ヘヴィメタル系ギタリスト御用達ブランド(Dean Guitars編:その1)

Dean Guitars(以下、ディーン)は、1977年にディーン・ゼリンスキー氏によって設立されたブランドです。
実は通説ではディーンの創設は1976年と言われることが多いのですが、ディーン社自身のHPでは1977年となっていますので、ここでは1977年創設としておきます。
ディーン・ゼリンスキー氏は1957年生まれですので、会社設立時にはまだ弱冠20歳の若者だったという事になりますね。
ゼリンスキー氏は、2008年に同社を離脱してDBZ Guitars(現:Diamond Guitars)を設立し、さらに2012年にはDBZからも離脱してDean Zelinsky Private Labelというブランドを立ち上げています。
Dean Zelinsky Pravate Labelは、現在サウンドハウスが国内代理店を務めていて、リーズナブルな価格で販売されているのですが、そちらの方はまた別の記事でご紹介することにしますね。

DEAN GUITARS ( ディーンギター ) / Dimebag Dime O Flame
DEAN GUITARS ( ディーンギター ) / Dimebag Dime O Flame

ディーンの使用アーティスト

ディーン・ギター社はヘヴィメタル系のギタリストを中心に支持を集めるブランドで、特に元パンテラのダイムバッグ・ダレルの使用で有名です。
彼のトレードマークでもあるディーンのMLは、アマチュア時代に参加したギターコンテストの賞品だったそうで、余りに激しいプレイスタイルが原因で何と計27回もネックが折れているそうです。
ダレルは残念ながら2004年に凶弾に倒れてしまいましたが、今でも多くのギタリストからリスペクトされ、ディーンも彼のシグネチャーモデルを生産し続けています。
他にもディーンは、マイケル・シェンカーやメガデスのデイヴ・ムステイン、テスタメントのエリック・ピーターソン、さらには速弾きギタリストとして有名なマイケル・アンジェロなどともエンドース契約を結んでいますね。

ディーンの特徴

目を引くヘッド形状

DEAN GUITARS ( ディーンギター ) / Michael Schenker Custom Flame

ディーンのギターで最も目を引くのがヘッドの形状です。(注:全モデルに共通する仕様ではありません。)
遠目にもはっきりと判るV字のヘッドシェイプはとてもアグレッシヴで、ヘヴィメタルのイメージにピッタリです。
非常に大きく目立つのでヘッド落ちしそうに見えますが、実は重量バランスもしっかりと保たれており、プレイアビリティは損なわれていないところがエクセレントですね。

2種類のボディ形状を融合

また、様々なギターのボディシェイプを2つ組み合わせたモデルがあるのもこのブランドの特徴でしょう。
代表モデルのMLは上半分がエクスプローラーで下半分がフライングV、CADILLACというモデルは上半分がエクスプローラーで下半分がレス・ポール、SPLITTAILは上半分がSGで下半分がフライングVという風になっています。
見た目にインパクトを与えつつ、ハイフレット部分の演奏性を犠牲にしないような形状がチョイスされていますので、ある意味非常に合理的とも言えるデザインではないでしょうか。

数量限定価格|DEAN CAD 1980 3PU / Cadillac 1980 3 Pickup - Classic Black ディーン/キャデラック1980 3ハムバッカー・モデル [正規輸入品]

基本仕様はギブソン系

ディーンはギブソンのデザインを取り入れたモデルを主力に据えている為、基本的な仕様もギブソンに近くなっています。
ミディアムスケール(24.75インチ)、マホガニーボディ、ハムバッカー×2といった仕様がそうですね。
こういった仕様を基本にして、廉価グレードでは安い材に変更したりしてコストダウンが図られています。

ディーン・ギターの価格

ディーンは幅広い価格帯でギターを販売しており、概ね価格によって生産国が分かれています。
高級モデルのUSA製は基本的に30万円以上しており、それ以下のものは多くが韓国製で、数万円くらい(USドル定価で$200~$600くらい)の最も廉価なクラスになると中国製が中心になっています。
USA製は原則としてモデル名にUSAという表現が入っているので、比較的区別はしやすくなっていますね。
ディーンの米国HPでは、ほとんどのモデルに生産国の表記がなされています(一部、無いモデルもあります)ので、ディーンを購入しようと思っている方で、生産国もチェックしておきたい場合はそれらのデータが参考になると思います。

以上が、ディーン・ギターのブランド概要になります。
次回では、具体的なギターラインナップをご紹介しますね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする