大手ギターブランドが力を入れる廉価グレード

大手と言われるギターブランドはフェンダーやギブソンを筆頭に、PRSやアイバニーズ、ESPなどがありますが、そのメーカーを代表するモデルというのはどこも20万円以上しますよね。
大手のブランドですから、それなりに高いグレードのものを前面に押し出して、ブランドイメージを高めようとするのは当然のこと言えるでしょう。
しかし、それと同時にどのブランドも15万円以下の値段で買える廉価グレードにも力を入れています。
今回は、大手ブランドが展開する廉価グレード品について考えてみたいと思います。

廉価ブランドはマイナスイメージにつながる?

廉価グレードのギターというのは、基本的にプロのギタリストは(少なくともステージ上などの目立つ場所では)特に契約でもない限り使用することはあまりありません。
まあ、これには色々と複雑な事情があったりするのですが、普通に見ればプロだから良いものを使っているんだなと思うはずです。
逆に言えばプロが使わない=良い品物ではないというイメージにつながることになり、高級品を作っている大手ブランドが廉価グレード品を手掛けるのは、ブランドイメージを損ないこそすれプラスになることなど何もない、という風に考えても何ら不思議ではありません。
ですが、実際には各社とも、廉価グレード品に相当な力を入れていることがうかがえます。
これは一体どういうことなのでしょうか?

大手ほど高級路線はリスキー

実はギターの生産を高級路線に絞るというのは、ギターブランドにとってもユーザーにとってもリスクのある話なのです。
ブランド側からすると、価格がウン十万円もすると、さすがにどんどん作ってどんどん売る、という事にはなりません。
商品一つ一つの利益は大きくても、数はそれほど安定して売れないのです。
売れる数が安定しないということは、業績が安定しないことになるので、株価とかにも影響が出てしまいます。
その結果、資金繰りが安定せずに、企業が成長していかないのです。

また、ユーザー側に視点を移してみると、まず販売店のほうも高いギターを沢山在庫として抱えるのは避けたいでしょうから、発注数も出来るだけ必要最低限に抑えたいでしょう。
そうなると、ユーザーとしてはそのブランドのギターを購入したいと思って楽器店に行っても、在庫切れでギターが置いてない、もしくはあっても1~2本くらいしか置いてないので選択肢の幅がない、という事が頻繁に起こることになります。
在庫がないから注文して取り寄せるとなると、納品されるまで時間がかかりますし、試奏で確認していないので実際に弾いてみたら思っていたものと違う、という事にもなりかねません。(一応、ブランドや楽器店によっては試奏用のギターを取り寄せる(気に入ったらそのギターを買う。気に入らなければ返却可)ことが出来る場合もありますが、そうでなければ原則として注文したものは購入しなければいけません。)

つまり、ブランドにとっては安定して売れる価格帯でシェアを獲得することが必要ですし、ユーザーとしては好きなブランドが手に入れやすい価格で品揃えも豊富であって欲しいという、ある意味の当然の結果に行きつくことになります。

ブランドイメージの維持と業績の安定を両立できる価格帯

それではエレキギターでブランドのイメージを保ちながら、それなりに数が売れて尚且つ利益もちゃんと出る価格帯というのは、一体いくらくらいなのでしょうか?

2万円以下

基本的に大手ブランドはあまり参入しない価格帯。
例外的にアイバニーズのGIO Ibanezシリーズの一部が、安ければ2万円弱くらいである程度でしょうか。

IBANEZ ( アイバニーズ ) / GRX40 Metallic Light Blue
IBANEZ ( アイバニーズ ) / GRX40 Metallic Light Blue

数は売れるでしょうけど、原価が安すぎて品質が維持できない恐れがあるので、イメージの悪化を考えると大手にはリスキーすぎる価格帯でしょう。

2万円~6万円

大手が参入してくる最初の価格帯が、この2万円くらいから6万円くらいまでの価格帯。
この価格帯は、フェンダー傘下のスクワイヤー、ギブソン傘下のエピフォン、ESP傘下のグラスルーツ、アイバニーズのGIO Ibanezシリーズ及びStandardシリーズがそれに該当します。

SQUIER ( スクワイヤ ) / Deluxe Stratcaster Pearl White Metallic
SQUIER ( スクワイヤ ) / Deluxe Stratcaster Pearl White Metallic

PRSはこの価格帯には参戦していませんね。
恐らく数としてはこの価格帯が最も売れるはずです。(数千円クラスの格安ギターは別として)
しかし、廉価品は安物のイメージがどうしてもついてしまうため、元々のブランドイメージを損なってしまう可能性があります。
フェンダーやギブソンがブランド名を変えているのは、その辺りが理由でしょうね。
また、数が売れて売上自体は安定しますが、廉価なので利幅は大きくないということも言えるでしょう。
A,B,Cで判定するならば、販売数:A 利益率:B~C イメージ:Cといったところでしょうか。

6万円~15万円

この価格帯は、主にフェンダーのメキシコ工場製品とジャパン・エクスクルーシヴシリーズ、ギブソンはSGやレス・ポールの下位グレード品、ESPはエドワーズとLTD、アイバニーズはIRON LABEL及びPREMIUMシリーズ、PRSはS2及びSEシリーズが該当します。

IBANEZ ( アイバニーズ ) / RGDIX6MPB-SBB
IBANEZ ( アイバニーズ ) / RGDIX6MPB-SBB

ギブソンがちょっと微妙な以外は、各社とも本気で力を入れている価格帯ですね。
それなりに数も売れますし、ブランドイメージも損なわれない、最もバランスが良い価格帯と言えるでしょう。
もう少し細かく分けると、10万円以下は初~中級者を意識した構成で、10万以上は中級者以上を想定したものになっていると思われます。
販売数:B 利益率:B イメージ:B。

15万円~20万円

この価格帯になるともはや廉価グレードとは言えなくなります。
フェンダーはメキシコ工場品の上位グレードやAmerican Professionalシリーズ、ギブソンはレス・ポール・スタンダード系の下位グレードかスタジオの上位品、ESPは該当グレードなし、アイバニーズはPrestigeシリーズ、PRSは該当グレードなしという状況。

FENDER ( フェンダー ) / American Professional Stratocaster RW Sienna Sunburst
FENDER ( フェンダー ) / American Professional Stratocaster RW Sienna Sunburst

イメージや利益率に関しては問題ないでしょうけど、販売数が少なくなってくるのはここからでしょう。
それなりに値段が高いので、性能面でも充実していますね。
販売数:B~C 利益率:A~B イメージ:A~Bくらいかな。

まとめ

以上のように、大手ブランドが最もしのぎを削っているのは、10万円を中心とした価格帯ということになりますね。
ユーザーからすれば、競争が激しい分だけコストパフォーマンスの高い製品が手に入れられる価格帯であり、一番おいしいと言えるかもしれません。
また、4,5万円を中心とした価格帯もアツイ!
特に5万円前後のものは、上手に選べば価格以上の価値があるものが多くなっていますよ!

2万円~6万円のギターを・・・

>>サウンドハウスで探す

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す

>>イシバシ楽器で探す

6万円~15万円のギターを・・・

>>サウンドハウスで探す

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す

>>イシバシ楽器で探す

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする