歴史と伝統の老舗アンプメーカー(レイニー編)

1967年創業

レイニー(Laney)は、1967年にイギリスで創業されたアンプメーカーです。
アンプのメーカーというのは、世界を見渡してもそれほど沢山あるわけではなく、それなりの技術力や販売力を持つメーカーですと、おそらく数十社程度しかなく、さらにその中で信頼性や実績面でしっかりとしたメーカーに絞ると、多分20~30程度しかないのではないかと思います。
これは、エレキギターやエフェクターのメーカー数に比べると、だいぶ少ないですよね。
しかも、その中で1960年代以前に創業した古参メーカーともなると、レイニーの他にはフェンダーやマーシャル、ヴォックス、オレンジ、ピーヴィーなど数える程度しかありません。

Laney ( レイニー ) / IRT60H
Laney ( レイニー ) / IRT60H

ギターアンプは新規参入のハードルが高い

エレキギターというのは、ギター本体の音だけでなく、エフェクターやアンプも含めた最終的な出音で良し悪しを判断するものです。
従ってギター用アンプも楽器の一部と言え、それを作るメーカーには、単なる電機メーカーでは手の出せない極めて専門的なノウハウが必要となってきます。
またそれと同時に、アンプは大出力のものになるとギターよりも大きいサイズになり、重量もかなりのものになるので、アンプ製造にはそれなりの設備も必要です。
この両方を個人工房レベルで実現するのは、なかなか難しいですよね。

1970年ごろよりも以前であれば、先行メーカーが少なく、個人の手作りレベルから始めても形になった(実際、レイニー創業者のリンドン・レイニー氏はガレージでの手作りからスタートしています。)のでしょうけど、現在は個人でチューブアンプを作っても、メーカー品を上回る、もしくは匹敵するようなものを作るのはかなり難しいのではないでしょうか。

大手企業であればそういった条件をクリアすることも可能なんでしょうけど、企業の場合は短期間で結果を出すことが求められます。
しかし、アンプ業界はフェンダーやマーシャルのような定番メーカーが強力な牙城を築いており、たとえ一部であってもそれを短期間で突き崩して結果を出すのは簡単な話ではないでしょう。
きっと、こういうところが新規参入メーカーの少なさに繋がっているのだと思います。
それに最近はアンプにもデジタル化の波が押し寄せていますから、余計に新規参入はしにくいですよね。

ノウハウが豊富

つまり逆に言えば、レイニーのように長くアンプ生産を続けているメーカーは、製造設備がしっかりしているのはもちろん、技術的ノウハウの蓄積が非常に多くある、という事が言えます。
これは、アンプを購入する際には、結構重要なポイントですよね。

トニー・アイオミが愛用

レイニーのアンプは、ブラック・サバスのトニー・アイオミが愛用したことで知られるのですが、他にもエース・フレイリーやポール・ギルバート、ジョー・サトリアーニなど、有名アーティストがずらりと名を連ねています。
日本人では、布袋寅泰氏が2000年から2001年にかけてのツアーで使用していたのが有名ですね。

代表モデル

人気のモデルは、GH100L。

Laney ( レイニー ) / GH100L
Laney ( レイニー ) / GH100L

100W出力のフルチューブアンプで、抜けの良いクランチとナチュラルなオーバードライブサウンドを実現しながら、それでいて激しく歪ませるディストーションまでも完全カバー。
守備範囲の広さと高いクオリティにより、レイニーを代表する看板機種となっています。

他にも30W出力のチューブアンプであるVC30も名機と言われていて、中~小規模クラスのライブハウスであれば十分に実力を発揮してくれることでしょう。

Laney ( レイニー ) / VC30-112
Laney ( レイニー ) / VC30-112

これらの歴史的名機を筆頭に、ハイゲインタイプのアイアンハートシリーズ、クラシックスタイルのライオンハートシリーズなどを加え、充実のラインナップを取り揃えています。

代理店はサウンドハウス

2016年現在では、日本国内の総代理店を楽器通販大手のサウンドハウスさんが務めている関係上、一般の楽器屋さんで新品は売られていないので、その点だけは注意が必要です。(値段は以前より大幅に安くなっています、例えばVC30-112は以前は14万円ほどもしていたのですが、サウンドハウスさんが代理店になってからは6万円(!)ほどです。)
気軽に試奏が出来ないのはちょっと痛いところですが、ネット上では試奏している動画がありますので、それらの情報を参考にしてみるのが良いかも知れませんね。
また、知り合いにレイニーを持っている人がいれば、その人に頼んで試奏させてもらうという手もありますね。

レイニーのアンプを・・・

>>サウンドハウスで探す

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする