エレキ小僧たちが憧れた往年の名ブランド(モズライト編:その2)

2016年現在で3つの工房で生産されているモズライトですが、実は3者とも製品ラインナップに大きな違いはありません。
まあ一言で言ってしまうと、ベンチャーズモデルを3者とも生産しているのです。
現在生産されているベンチャーズモデルには大まかに分けて63年モデル、64年前期モデル(タイプI)、64年後期モデル(タイプII)、65年モデルの四つがあって、モズライトUSと黒雲製作所は63年と65年モデルのみを、フィルモアは4モデルとも生産しています。


まず、各モデルに共通している特徴については、以下のようになっています。

ベンチャーズモデルの特徴

・独特のデザイン


ボディシェイプはダブルカッタウェイですが、ストラトのような一般的なダブルカッタウェイタイプのギターと異なり、一弦側のホーンの張り出しが大きくなっています。
また、ヘッドの先端は「M」の文字をかたどった形状になっています。
フロントピックアップが斜めに配置されているのも、外観上の大きな特徴ですね。

・高出力なシングルコイルPU

モズライトに採用されているシングルコイルPUはかなり高出力のものとなっていて、甘く太いサウンドが特徴。
ベンチャーズサウンドの象徴ともなっていますね。

・ビブラミュート+ローラーナット

トレモロユニットにはビブラミュートという、ビグスビーに似たタイプのものが採用されています。
このトレモロユニットはアーミングしても和音が崩れにくい特徴があり、ローラーナットとの組み合わせでチューニングの狂いも抑えられる構造となっています。

・細いネック

モズライトのナット幅は39mmとなっていて、レス・ポール(43~46mm)やストラトキャスター(42~43mm)に比べてかなり細くなっています。
レス・ポールのネックが幅広くて弾きにくいと感じている方は、モズライトの細いネックが合うかも知れませんね。

・ゼロフレット

ナットのすぐ横にフレットが配置されていて、これをゼロフレットと呼びます。
ゼロフレットがないギターの場合、開放弦の音がフレットを押さえた場合の音に比べて「ボーン」という感じに響くのですが、ゼロフレットを配置することによって開放弦の音とフレットを押さえた音との差異がなくなります。
ゼロフレット部分の滑りが悪くなるとチューニングが狂いやすくなるので、潤滑剤を使ったメンテナンスが重要。


ここからは各モデルの特徴を簡単に挙げておきますね。

モデル別の特徴

・63年モデル


セットネック仕様でボディにバインディング装飾が施され、アウトプットジャックがレス・ポールのようにボディ側面に配置されています。
ベンチャーズモデルとしては最も高級な仕様と言われるのが、この63年モデル。

・64年前期モデル(タイプI)

ボルトオンネック仕様でボディにバインディング装飾が施されています。
アウトプットジャックがジャズマスター/ジャガーのようにピックガード上に配置されているのが、63年モデルとの大きな違いです。
ボルトオン部分にカバーが付けられているのも、64年モデルの特徴。

・64年後期モデル(タイプII)

基本仕様は前期モデルと同じですが、バインディング装飾が省略されています。

・65年モデル


65年モデルはいくつかの仕様が存在するのですが、現在生産されているモデルは基本的に64年後期モデルと概ね同じ仕様です。
ボルトオン部のカバーが省略されている点が、見た目で判別出来る差異になります。


そして、ここからは各社の特徴。

工房別の特徴

・モズライトUS

通称、真正モズライト。
63年モデルと65年モデルがレギュラー品としてラインナップされています。
価格設定が40万円から80万円と高価なのと、販売店が少ない(2016年時点で7店舗)点が入手のハードルを高くしています。
特に販売店は指定制で、東京・千葉・大阪・熊本に各1店舗ずつ、京都に3店舗しかなく、その他の楽器店には置いてありません。
ですので、東北・北海道や沖縄の方はちょっと大変かもですね。

・フィルモア

フィルモア製モズライトは、セミー・モズレー氏の娘であるダイナ・モズレー氏が設計したと言われているピックアップに定評があります。
2016年現在では、63年モデルと65年モデルのほか、3者の中で唯一64年モデルもレギュラーで生産しています。
現在、フィルモアのホームページ上ではUSA製のみがラインナップされていますが、未確認ながらショップでは日本でのOEM生産品も販売されているようです。
ただ、USA製は価格設定が高く、60万円から90万円と真正以上。
また、真正同様に販売店舗数が少なく、確認出来た範囲では公認ショップは東京のフィルモア社自身と、岡山に一つあるだけのようで、地方の方は入手にかなりの手間がかかりそうです。
販売店は真正のように指定制ではないようですが、一般の楽器店では新品を置いてある店は現状ではあまりなく、取り寄せが可能かどうかも店によって異なるでしょうから、購入を希望される方は一度お店に問い合わせた方が良いように思われます。

・黒雲製作所

黒雲製モズライトは、価格が20万円弱から35万円前後と3者の中では最もリーズナブルな設定になっています。
実売価格20万円弱のSuper Excellent’65、25万円前後のSuper Custom’65、30万円前後のSuper Custom’63、35万円前後のROYAL’63という四本柱の構成。
ギターの作りは国産品らしい丁寧な作りで評価が高く、金属パーツにGOTOH製が採用されるなど安定感の高い品質になっています。
販売力に関しても3者の中では最も高く、楽器販売大手の島村楽器で購入できるなど全国各地で入手することが出来る上、ネット通販でも購入可能となっています。


お家騒動が泥沼化してしまったモズライト。
一番の問題は3者ともベンチャーズモデルに固執するあまり、未来志向のビジネスモデルを構築できていない点かも知れません。
現状ではモズライトというブランドは、1960年代のエレキブームを知るシニア世代以外の需要が低く、そのシニア世代がさらに高齢化してギターを弾かなくなれば、いずれ消滅してしまう可能性が高いのです。
ユーザー側の視点から見れば、3者それぞれの強みを結集すれば、まだまだ若い世代にも受け入れられるギターを作ることは出来るはずなんですけどね~。
難しい事かも知れませんが、何とか明るい未来志向の関係になる事を願うばかりです。

モズライト・ベンチャーズモデルを・・・

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す

>>イシバシ楽器で探す

スポンサーリンク

シェアする

フォローする