ぶっちゃけ、格安ギターって使えるの?

最近のエレキギターは、やたらと低価格なものが売ってますよね。
私の学生時代は、いくら安くても4,5万円くらいはしたように思いますが、今じゃ1万円を切ってるものも珍しくありません。

当然、安いギターは初心者をターゲットにして販売されているのですが、では実際に格安ギターで初心者は上達することが出来るのでしょうか。
今回は、これをテーマにしつつ、代表的な格安ギターブランドをご紹介してみたいと思います。

格安でギターを作れる理由

人件費を抑える

まず、格安なギターは、どうして安いのか?高価なギターと何が違うのか?ということを考えてみましょう。
ギターの値段を抑える最初の手段としては、人件費を抑えることです。
人件費が高いアメリカで全ての生産工程を行う完全USA製ギターですと、まずどう頑張っても日本では10万円以下では販売できません。
そこで、人件費が安い中国や韓国などで生産することで、コストを抑えるという方策が採られます。
最近では、中国の人件費が上昇し始めていますので、インドネシアなどの東南アジアにシフトするメーカーもありますね。
もちろん、工程面においても機械で出来る分は全て機械化し、できるだけ人の手間がかからないようにもしているでしょう。

材料も安いものを使う

その次には、材料のコストダウンに力を入れることになります。
楽器としての鳴りを無視している訳ではありませんが、やはり質よりもコスト面を重視して安い木材を使用するでしょうし、電装部品についても極力安いもの使います。

楽器としてちゃんと使えるの?

こうして格安ギターが出来る上がる訳ですが、肝心の楽器としての実力はというと、私は上手く使えばちゃんと使えるものだと思っています。
以前は、木工技術が稚拙なために、粗い作りのものが多かったようですが、最近では機械の精度が向上したことに加えて、木工技術自体も大分向上していますので、一定のレベルはクリアしているものと思っていいでしょう。

ただし、材料の質と言う点では、どうしてもイマイチと言わざるを得ないと思います。
ブリッジやペグなどの部品は、そこそこのレベルにまで改善されてきていますが、電装関係はまだちょっと物足りない気がするし、木材の鳴りなどはどうしてもそれなりになります。
金属部品や電装部品は交換することが出来ますので、それほど気にしなくても良いかも知れませんが、木材に関してはそれも難しい。
従って、上達すればするほど格安ギターでは不満が出てくるかもしれません。
とはいえ、今回は初心者が上達できるかということがテーマですので、上達してからのことはとりあえず置いておきますね。

セッティングはきっちりしておきたい

それよりも、格安ギターで一番問題になるのは、セッティング状態じゃないかと思います。
初心者の方は、ギターのセッティングなんてどうしていいか分からないでしょうけど、実は安ギターほどセッティングがしっかりされていないことが多いのです。
まあ、工場でのセッティング作業を簡略化することもコストダウンの一つですので、致し方ない面もあるんですけどね。

弦高調整やオクターブチューニングはもちろんのこと、下手をすれば新品からネックが反っている事だって有り得ます。
なので、初心者の方が格安ギターを購入する場合は、ギターのセッティングをしっかりとやってくれるお店で買うことがポイントになると思います。
通販でも、自社で検品してから出荷するところであれば、問題はないでしょう。
身近にギターが上手な人がいれば、その人に相談してみるのも良い手でしょうね。

以上の事から、格安ギターはセッティングにさえ気を付ければ、基本的には使えると言えるでしょう。
サウンド面については力不足は否めませんが、初心者の方のスキル向上という目的であればそれほど問題ではないはずです。
また、中~上級者の方であれば、改造前提で購入するのもアリだと思いますよ。

代表的な格安ギターのブランドしては以下のものがあります。

代表的な格安ギターブランド

・フォトジェニック(PhotoGenic)

71NK7PlXNxL._SL1500_
PhotoGenic フォトジェニック エレキギター ストラトキャスタータイプ ST-180/BLS ブルーサンバースト ローズウッド指板
キョーリツコーポレーションが展開する格安ギターブランド。
以前はパーツの強度不足が指摘されていましたが、最近は改善されてきているようです。
1万円~2万円台のものが主流。

フォトジェニックのギターを・・・

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す


・プレイテック(PLAYTECH)

PLAYTECH ( プレイテック ) / ST250II Sunburst Maple
PLAYTECH ( プレイテック ) / ST250II Sunburst Maple
通販大手のサウドハウスが展開する超格安ブランド。
1万円未満のモデルも多数そろえており、一体どうやってこの価格を実現しているのか不思議に思うくらいですね。
通販と言っても大手さんですので、アフターサービスの体制もきちんと整っています。

プレイテックのギターを・・・

>>サウンドハウスで探す


・レジェンド/ブリッツ(Legend/Blitz)

LEGEND ( レジェンド ) / LST-Z Blue Black Sunburst
LEGEND ( レジェンド ) / LST-Z Blue Black Sunburst
Ariaの廉価ブランドであるレジェンドとブリッツ。
レジェンドはフェンダー系のコピーモデルを、ブリッツはギブソン系のコピーモデルを販売しています。
歴史あるAriaが所有するブランドですので、品質面でも高い安定性を誇ります。

レジェンド/ブリッツのギターを・・・

>>サウンドハウスで探す

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す


他にも楽器店のオリジナルブランドとして、BUSKER’S(バスカーズ、島村楽器)やSELDER/MAISON(セルダー/メイソン、サクラ楽器)なども人気がありますね。

格安ギターは、ちゃんとセッティングしてあれば、初心者の方のギター上達目的には十分に役に立つものだと思います。
プロやセミプロレベルで本格的にバンド活動する人は、さすがにこのクラスのギターをライブで使ったりすることはないと思いますが、そんな上手な人だって初心者の時は安いギターを使ってたという人もかなり多いんじゃないでしょうか。
格安ギターだからと言っても、最近は競争が激しくなってきており、安かろう悪かろうでは生き残れないのです。
格安ギター、決して侮れませんよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする