元祖コンポーネントギターブランド!(シャーベル編)

リペア工房としてスタート

シャーベルは、1974年にギターのリペアや改造などを中心に手掛ける工房としてスタートし、フェンダーのライセンスを受けたブギー・ボディズ(後のワーモス)製のパーツを仕入れ、ギターの組み上げ作業も行っていました。
ただ、業績自体はあまり芳しいものではなかったらしく、1978年には破たん寸前のところまで経営が追い詰められます。(業績は好調だったものの、創業者のウェイン・シャーベル氏の興味が他に移ったなどの諸説もあります。)

CHARVEL ( シャーベル ) / Warren DeMartini Signature Snake
CHARVEL ( シャーベル ) / Warren DeMartini Signature Snake

“フランケンシュタイン”でブレイク

この廃業寸前だった会社を買い上げたのが、なんと当時シャーベルの従業員であったグローヴァー・ジャクソン氏。
彼は、ジャクソンというギターブランドを立ち上げた事でも有名な人ですね。
これに前後して、伝説的ロックバンドであるヴァン・ヘイレンがデビュー。
ヴァン・ヘイレンのギタリストのエディ・ヴァン・ヘイレンが使用していギターが、シャーベル製のボディ&ネックに改造を加えた”フランケンシュタイン”というギターであったため、シャーベル・ブランドに一躍注目が集まることになります。
エディーが使用していたのは買収される前に製造されたパーツだったので、もしこうなることをウェイン・シャーベル氏が知っていれば、きっと会社を売らなかったんでしょうね~。

何はともあれ、ジャクソン傘下となったシャーベル・ブランドは、当初はボルトオンネックのストラトキャスター派生モデルのブランドとして、スルーネックやコンコルドヘッドをはじめとする先進的なモデルを中心としたジャクソン・ブランドとは棲み分けがなされていました。

日本での生産

しかし、86年にシャーベルが日本の共和商会/中信楽器製造による生産へと切り替わると、シャーベルブランドでもコンコルドヘッド、フェンダーヘッド双方のモデルがラインナップされるようになり、その棲み分けは明確でなくなります。
その後、シャーベルの全モデルが低価格路線となり、比較的高価格路線であったジャクソン・ブランドとの価格差が顕著になります。
製造を行っていた中信楽器製造も、シャーベルブランドを初心者向けの価格帯に投入したので、さらにその傾向に拍車がかかることに。
この影響で、今でもジャクソンの廉価ブランドがシャーベルであるかのような印象が持たれますが、実際には両者にブランドの上下関係はないようですね。

フェンダーによる買収

2002年になると、ジャクソンと共にフェンダーに買収され、この頃より日本での生産は縮小傾向となります。
2011年には中信楽器製造が倒産した為、80年代から90年代にかけて隆盛を誇ったシャーベルはここで一区切りを迎え、現在はフェンダー傘下で、定着してしまった低価格路線のイメージを払拭すべく、シグネチャーモデルの生産などにも力を入れています。

シャーベルの主なラインナップ

現行の主なラインナップを以下に挙げますと、

・DESOLATION(デソレイション)シリーズ

実売価格10万円以下の廉価グレード。
廉価でありながら、コンパウンドラディアス指板やEMG製アクティブ・ピックアップを搭載するモデルもあるなど、なかなかに侮れない。
ディンキータイプやレス・ポールタイプなど、デザインのバリエーションが広いものも特徴です。

・PRO-MODシリーズ

CHARVEL ( シャーベル ) / Pro Mod San Dimas Style1 HH FR Black Burst
CHARVEL ( シャーベル ) / Pro Mod San Dimas Style1 HH FR Black Burst
シャーベル創業当時のデザインを継承したストラト系モデル。
ブラック・ピックガードを装着したSO-CALモデルと、ノン・ピックガード・デザインのSAN DIMASモデルに大別されます。
基本仕様として、コンパウンド・ラディアス指板、セイモアダンカン製ピックアップ、アルダーボディにメイプルネックが採用されています。
平均して15万円前後で売られていますが、安ければ10万円程度から購入でき、その性能を考えると非常に高いコスパを誇るシリーズです。

・アーティスト・シリーズ

CHARVEL ( シャーベル ) / Jake E. Lee Signature
CHARVEL ( シャーベル ) / Jake E. Lee Signature
有名アーティストのシグネチャーモデルをラインナップしています。
ラットのギタリスト、ウォーレン・デ・マルティーニモデルや、エイジアのアルバムに参加している事で有名なガスリー・ゴーヴァン、ラットの初期メンバーでありオジー・オズボーンバンドへの参加でも知られる日系ギタリスト、ジェイク・E・リーのモデルなどが展開されています。

・カスタム・ショップ

アメリカのコロナ工場で生産される、カスタム・オーダー品。
一流のマスタービルダーによって製作され、当然そのサウンドは一級品。

シャーベルは、一時期の廉価ブランドのイメージを取っ払い、フェンダー傘下でコストパフォーマンスの高いギターを作り続けています。
ブランドの創設時からハードロック/ヘヴィメタル向けの仕様のものが多く、現在もそのブランドイメージを踏襲していますね。

シャーベルのギターを・・・

>>サウンドハウスで探す

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする