真のヴィンテージサウンドを追求する国産高級ギターブランド(ナビゲーター編:その1)

ナビゲーターはESPが展開する、いわゆるコピーモデルブランドです。
ただし、一口にコピーモデルと言っても、ナビゲーターはオリジナル品であるフェンダーやギブソンに勝るとも劣らない品質を誇り、単に人気モデルに似せて作った廉価なコピー品とは明らかに一線を画す高級ブランドなのです。

ナビゲーターは純日本国産品

ナビゲーターのブランドコンセプトは、徹底してヴィンテージ・サウンドを追求する姿勢を貫いており、全ての工程を厳しい品質管理体制を敷いている日本国内工場で行い、使用している材料もこだわり抜いた高級品。
塗装は全モデルともヴィンテージを再現するには欠かせないニトロセルロースラッカーですし、ピックアップも世界的なピックアップメーカーであるセイモアダンカン社製を採用するなど、中途半端な妥協は一切ありません。
セットネックタイプのギターに共通の仕様として、ボディとネックの接合はサステインが伸びるようにディープ・ジョイント方式が採用されており、これももちろんヴィンテージギターと同じ。(注:メーカーサイトを見る限り、N-EX-LTDのみディープジョイントの記載がありません。)
ESPグループが展開するブランドの中では、メインブランドであるESPと同格であり、その高い品質はもはやフェンダーやギブソンすらも上回っていると言われることもあるほどです。

ラインナップされているギターは、レス・ポール、SG、フライングV、エクスプローラー、ストラトキャスター、テレキャスターのコピーモデル。
ここでは、モデルごとの特徴について少し触れてみたいと思います。

ナビゲーターのギブソン系モデル

・N-LPシリーズ(レス・ポールタイプ)

N-LP-STD、N-LP-STD/P、N-LP-CTMの3モデルがレス・ポールタイプとして生産されています。
(N-LP-STDは、旧型番のN-LP-LTDと表記されている場合もありますが、現行品はN-LP-STDが正しい名称です。)

N-LP-STD

NAVIGATOR ( ナビゲーター ) / N-LP-LTD Cherry Sunburst
NAVIGATOR ( ナビゲーター ) / N-LP-LTD Cherry Sunburst

N-LP-STDは1958年~1960年の間に作られたいわゆるオリジナル・サンバーストを意識したモデルで、ボディ材としてハード・メイプル+ホンジュラス・マホガニー、ネック材にホンジュラス・マホガニー+ホンジュラス・ローズウッド指板を使用しています。
ボディトップのメイプルには、一度脱色してから再び着色しなおすという手の込んだ細工がなされており、サウンドのみならずルックス面においても非常にこだわりが感じられる逸品となっていますね。
ピックアップは、オリジナルP.A.F.を設計したセス・ラヴァー氏の手によるダンカンSH-55。

N-LP-STD/P

N-LP-STD/PはゴールドトップカラーとソープバーP-90タイプPUを採用し、レス・ポールの最初期の仕様をイメージしたモデルになっています。
使用されている木材は上のSTDと同様であり、希少な材が惜しげもなく使われています。

N-LP-CTM

NAVIGATOR ( ナビゲーター ) / N-LP-CTM Black
NAVIGATOR ( ナビゲーター ) / N-LP-CTM Black

N-LP-CTMは、名前からもわかる通りレス・ポール・カスタムをイメージしたモデル。
基本的な仕様はSTDと同様ですが、ゴルードパーツやエボニー指板が採用されているのが大きく異なる点。
コピーモデルでありながら、ブラック・ビューティーの気品は本物に引けを取りません。

実売価格は、上記の3モデルとも同じ価格帯で、税込みで45万円前後。


N-SG-LTD(SGタイプ)

SGタイプとしてラインナップされているのはN-SG-LTD。
ボディとネックに希少なホンジュラス・マホガニーを採用し、指板にはホンジュラス・ローズウッド、ピックアップにアルニコ2マグネットのAPH-1を2基搭載しています。
SGタイプのギターに共通する問題点として、ボディが軽量であるために低音不足になりやすいというのがあるのですが、ナビゲーターのSGタイプはネックグリップを太めに設定することで低音不足を解消することに成功しています。
実売価格は40万円くらい。


N-FV-LTD/NEX-LTD(フライングVタイプ/エクスプローラータイプ)

NAVIGATOR ( ナビゲーター ) / N-FV-LTD Wine Red
NAVIGATOR ( ナビゲーター ) / N-FV-LTD Wine Red

フライングVタイプとしてN-FV-LTD、エクスプローラータイプとしてN-EX-LTDがラインナップされています。
2モデルともボディシェイプ以外は基本的に共通仕様となっており、マホガニーボディ&ネックにローズウッド指板。
ピックアップはフロントにSH-1n、リアにSH-4という定番の組み合わせが採用されています。
N-EX-LTD(エクスプローラータイプ)は標準的なナット幅(43mm)ですが、N-FV-LTD(フライングVタイプ)のほうはナット幅が40mmと細くなっており、手の小さな方でも弾きやすくなっています。
実売価格は2モデルとも40万円弱くらい。


続く(その2)では、フェンダー系のモデルについて書いてみたいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする