ギタリストなら知っておきたい定番ギターアンプメーカー(マーシャル編)

エレキギターを弾く人にとって、アンプは絶対に無視できない存在です。
これがないと音が出ないわけですから、当然ですよね。
以前、自宅練習用アンプについて書いたことがありますが、やはりエレキギターは大きな出力のアンプを使うのが本来の使い方ですから、ここでは定番のギターアンプについて語ってみますね。

当初はドラム専門ショップとしてスタート

ギターアンプと言えば、真っ先に思いつくのがマーシャルでしょう。
テレビの音楽番組でも、しょっちゅうマーシャルのアンプが映ってますよね。
現在のエレキギターの有力メーカーの多くはアメリカ企業ですが、アンプの有力メーカーであるマーシャルはイギリスで創業された会社です。
元々はドラム専門のショップとして創業者のジム・マーシャルが1960年に立ち上げたのですが、ジムはそれ以前からドラム教室の教師としても活動していて、そこにはミッチ・ミッチェル(ジミ・ヘンドリックス)、ミッキー・ウォーラー(リトル・リチャード、ジェフ・ベック・グループ)など後に有名になるドラマーが何人も通っていました。
そのうち、ドラマー達が自分のバンドメンバーをジムの店に連れてくるようになり、その中にはピート・タウンゼントやリッチー・ブラックモアなどもいたというのですから、豪華な顔ぶれが揃っていたものですね。
そして、ギタリストであるピートやリッチー達は、ジムにギターアンプを店で取り扱うことをリクエストします。
そのリクエストに応えた形で、ジムはフェンダー製アンプを販売し始めるのですが、アメリカからイギリスに輸入して販売する形でしたので、非常に高価なものとなってしまい、売れ行きは良くありませんでした。
そこで、自らアンプの製作に乗り出し、1962年にフェンダー製ベースマンをモデルにして最初の自社製作アンプ「JTM45」を開発し、これによりアンプメーカーとして注目されることになります。

MARSHALL ( マーシャル ) / JTM45

MARSHALL ( マーシャル ) / JTM45

マーシャル・スタック

そして1965年、ピート・タウンゼントはジムに「出力100Wで12インチのスピーカーを8個装備したギターアンプ」を発注します。
しかし、これはかなり大きな筐体になるため運搬に支障が出てしまい、結局スピーカー4個の筐体を2個兼ねる形になります。
よくテレビやライブ会場で見かける、マーシャルのアンプキャビネットを2段重ねにし、その上にヘッドアンプを置く3段積みのスタイルがこの時に誕生したのです。
このスタイルは「マーシャル・スタック」と呼ばれ、見た目的にもカッコイイことから現在ではマーシャルのトレードマークとなっています。
なお、このマーシャル・スタック型アンプが一般に発売された際、ヘッドアンプには「1959」という機種が採用されたのですが、この1959はその後のロックンロールを語る上で、重要なポジションを占めるようになります。

多くのアーティストが使用

まず1959の使用アーティストとして筆頭に挙げられるのが、かのジミヘン。
彼がマーシャルアンプを使用し始めた理由が面白い。
ジミヘンの本名は、ジェームズ・マーシャル・ヘンドリックスというのですが、ジム・マーシャルの本名も、ジェームズ・チャールズ・マーシャル。
たまたま名前が同じだったから、使ってみようと思ったらしいのです。(笑)
ジミヘン以外にも、ジミー・ペイジ、エリック・クラプトン、アンガス・ヤング、エディ・ヴァン・ヘイレン、イングヴェイ・マルムスティーンなどなど、使用アーティストを数え上げたらキリがありません。
つまり私たちがこれまで耳にしてきたエレキギターのサウンドの多くは、1959のサウンドでもあったのです。

MARSHALL ( マーシャル ) / 1959SLP

MARSHALL ( マーシャル ) / 1959SLP

その後もマーシャルは、エリック・クラプトンがジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズで使用した「1962」、200Wの大出力を誇りリッチー・ブラックモアが使用したことで有名なMajor(型番1962、愛称「Pig」)など、歴史に残るアンプを次々と生み出します。
そして1981年、伝説的名機であるJCM800をリリースします。

MARSHALL ( マーシャル ) / JCM800

MARSHALL ( マーシャル ) / JCM800

値下げがきっかけで大ヒット

JCM800を発表する前のマーシャル社は、ローズ・モーリス社と販売代理店契約を結んでいたのですが、外国へ輸出する際にローズ社がかなりのマージンを取っていたらしく、イギリス国外でのマーシャルアンプは非常に高価でした。
この為マーシャルアンプは、多くのギタリストにとって、手の出ない高嶺の花だったのです。
しかし、1981年にローズ社との代理店契約が切れ、このタイミングで発売されたJCM800は価格的にグッと下がりました。
高嶺の花が一気に身近な存在となり、JCM800は大人気機種となります。
その後、後継機種のJCM900、JCM2000も大ヒット商品となり、特にJCM2000はスタジオに行くと必ずと言っていいほど置かれている超定番品となりました。

王道の歪みサウンド

肝心のサウンドですが、マーシャルと言えば歪み。
歪みに関しては、お手本であり王道です。
普通、ディストーションのような歪みサウンドは、歪ませれば歪ませるほど音が細かくなり、ヌケが悪くなると言われていますが、マーシャル・アンプのディストーション・サウンドはどのモデルも太く、ヌケがよいのが特徴です。

現在の主力はJVMシリーズ

超定番アンプと言われたJCM2000は2007年に生産が終了していますが、その後をJVMシリーズが引き継いでおり、伝統のサウンドを守りつつさらなる進化を遂げた、フル・バルブ回路・マルチチャンネル仕様、クリーントーンから最強クラスのディストーションサウンドまでカバーする最新アンプに生まれ変わっています。
また、JCM2000の2チャンネル仕様品であったDSL(JCM2000にはDSLとTSLの二種類があり、TSLは3チャンネル仕様品でした。)も、根強い人気があって復活を望む声が多かったため、2012年からDSLシリーズが後を引き継いでいます。

MARSHALL ( マーシャル ) / JVM410H

MARSHALL ( マーシャル ) / JVM410H

MARSHALL ( マーシャル ) / DSL100H

MARSHALL ( マーシャル ) / DSL100H

まさにロックの王道とも言える歴史を持つマーシャルアンプ、ギタリストならぜひ欲しいアンプですね!

マーシャルのアンプを・・・

>>サウンドハウスで探す

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す

スポンサーリンク

シェアする

フォローする