エレキギターメーカー(ブランド)のよもやま話(フェンダー編:その2)

フェンダー・ジャパン設立

CBS社に買収されて路線変更を行ったことで、評価を大きく落としたフェンダーですが、このCBS時代には復活の種もまかれていました。
それは、フェンダー・ジャパンの設立です。

フェンダーのブランド力と日本の技術力の融合

フェンダー・ジャパン社が設立されたのは1982年のことですが、当時のフェンダーはまさに暗黒時代とも言える状況で、日本製の廉価なコピーモデルに価格でも品質でも劣っていると言う状況でした。
その時にコピーモデルを作っていたのは、主にトーカイやアイバニーズ、グレコなどの国内ブランドだったのですが、これらのブランドはフェンダーだけでなくギブソンのコピーモデルについても高い評価を獲得していました。
もちろんこれは、本家本元であるフェンダーやギブソンにとっては、面白くない話です。
結果、業を煮やした二社が訴訟に至り、これがきっかけで日本国内のギターメーカーもモラルを問われる状況が生まれまることになります。

ここで、フェンダーはあることに気付くのです。
ネームバリューはあるけど品質低下に苦しむフェンダーと、品質は高いけど偽物と言われる日本製ギター。
互いに足りないものを持っている、という事に。
普通なら自社のコピー製品を作っていた会社と協力関係になることなど有り得ないのですが、フェンダーは元々ギターの常識を打ち破るような革新的な製品を生み出してきた企業で、非常に合理的な考え方をする社風がありました。
その革新的かつ合理的なスピリットは、CBS傘下の暗黒時代にあっても消えることなく生き残っていたのです。
こうしてフェンダーは、アイバニーズやグレコのギターの製造を行っていた富士弦楽器製造(現:フジゲン)、グレコブランドを所有する神田商会、楽器流通大手の山野楽器と共にフェンダー・ジャパンを設立するのです。
コピーモデルが本家のOKをもらって、コピーでなくなったんですね。

FENDER ( フェンダー ) / American Standard Stratocaster Olympic White
FENDER ( フェンダー ) / American Standard Stratocaster Olympic White

一時は米国工場が無くなる

その後、1985年にCBSはフェンダーの経営から撤退。
呪縛から解き放たれた当時のフェンダー関係者は、「よし、これでまた元通りになる!」と思ったはずです。
しかし、そうは簡単に話は進みませんでした。
なんと、CBSは経営権を売却したのに、肝心の工場は一緒に売却しなかったのです。
つまり、何にも作れない。
「オメーら日本の会社にギター作らせてんだから、工場なんて持つ必要ねーだろぉ!」と言われたかどうかは知りませんが、とにかくどうにかしてアメリカに工場を立ち上げないといけません。
この状況で白羽の矢が立ったのが、フェンダー・ジャパンを共同運営するフジゲンでした。
フジゲンの技術支援のもとフェンダー社は現在の主力工場であるコロナ工場を設立し、さらにフジゲンと共同出資して1987年にフェンダー・メキシコを立ち上げます。
又、同年にはカスタムオーダーを受注し製作する部署である、フェンダー・カスタムショップの前身部署も設立されています。
フェンダーの復活には、当時好景気に沸いていた日本企業の力があったんですね。

バブル崩壊による再編

順調な経営になるかと思われたフェンダー・グループですが、今度は日本にバブル崩壊が起こります。
バブルの崩壊によって経営が苦しくなったフジゲンは、1997年にフェンダー・ジャパンとフェンダー・メキシコの株式をフェンダーに売却することで、危機の脱出を図りました。
これにより、フェンダー・メキシコは、フェンダーの完全子会社となります。
さらに、フェンダー・ジャパンはスクワイヤーと統合され、会社としては消滅。
ただし、神田商会がフェンダーとコピーライセンス契約を行った為、1997年以降は神田商会のプライベート・ブランドとしてフェンダー・ジャパンは存続します。
この神田商会傘下のフェンダー・ジャパンの製造を、フジゲンに代わって行った会社の一つにトーカイがありました。
トーカイは、コピーモデルの生産に関するフェンダーの訴訟相手であり、それが原因で1984年に一度倒産しているのですが、時を経てフェンダー・ジャパンのギターを作るなんて、なんだか皮肉なものを感じますね。
そしてそのトーカイの下請けとして生産に関わっていたのが、現在もスクワイヤーの一部やジャパン・エクスクルーシヴ・シリーズの生産を担当するダイナ楽器でした。

フェンダー・ジャパンの消滅

そして2015年3月、フェンダーはそれまで日本の輸入総代理店であった山野楽器との契約を打ち切り、4月から自ら立ち上げたフェンダーミュージック株式会社を日本国内の流通窓口としました。
それと同時に神田商会とのコピーライセンス契約も終了させたため、フェンダー・ジャパン・ブランドが消滅することになり、その後をフェンダーのジャパン・エクスクルーシヴ・シリーズが受け継ぎ、さらにそれがMADE IN JAPANシリーズへ進化する形となっています。

さかのぼって2006年にはギブソンが先に日本法人を設立し、山野楽器との代理店契約を解消している経緯があるのですが、これによりギブソンはコピーモデルを販売している楽器店には自社の製品を卸さないという方針を打ち出しました。
また、ある程度まとまった量でしか注文を受けないため、小さな楽器店ではギブソンの製品を仕入れることができないという状況も発生しています。
この結果、ギブソンの製品を取り扱わなくなった楽器店が増え、(状況は少しずつ改善しているようですが、)消費者にとってはあまり有り難くない事態となっています。
フェンダーの場合は、ギブソンほどは規制していないようですが、やはり比較的大きな楽器店でないと手に入らないようですね。

以上、フェンダー社の歴史を二回に渡ってざっとご紹介しました。
世界的なギターブランドであるフェンダーは、日本との関係が深い会社なんですね。
近年日本企業との結びつきが薄れつつあるのは残念なところかも知れませんが、今後も良いギターを作り続けていって欲しいですね!

フェンダーのギターを・・・

>>サウンドハウスで探す

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする