社かCDE社製のものです。
Sprague(スプラグ)という名前が付いて売られていたりしますが、あれはオレンジドロップ=スプラグ製のイメージがあまりにも強いために付けているんだそうで、現在のスプラグ社(92年にヴィシェイ社に買収されて、現在はヴィシェイ社のブランドになっています。)が生産したものではありません。
ちなみに本物のスプラグ製オレンジドロップには、キャパシタにSpragueもしくは②という印字があるようですね。
現行品は、フィルム・キャパシタなので千円もしない程度の価格で販売されています。
これを選んでおけば、まずは無難と言えるでしょう。
安価なギターだと、純正からこれに換えただけでガラッと音が変わることもあるんですよ。

Orange Dropタイプのキャパシタを・・・

>>サウンドハウスで探す

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す


2.Vitamin Q

21lqmecajll
SPRAGUE VITAMIN Q 0.022uF 200V

こちらはオイル・キャパシタの定番。
オイル・キャパシタは、音がマイルドに変化すると言われていますね。
元々はスプラグ社が、ポリブデン系オイルを使用したオイル・キャパシタをVitamin Qと名付けて販売したのが最初なのですが、今ではこのオイルの事をビタミンQオイルと言うんだそうです。
オリジナルを作った当のスプラグ社は既に生産を中止していて、現在売られている新品は、他社がビタミンQオイルを使って作ったものとなります。
とはいえ、スプラグ社製のオリジナル品もまだなんとか流通していて、少し値段は張るものの、手に入れることも十分可能です。

Vitamin Qタイプのキャパシタを・・・

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す


3.Bumble-Bee

GIBSON ( ギブソン ) / PCAP-059
GIBSON ( ギブソン ) / PCAP-059

50年代半ばから後半にかけてギブソンがトーン用キャパシタとして採用していたのが、オイルペーパーを使用したスプラグ製のBumble-Beeです。
つまりヴィンテージ・レス・ポールの再現には欠かせないキャパシタなのですが、現在オリジナル品は非常に入手困難。
特に0.022uF/400V規格のものは、一個一万円を超えるほどの高値で取引されています。
現在ではギブソンなどからレプリカ品が発売されていて、オリジナルほどの値段はしない(それでもキャパシタとしては高いですが)ので、レス・ポールの改造を考えている方にはオススメ!

Bumble-Beeタイプのキャパシタを・・・

>>サウンドハウスで探す

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す


4.Black-Beauty

MONTREUX ( モントルー ) / Montreux
MONTREUX ( モントルー ) / Montreux “Black Beauty”

こちらもBumble-Beeと同じく、オリジナルはスプラグ製のヴィンテージ系キャパシタ。
Bumble-beeの後継モデルに当たり、60年代初めごろにギブソンが採用しており、レス・ポール・カスタムのブラック・ビューティーという愛称は、塗装の色の事ではなく、このキャパシタが使用されていたことに由来すると言う説もありますね。
Bumble-Beeに次ぐレア度で、やはり0.022μF/400Vのオリジナル品は入手困難。
これもレプリカ品が他社から発売されています。

Black Beautyタイプのキャパシタを・・・

>>サウンドハウスで探す


5.Dilectron Ceramic Capacitor

51mnyfpgwgl
FLORANCE Electric ビンテージ・セラミックコンデンサー VD-CP-02 NOS Dilectron Ceramic Capacitor 0.05μf 50V

60年代から70年代前半にかけてフェンダー社が採用していたダイレクトロン社製セラミック・キャパシタで、楽器業界では通称サークルDと呼ばれています。
芯のある音になり、アンサンブルの中でも埋もれにくいという特徴があります。
オールドストラトのサウンドを目指すならコレですね。
基本的にセラミック・キャパシタは安価なのですが、ダイレクトロン製のものはヴィンテージなので、やっぱり高め。
ただ、これはまだNOS(New Old Stock、新品の古い在庫という意味です。)が多く残っているようで、ヴィンテージ・キャパシタとして考えると比較的安い値段で流通しています。
ヴィンテージ・キャパシタは、ギブソンのBumble-BeeとフェンダーのサークルDが双璧ということになりますね。

サークルDタイプのキャパシタを・・・

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す


以上、5種の定番系キャパシタを挙げてみました。
本来、キャパシタはそれほど高価なものではありませんが、上に挙げたものはちょっと値段が張るものが多くなってしまいましたね。
安価なキャパシタを色々試してみて、自分好みのものを見つけるのも面白いんじゃないかと思います。
そもそもパーツとしての品質や信頼性においては、日本製が一番良いですから、日立やパナソニックのキャパシタなんかも、結構良い音したりするんですよ~!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする