日本のギターブランドだって負けてないぞ!(アリアプロII編:その1)

ブランド名の由来

アリアプロII(Aria Pro II)は、日本の荒井貿易という商社が所有するエレキギターのブランドです。
Ariaという名前はAraiの文字を組み替えたもの(アナグラム)なのですが、音楽的には叙情的・旋律的な特徴の強い独唱曲という意味も持ちます。
トリノオリンピックで荒川静香選手が使用したトゥーランドットの「誰も寝てはならぬ」は、日本でも知名度の高いアリアですね。
また、独唱曲ではありませんが、バッハの「G線上のアリア」なんてのもあります。

荒井貿易は1956年に創設された会社で、1960年に主にアコースティックギターを取り扱う自社ブランドとして「Aria」(アリア)を立ち上げます。
エレキギターブランドとしては1966年頃から「Aria Diamond」として販売を行っていましたが、1975年に「Aria Pro II」と改称します。
これは、アコギブランドとの区別を明確にし、より完成度の高いプロ指向のギターを作るために「Pro」を加え、また「Aria時代よりも一歩進んだエレキギター作り」との思いを込めて「II」を加えたという事のようですね。
まあ具体的には、それまでフェンダーとギブソンのコピーモデルを中心にしてきたエレキギター事業を、自社のオリジナルモデルを中心に据えていこうという意味があったのではないかと思われます。

看板モデルはPEシリーズ

そして1977年に現在でも看板機種であるPEシリーズの第一号として、PE-1500がリリースされます。
PEシリーズは、ルックスこそレス・ポールライクですが、決定的な違いは「ヒールレス・カッタウェイ」というネックとボディのジョイント部の形状にあります。
「ヒールレス・カッタウェイ」はその名の通り、ネックジョイント部のヒールと呼ばれる出っ張りをほとんど削り落としており、これによりハイポジションの演奏性が大幅に向上しています。

61UKlS5TenL._SL1000_
AriaProII アリアプロII エレキギター PE-1500RI SBR

1981年にはベストセラーモデルとなったPE-R80を発表。
このPE-R80は、ボディがマホガニー材をメイプル材でサンドイッチした構造になっていて、それまでのオールメイプルだったPEシリーズを大幅に軽量化することに成功したモデルです。
渡辺香津美や松原正樹といった大物フュージョン系ギタリストが使用したことで、国内での人気が高いモデルですね。
他にもPEシリーズ使用アーティストには、高校時代にバイトして初めて買ったギターがPEという福山雅治をはじめ、大橋隆志(ジェイル大橋。聖飢魔Ⅱ)、石原慎一郎(EARTHSHAKER)、五十嵐美貴(SHOW-YA)、ニール・ショーン(Journey)など有名アーティスト達が名を連ねています。

高級グレードは国内生産

アリアプロIIは、当初長野県松本市にあったマツモク工業が製造を担当していましたが、1987年にそのマツモク工業が倒産。(マツモク工業は、ギブソンがエピフォンブランドの生産を委託するなど、日本のギター史に残る名メーカーでした。)
その後は、東海楽器などが受け皿となって製造を継続しており、現在も高級グレード品は国内メーカーによるOEM生産が行われています。

アリアプロIIのブランド構成

現在のアリアプロIIブランドは、オリジナルギターのみを販売していて、廉価品は海外工場での生産、高級機種は国内生産となっています。
中には30万円以上する高級品もありますが、全体としてはリーズナブルな値段設定になっていて、コストパフォーマンスは高いブランドだと思います。
製品ラインナップの中心は、先に挙げたPEシリーズと、スルーネック構造のベースであるSBシリーズを中心に据え、ストラト系のFLシリーズ、ディンキー系のMAシリーズ、同じくディンキー系でスルーネック構造のRSシリーズなどが販売されています。

アリアプロIIブランドのギターを・・・

>>サウンドハウスで探す

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す

また、荒井貿易はコピーモデルのブランドとして、ギブソン系のBlitz(ブリッツ)と、フェンダー系のLegend(レジェンド)も展開しており、非常に安価なギターブランドとして人気が高いですね。

Blitzブランドのギターを・・・

>>サウンドハウスで探す

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す

Legendブランドのギターを・・・

>>サウンドハウスで探す

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す

スポンサーリンク

シェアする

フォローする