廉価ギターブランドのススメ(エピフォン編)

スクワイアがフェンダー傘下の廉価ブランドであるのに対し、エピフォンはギブソン傘下の廉価ブランドです。

1873年創業の老舗

エピフォンは、1873年にアナスタシオス・スタトポウロがギリシャでバイオリン工房を開いたのが、その始まりとされています。
その後バイオリン職人として名声を勝ち得たアナスタシオスは、ニューヨークに移住し、1910年に当時17歳の息子エパミノンダスと共にマンドリンやバンジョーの製作に着手します。
アナスタシオスは1915年に亡くなりますが、会社はエパミノンダスの手によって成長を続け、1928年には社名をそれまでの「ハウス・オブ・スタトポウロ」から「エピフォン・バンジョー・カンパニー」へと改めます。
ちなみにエピフォンの「エピ」はエパミノンダスの愛称、「フォン」はギリシャ語で音を意味するそうです。

41rsauBqijL
Epiphone エピフォン エレキギター Les Paul Standard Plus Top Pro VS

ギブソンによる買収

1930年代に入ると、エピフォンはギター製作を開始。
アーチトップ・ギターの「マスタービルドシリーズ」などを立ち上げています。
しかし、父親から受け継いだ会社をけん引し、発展させてきたエパミノンダスは、1945年に52歳の若さで病死。
後を弟であるオーフィーが引き継ぎますが、労働争議や他社による買収、工場の移転などのゴタゴタ続きとなってしまいます。
なお、この労働争議によってエピフォンを離脱した職人たちによって、ギルドギターが立ち上げられたのは有名な話です。
そしてついに1957年、ギブソンによってエピフォンは買収され、スタトポウロ一族は経営から離脱します。
ちなみにこの時の買収額は2万ドルだったのですが、当時は1ドル360円時代でしたので、日本円にして720万円。
大卒初任給が1万3千円くらいの時代なので、今はその約15倍になっているとすると、720万円×15で1億800万円。
企業の買収額としては格安ですね。(笑)

独自ブランドから廉価ブランドへ

ギブソン傘下に入った後、エピフォンはギブソンのカラマズー工場で独自ブランドの製品を作り続け、1961年には代表的機種であるカジノを発表し、販売数を大きく伸ばしていきます。
しかし、1960年代後半に入ると、安いコピー製品の登場によってギブソン/エピフォンのシェアが低下。
1969年には親ブランドのギブソンが、ECL(後のノーリン)に買収されたことも重なり、苦境に立たされます。
結局ギブソンは、廉価なコピーモデルに対抗するには、米国内での生産を諦めるしかないと判断し、1970年にエピフォンブランドのギターを人件費の安い日本の工場(マツモク工業)に生産委託すること決断。
しかし80年代に入ると、今度は日本の人件費の高騰によって再度コストダウンの必要に迫られ、1983年に韓国のサミック社にも生産委託を行います。
ただし、一部モデルは日本での生産が継続され、マツモク工業が倒産した1987年以降も、寺田楽器などで生産が行われていたようですね。
1986年にはギブソンが再び買収されたことで社の方針が変更となり、エピフォンはレス・ポールなどのギブソン製品の廉価ブランドとしての役割を担うことになります。
近年ではEpiphpneブランドのレギュラー品は韓国や中国で生産が行われており、Epiphone Elitistという高級ブランドは日本の寺田楽器が生産を行っているようです。

正式に”レス・ポール”を名乗れるブランド

ギブソンの廉価ブランドとしてのエピフォンは、フェンダーにおけるスクワイアと同様に、親ブランドの商標を使用出来る点が大きな利点です。
つまり、エピフォンのレス・ポールは、正式に「レス・ポール・モデル」名乗ることが出来るのです。
ただ、フェンダーのスクワイアはギターの形状的には親ブランドと全く同じであるため、少し離れた位置から見ると親ブランド品となかなか見分けがつかないのですが、エピフォンはヘッドの形状がギブソン製品とは異なるので、比較的見分けやすくなっています。

安定した品質

エピフォンのギターは、少し以前は品質面で厳しい評価が多かったのですが、ここ数年でかなり改善されてきていて、品質の安定度ではスクワイアあたりと同等レベルになっているように思います。
価格的にも5万円程度が中心で、安いものなら2万円台からあるなど、アーチトップタイプのギターが多いラインナップだということを考えると、かなりコストパフォーマンスが高い仕様になっていますね。
日本製のエリーティストは20万円くらいしますが、こちらはプロの使用にも十分耐えられるハイクオリティ。

本家レス・ポール・スタンダードは手が届かなくても、エピフォンのレス・ポール・スタンダードなら小遣いを貯めて買う事が出来ますから、学生さんにも是非オススメですね!

エピフォンのギターを・・・

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする