日本のギターブランドだって負けてないぞ!(イー・エス・ピー(ESP)編:その2)

ESPのブランド構成

ESPは、メインブランドの”ESP”以外にもいくつかブランドを展開していて、以下のような構成になっています。

・Navigator(ナビゲーター)

基本的にフェンダーやギブソンのコピーモデルを販売しているブランド。
コピーでありながら、かなり高級な部材を使用しているらしく、本家のレギュラーラインより高価だったりします。
ブランドの格としては、ESPと同等と思われます。

Navigatorブランドのギターを・・・

>>サウンドハウスで探す

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す


・LTD

ヘヴィメタル向けの、アグレッシブなルックスのギターを展開するブランドです。
海外アーティストのシグネチャーモデルも、ラインナップされています。
値段的には安めで、10万円弱くらいから販売されているようです。

LTDブランドのギターを・・・

>>サウンドハウスで探す

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す


・E-II

E-IIシリーズは2014年からスタートした新しいブランドです。
ESP USAが企画・開発を担当し、日本で生産を行うという形で、本家ESPの廉価グレードとブランドオリジナル品の両パターンがラインナップされています。
実売価格は、20万円前後が中心。

E-IIブランドのギターを・・・

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す


・EDWARDS(エドワーズ)

ESPの普及帯ブランド。
本家ESPの廉価品に加えて、コピーモデルも多くラインナップされています。
木工は海外で行い、日本の工場で組み上げていると言われています。
10万円前後の価格帯のものが中心。

EDWARDSブランドのギターを・・・

>>サウンドハウスで探す

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す


・Grass Roots(グラスルーツ)

いわゆる安ギターブランド。
海外で生産されていると思われます。
5万円以下の製品がほとんどです。

Grass Rootsブランドのギターを・・・

>>サウンドハウスで探す

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す


ESPの主なラインナップ

そして、ESPの主な製品ラインナップは、以下のようになっています。

・HORIZONシリーズ

ESP ( イーエスピー ) / HORIZON-III Black
ESP ( イーエスピー ) / HORIZON-III Black

ESPのフラッグシップモデルで、HORIZON-I,II,IIIとCTMという四機種で構成されています。
オリジナルの仕様は、まずHORIZON-Iがハードロックメイプルの3ピース材を使用したスルーネック構造に、ボディウイングにアルダー材、ブリッジがフロイド・ローズで、ピックアップにはセイモアダンカン製SHR-1nとTB-6を採用しています。
HORIZON-IIは、スルーネック構造はIと同じですが、ウイング材はホンジュラス・マホガニーを使用し、ブリッジ部分はトレモロアームの無いチューン・O・マチックタイプ、ピックアップはセイモアダンカンのSH-1n及びSH-14となっています。
HORIZON-IIIは、ネック材やボディ材はIと同じで、ボディ形状が左右非対称になっています。ブリッジにはフロイド・ローズを搭載し、ピックアップがセイモアダンカンのSH-2 JAZZとTB-4 JBという組み合わせ。
そして最上位機種であるHORIZON-CTMは、スルーネック構造ではなくセットネック構造となっていて、ボディには高級なフィギュアド・メイプルをトップに、バックにホンジュラス・マホガニーを使用しています。ブリッジはフロイド・ローズとアームレスのチューン・O・マチックタイプの二種類があり、セイモアダンカン製のピックアップもアーム有りがSH-2nとTB-14、無しがSH-2nとSH-16と、細部が若干異なる仕様になっています。

HORIZONシリーズのギターを・・・

>>サウンドハウスで探す

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す


・SNAPPER/THROBBERシリーズ

ESP ( イーエスピー ) / SNAPPER-AS Burner
ESP ( イーエスピー ) / SNAPPER-AS Burner

ESP ( イーエスピー ) / THROBBER OLIVE Maple
ESP ( イーエスピー ) / THROBBER OLIVE Maple

SNAPPERはストラトキャスター、THROBBERはテレキャスターライクな外見を持つギターです。
どのモデルも目を引く美しい杢目が特徴的で、本家以上の高級感を醸し出していますね。

SNAPPERシリーズのギターを・・・

>>サウンドハウスで探す

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す

THROBBERシリーズのギターを・・・

>>サウンドハウスで探す

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す


・FOREST/ANTELOPE/FRXシリーズ

EDWARDS ( エドワーズ ) / E-FR-145GT See Thru Red
EDWARDS ( エドワーズ ) / E-FR-145GT See Thru Red

やたらとトゲトゲしたボディ形状で、目立つこと間違いなし!
元々FORESTはベースで有名になったのですが、これはそのギターバージョンです。
スルーネック構造のFOREST-GT、セットネック構造のANTELOPE、ANTELOPEをさらに先鋭化させたルックスのFRXがラインナップされています。

FORESTシリーズのギターを・・・

>>サウンドハウスで探す

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す

ANTELOPEシリーズのギターを・・・

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す

FRXシリーズのギターを・・・

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す


ESPは、高級な素材を高度な技術で加工したハイエンドなギターというのが、ブランドのイメージですね。
シグネチャーモデルも数多くラインナップされていて、イメージ戦略も上手ですし、廉価ブランドの充実を図るなど、初心者にも優しい。
品質面でも価格面でも、努力していることが感じられます。
しかし、高級かつ新鮮味のある製品を作っているのに、なぜか重厚感には欠ける気がするのは私だけでしょうか。
まあ、新鮮味と重厚感は表裏一体ですし、逆に言えばフェンダーやギブソンのギターにフレッシュなイメージがないとも言えるんですけどね・・・。
でも、やっぱり日本のギターブランドとして、今後も良い製品を生み出し続けてもらって、二大巨頭を焦らせるようなブランドになっていって欲しいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする