ジャズマスター/ジャガーの弦落ち対策

今回は、ジャズマスターやジャガーの弦落ちに関するお話です。
この二機種に採用されているシンクロナイズド・フローティング・トレモロは、はっきり言ってしまうと微妙な代物で、長所もあるけど短所もちょっと無視できないような仕上がりになっています。

FENDER ( フェンダー ) / American Vintage '65 Jazzmaster 3-Color Sunburst
FENDER ( フェンダー ) / American Vintage ’65 Jazzmaster 3-Color Sunburst

長所もあるけど短所も少なくないトレモロユニット

具体的に言うと、長所としてはストラトのシンクロナイズド・トレモロに比べて繊細なビブラートをかけることが可能で、アームの操作感も軽くなっている点が挙げられるでしょう。
これに対し短所は、音程の可変範囲が狭い、ブリッジが固定されていないのでアーミングでチューニングが狂いやすく、ボディに弦の振動も伝わりにくい、ブリッジに弦を押し付ける力が弱くサドルの溝も浅いので弦落ちしやすい、さらにサドルが共振して変なビビりが出てしまう上にサステインも伸びない、という事がよく言われます。
そうです、長所より欠点の方がはるかに多いのです。(苦笑)

まあ、こう書くと何だかちょっとダメな子みたいな感じになってしまいますが、実はこの微妙な代物こそがジャズマスター/ジャガーのサウンドキャラクターを作り上げている面もあって、欠点も多いけど同時にそれが魅力でもあるんですよね。
何というか、出来の悪い子ほど可愛いというか・・・(笑)

ただ、やはり弦落ちに関しては、演奏性に大きな影響がありますので、改善しておきたいところ。
そこで、今回はジャズマスター/ジャガーの弦落ち対策について、具体的な例を挙げていきたいと思います。

弦落ちの原因と対策

発売当初より弦が細くなった

弦がサドルの溝から外れてしまう原因は、大きく分けて二つあります。
まず一つ目の原因としては、オリジナルのサドルは、弦を乗せる溝がネジのように切られており、溝の深さがあまり深くない事が挙げられます。
元々、ジャズマスターやジャガーが発売されたころは、今よりも太い弦を張るのが一般的でした。
弦が太いとテンションが高くなりますので、弦落ちはしにくくなります。
つまり発売された当初は、メーカーは弦落ちするなんて思ってなかったのです。
しかし、その後になって09-42や10-46のような細い弦が主流となり、弦のテンションが低くなってしまったために弦落ちが発生しやすくなったという経緯があります。

ムスタングでは改良

ジャガーより2年遅れて1964年に発売されたムスタングはこの点が改良されており、ムスタングのサドルは一本だけの溝が深めに切られています。
実はこれがポイントで、ムスタングのサドルはジャズマスター/ジャガーにも流用可能なのです。

ALLPARTS JAPAN ( オールパーツジャパン ) / MG ADJUSTABLE SADDLE SET CR
ALLPARTS JAPAN ( オールパーツジャパン ) / MG ADJUSTABLE SADDLE SET CR

しかも特に改造なく交換可能なので、ジャズマスター/ジャガーの弦落ち対策としてはお手軽で定番となっています。(ただし、日本国内で販売されているムスタング用のパーツは、大半がミリサイズとなっていて、USA製のギターには合いませんので、注意が必要です。)
各弦ごとに弦高調整が可能なタイプがオススメです。

ムスタング用サドルを・・・

>>サウンドハウスで探す

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す

>>イシバシ楽器で探す

バズ・ストップ・バーで弦を押さえる

弦落ちのもう一つの原因として、テイルピースからブリッジまでの距離が長く、高さの差もあまりないので弦をサドルに押し付ける力が弱いことがあります。
これを改善するパーツとして、バズ・ストップ・バーというものがあります。
このパーツはテイルピースとブリッジの間に設置して、弦をボディ側に引っ張ってサドルに押し付ける力を大きくする効果があります。

MONTREUX ( モントルー ) / Buzz Stop Bar [8057]
MONTREUX ( モントルー ) / Buzz Stop Bar [8057]

ボディへの取付もトレモロユニットのビスを流用するので簡単。
これ単体でも効果がありますが、ムスタング用のサドルと併用している人が多いですね。

バズ・ストップ・バーを・・・

>>サウンドハウスで探す

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す

>>イシバシ楽器で探す

チューニングの狂いも抑えたい

上記の方法は比較的簡単に行える対策ですが、チューニングが狂いやすいという欠点は残ってしまいます。
ジャズマスター/ジャガーのチューニングの狂いというのは、ブリッジが固定されていないので、アーミングによって動いたブリッジが元の位置に戻りきらないことによって起こります。(ナット部での弦のズレも原因としてありますが、それはジャズマスター/ジャガーだけの話ではないので、ここでは考慮しないこととしますね。)

チューン・O・マチックが有効

弦落ちとチューニングの狂いを同時に解決するのにはどうしたら良いのか?
その答えの一つをカート・コバーンが示しています。
彼のフェンダー・ジャガーのブリッジは、レス・ポールなどに使用されているチューン・オー・マチックタイプ(以下TOM)に換装されていました。

FENDER ( フェンダー ) / Kurt Cobain Jaguar 3-Color Sunburst
FENDER ( フェンダー ) / Kurt Cobain Jaguar 3-Color Sunburst

なるほど、これは確かに弦落ちしないし、チューニングの狂いも少なくなります。
ジャズマスター/ジャガーのブリッジにTOMというのは、正解と言って差し支えないでしょう。

ただ、元々標準タイプのブリッジが装着されているギターの場合、取付ピッチが異なるのでTOMに換装するにはボディの加工が必要となります。
また、弦高も上がるので、ネックの角度調整も行った方が良いなど、ちょっと面倒。
しかも一度換装すると、しっくりこないからと言っても、おいそれと元に戻せません。
従って、自分で行う改造の方法としてはあまりおすすめしませんが、弦落ち対策としては有効な手段ですので、リペアショップなどでプロの人に相談してみるのも良いでしょう。

新品では、モデルによっては最初からTOMになっており、それに合わせてブリッジ~テイルピース間の距離が短くなっている(この加工を改造で行うのは難しいです。)ものがありますので、新品での購入を考えている方はこの辺りもチェックしながら選ぶと良いでしょう。

SQUIER ( スクワイヤ ) / J Mascis Jazzmaster
SQUIER ( スクワイヤ ) / J Mascis Jazzmaster

ちなみに、フェンダーやスクワイヤー製のジャズマスター/ジャガーでTOMが取り付けられているモデルの場合、Ajusto-Maticというものになっており、指板のRに合わせてサドルの高さが変えられています。(通常のTOMは全て同じ高さ)

最強のマスタリーブリッジ

さてそれでは、標準タイプのブリッジだとチューニングの狂いを解決する方法は無いのでしょうか?
いえいえ、これにもちゃんと交換用のブリッジが売られています。
マスタリーブリッジと呼ばれるものがそれで、USA規格(M1)とUSA以外の規格(M2)の両方が販売されているのがウレシイ。

MASTERY BRIDGE ( マスタリーブリッジ ) / M2
MASTERY BRIDGE ( マスタリーブリッジ ) / M2

USA製でも日本・アジア製でも特別な加工無しで換装でき、サステインの伸びも良くなるので、ジャズマスター/ジャガーの弦落ち対策としては究極の一手とも言えます。
ただ、2万円以上する価格がややネック。
これがもっと安ければ最強の弦落ち対策アイテムなんですけどね~。

マスタリーブリッジを・・・

>>サウンドハウスで探す

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す

以上がジャズマスター/ジャガーの代表的な弦落ち対策となります。
ジャズマスター/ジャガーは、元来ストラトの進化形であり、弦落ち・不安定なチューニング・サステインの短さの三点を改善すれば、非常に扱いやすい優等生なギターに大変身します。
見た目もオシャレですし、個人的にはもっと人気が出ても良い機種だと思います。

とは言うものの、ジャズマスター/ジャガーは、弦落ちするほど緩いところが独特のサウンドキャラクターを生み出している側面もあるので、弦落ち対策をするということは、多かれ少なかれサウンドの個性も変化することを意味します。
ですので、例えばフェンダーのAmerican Vintageシリーズのように、ヴィンテージであることにこだわったギターの場合は、改造などしないでそのままの状態で演奏するのが一番いいかも知れませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする