定番ギターアンプの基礎知識(Marshall JCM900編)

歴史的名機JCM800のハイゲイン化モデルとして登場

さて、今回はマーシャルの名機JCM900シリーズについて語っていきたいと思います。
多くの方がご存知だとは思いますが、JCM900シリーズは歴史的名機であったJCM800シリーズの後継にあたるシリーズです。
JCM900シリーズが発売されたのは1990年なのですが、その少し前からJCM800を改造してハイゲイン化させるというのが流行しており、例えば今はブティック・アンプの雄として知られるボグナーも、最初はJCM800の改造からスタートしていたりします。
逆に言えば、当時のサウンドの傾向として、JCM800では歪みが十分でないということでもあったわけですね。
とはいえ、JCM800の改造と言っても、全てがボグナーのように上手に改造しているわけではなく、ノイズまみれの音になってしまったりというような粗悪品も多く見られ、ハイゲイン仕様のマーシャル正規品アンプに対するニーズが日に日に高まっているような状況でした。

Marshall JCM900 4100 100W 2-Channel Tube Head [並行輸入品]

そしてその時代のニーズに対するマーシャルの回答としてリリースされたのが、JCM900でした。
JCM900は、JCM800と同様に単一のモデルを指すのではなく、いくつかのモデルをシリーズ化したものであり、その中で最も代表的なのが、100Wヘッドの4100でした。

High Gain Dual ReverbとHigh Gain Master Volume

4100は50Wヘッドの4500などとともにHigh Gain Dual Reverbというシリーズに分類され、クリーンとドライブが切り替えられ、それぞれにリバーブも設定できる2ch仕様となっていました。
チャンネル切り替えが出来ることで非常に使い勝手が良く、多くのスタジオに置いてあるJCM900は大体このHigh Gain Dual Reverbタイプとなっています。

これに対し、High Gain Master Volumeというシリーズも存在し、こちらには2100(100Wヘッド)や2500(50Wヘッド)などがラインナップされていました。
High Gain Master Volumeシリーズは、チャンネル切り替え機能はなく、二つあるマスターボリュームを切り替えられる仕様になっています。
従って、クリーン/歪みを一発で切り替えることは出来ず、実質的に歪み専用のアンプとなり、使い勝手の幅の面からみるとHigh Gain Dual Reverbシリーズのほうが有利であったため、どちらかと言えばHigh Gain Master Volumeを使用する人は少数派となっています。
なお、両者に共通する特徴的な機能としては、レベル付きのエフェクトループ機能、2ライン出力、3極/5極を切り替えるHi/Loスイッチなどがあります。

1992年になると、メサブギーのデュアル・レクチファイアーやピーヴィーの5150などの強力な対抗馬が出現し、マーシャルもこれに呼応するかのように1993年、High Gain Master Volumeシリーズにプリ管を一本追加してさらなるハイゲイン仕様にしたSL-Xというモデルを発表。
このハイゲイン化競争によって、ヘヴィメタル系のサウンドが一気に進化することになります。
90年代以降のヘヴィメタルシーンにおける強烈な歪みサウンドは、このアンプ競争によって生み出されていたのですね。

製造時期によって真空管が異なる

JCM900シリーズにおけるパワー部の真空管は、実は製造時期によってEL34と5881の2種類に分かれます。(正確にはJCM900だけでなく、当時EL34を使用していたマーシャル全モデル)
1990年から1992年ごろまでは、従来のJCM800シリーズと同様にEL34が使用されていましたが、マーシャルに真空管を納入していたメーカーからの供給が不安定になったため、1993年ごろから他メーカーに切り替えて5881に変更されています。
当時、EL34はイギリスのアンプメーカーの使用が多く、5881はアメリカのメーカーの使用が多かったことから、EL34はブリティッシュ・サウンド、5881はアメリカン・サウンドというイメージがありました。
このため、イギリスのメーカーであるマーシャルがアメリカンな5881の使用に踏み切ったことは、当時の多くのユーザーにはあまり好意的に受け入れられませんでした。
しかし5881のサウンド自体は、キャラクターこそ異なるものの決してEL34に比べて劣るものではなく、現在では5881を使用したJCM900シリーズも、それはそれで一つの個性として受け入れられるようになっています。
なお、1998年ごろからは再びEL34が安定的に供給されるようになったため、元の仕様に戻されています。

現在はリイシューモデルが生産されている

1997年には後継モデルであるJCM2000が発表され、JCM900シリーズは徐々にモデルが統廃合されていきます。
一番の人気モデルであった4100は、最も長い間生産され続けていましたが、2008年についに生産終了。
90年代を代表するアンプであるJCM900も、時代の波に飲まれて消えてしまうのかと思われましたが、2017年6月にVINTAGE RE-ISSUE SERIESからリイシューモデルとして再発売されています。(パワー部の真空管は5881)
この記事を書いている時点では、まだ日本国内での流通は本格化していないようですが、往年のファンにはウレシイ再発売ですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする