エレキギターメーカー(ブランド)のよもやま話(ギブソン編:その2)

不遇のノーリン時代

1960年代後半のレス・ポール復活でエレキギターでのシェアを回復させるかに見えたギブソンでしたが、結局波にのれず1969年にECLという南米のビールやセメントなどを取り扱っていた企業に売却されます。
このECLは質より量路線をギブソンに求めたため、70年代から80年代にかけては、フェンダーと同様に徐々に売り上げを落としていきました。
ECLは後に社名をノーリンと改めたため、このころのことを俗にノーリン時代と言います。
ギブソンのノーリン時代はフェンダーのCBS時代と同じく、暗黒時代と言われることが多いようですね。

木材の枯渇に苦しむ

また、それに加えて木材の枯渇が発生し、苦境のギブソンをさらに窮地に追い込みます。
当時既にマホガニー、ローズウッドなどの楽器向け木材は良質のものが枯渇してしまっており、50年代のような品質のものは作れなくなっていたのです。
フェンダーはボディ材に入手しやすいアルダー材やアッシュ材を使用していたので、影響は最小限でしたが、ギブソンは影響をまともにくらったのです。

ノーリンからの脱却

又、主力製品であったレス・ポールは、そのパワフルさのおかげで主にハードロック系の人たちに人気があったのですが、70年代後半くらいからはヘヴィメタル勢が台頭し始め、彼らはトレモロアームを装備したストラトタイプのギターを好む傾向へと変化していきました。
音楽シーンも多様化し、パワフルさが前面に出てしまうレス・ポールよりも、オールラウンダーなストラトタイプの方に人気が集まったのです。(ストラト本家のフェンダーはシェアを落としていましたが・・・)
さらにそこへ、米国経済の低迷や日本製の安価なコピーモデルの登場などの逆風が吹き、ギブソンの経営は非常に厳しい状況に立たされることになったのです。
しかし、1986年にヘンリー・ジャスコヴィッツを中心とした共同経営グループに買収されたことで、堅調な会社運営となって徐々に業績を回復させ、90年代には再びフェンダーと肩を並べる巨大企業へと復活を遂げます。

61yYsFX9R+L._SL1500_
Gibson ギブソン エレキギター Flying V Japan Limited 2015 Ebony

慢性的な木材不足

ただ、近年になっても木材の調達には苦労し続けているようで、絶滅危惧種の木材を違法に輸入したとして当局の指摘を受け、木材を差し押さえられたリ罰金を支払ったりするような事態にもなっています。
レス・ポールのボディ材であるマホガニーは、段々と重いものしか手に入らなくなったために、2008年モデルからは大幅に内部をくり抜いたチェンバード構造になり、さらに2012年モデルからは不評のチェンバード構造を見直してモダン・ウェイト・リリーフと呼ばれるものに変更しています。
又、ローズウッド指板も一時期入手しにくくなっていたようで、メイプルの表面を焼いて色を付けたベイクド・メイプル指板を採用するなど、かなり苦慮していることを思わせる跡が見受けられます。
2015年モデルからはオートチューニング機能を持つG FORCEを搭載するなどの工夫も見受けられますが、今のところあまり良い評判は聞こえてきません。
ここ最近は、どっしり構えてるフェンダーに対し、懸命にもがいてるギブソンというイメージになっていますね。

日本法人の設立

2006年からは日本の輸入総代理店であった山野楽器との契約を打ち切り、自社の日本法人を立ち上げていますが、コピーモデルを販売している楽器店には、製品を卸さない方針を打ち出すなどしており、ちょっと消費者側からすると不満を感じるような施策もあるようです。

昔からギブソンはユーザーの声に対して鈍感なところがあり、1968年にレス・ポール・スタンダードを復活させた際にも、サンバーストカラー&ハムバッカーを望む声が多かったのに、蓋を開けてみるとゴールドトップにシングルコイルピックアップでユーザーを落胆させたこともありました。
これにはギブソンなりの理由があったのですが(詳しくは「エレキギターの基礎知識(レス・ポール編:その4)」を見て下さいね。)、ユーザーとメーカーの思惑がずれるところは、いかにも職人気質と言われるギブソンらしいエピソードですね。
今はちょっと迷走している感のあるギブソンですが、より良いギターを作る会社として、発展し続けていって欲しいですね!

ギブソンの公式サイトにアクセスできない場合

2017年2月ごろから、ギブソンの米国公式サイトにアクセスできないケースがあるようです。
というか私は2017年7月現在でもアクセス出来ません。(笑)
キャッシュの削除とかファイヤーウォールやセキュリティソフトの設定など、一般的に言われている解決法は一通り試しましたが、アクセス出来ませんでした。
エラーメッセージの中に443という番号が入るので、ポート443(HTTPS)絡みのエラーだとは思うのですが、とにかくPCをどういじってもアクセスできませんでした。
さらには、職場のPC、自宅のPC、スマホのすべてでアクセスできませんので、こちらのPCの設定上の問題ではないように思われました。
しかし、接続先に障害があるかどうかを確認できるサイトからチェックしてみると、「障害なし」と表示されるので、相手側に問題があるようにも見えない。
色々調べてみると、私と同様のケースが散見されているようであり、こういったアクセス障害があることはどうやらギブソン側でも把握しているようです。
もし、私と同様の状況にある方は、一度http://23.21.158.208にアクセスしてみて下さい。
一応私はこれで解決しました。
あ、ちなみにギブソンの日本語サイトは2017年時点では閉鎖されていますので、もし日本語のサイトを見たい方はブラウザの翻訳機能(あまり正確ではありませんが・・・)を使うか、楽器のスペック等が分かればいいだけであるなら、大手楽器店のギブソン特集ページや当サイトを参考にしていただければ良いかなと思います。
それにしても、なんで繋がらないんだろう・・・わかる方教えて!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする