初めてのギターアンプはどんなのがいい?

今回はギターアンプのお話です。

初めてエレキギターを買う時って、ギターアンプのことまでなかなか気が回らないですよね。
でも、アンプはギター本体の次に重要なものなんです。
そもそも、エレキギターは、アンプから出てくる音で勝負する楽器です。
どんなに良いギターを買っても、アンプがしっかりと音を出してくれなければ、意味がないのです。

最初から大きなアンプが必要?

日本の住宅事情では、気軽に自宅に本格的な大出力のアンプを置いて、日々ライブ並みの大音量で練習できる人なんて、かなり限られるでしょう。
大半の人は、小さめのアンプを買って、近所迷惑にならないような音量で練習するしかないのです。
ある程度本格的にバンド活動をするようになれば、ライブハウスで使えるような大きさのアンプを購入する必要も出てくるでしょうけど、それは初めてギターを購入した人にとっては、少し先の話。

また、予算に余裕のある人なら、大きめの出力のアンプを買って、家で使う時だけ音量を絞ってやればいいという人もおられるでしょう。
確かにそれでもいいと言えばいいのですが、大出力のアンプは、それなりに音量を上げないと、そのアンプの真の音が出ないのです。
F1マシンが市販車と同じスピードで走ったら、当然市販車より燃費は悪いし、運転自体もやりにくいですよね。
そういう遅いスピードで走ることを、主な目的として設計されていないからです。
それと同じでギターアンプも、小音量で使うなら、大出力のアンプよりも低出力のもののほうが適しているのです。

せっかくギターを買ったのだから、少しでもいい音を出したいと思うのは当然でしょうけど、同時に近所迷惑にならないようにもしないといけません。
これは、昔から多くのギタリストが抱えていたジレンマです。
ですが、最近のギターアンプは性能が向上し、特に低出力のものに限って言えば、昔とは比較にならないくらいに音のクオリティが上がってきていて、ちゃんとギターの実力を引き出してくれるアンプも存在します。

ということで、前置きが少し長くなりましたが、ここでは自宅で使用することを主な目的としたオススメアンプをいくつかご紹介することにしましょう。

自宅で使いやすいギターアンプ

1.VOX Pathfinder 10

VOX ( ヴォックス ) / PATHFINDER10
コストパフォーマンスを重視するならコレ。
価格は驚きの5千円前後!
でも安いからって、性能は決してショボくない。
10Wという出力は、小さなライブくらいなら難なくこなしてしまうパワーだって持っています。
それにVOXのアンプと言えば、あのザ・ビートルズが使用していたことでも有名。
つまり、血統的には申し分なし。
ルックス的にも、トラディショナルな雰囲気でいい感じですね。
ディレイやコーラスなどのエフェクターはありませんが、クリーントーンとオーバードライブの切り替えスイッチがあり、それなりに音作りもちゃんと出来ます。
ヘッドホン出力も可能で、夜間の練習も問題なし。
予算的にそれほど多くは出せないけど、しっかりしたアンプが欲しいという方には、オススメのアンプです。

このアンプの詳細を・・・

>>サウンドハウスで見る

>>アマゾンで見る

>>楽天で見る


2.YAMAHA THR10

YAMAHA ( ヤマハ ) / THR10 V.2
日本が誇る楽器メーカーであるヤマハの逸品。
価格的には3万円前後とそれなりの値段が付いていますが、日本のメーカーらしい充実した多機能ぶりは、値段以上の価値があると思います。
出力は5W+5Wのステレオで「ヤマハ”Hi-Fi”オーディオテクノロジー」採用の高音質。
スマホなどの外部機器を接続できるAUX IN端子も装備。
これはつまり、ギターアンプとしてだけでなく、れっきとしたオーディオ機器としても使えることを意味します。
気になるギターアンプ機能は、CLEAN, CRUNCH, LEAD, BRIT HI, MODERNの5種類のエレキギター用に加え、ベース、エレアコ、フラットの計8種類のアンプシミュレーション機能を搭載。
エフェクターも、CHORUS, FLANGER, PHASER, TREMOLO, DELAY, DELAY/REVERB, SPRING REVERB, HALL REVERB, COMPRESSOR, NOISE GATEと必要十分な数。
ヘッドホン端子は当然のこと、USBインターフェイス機能(PCとの連動で、細かな音作りや録音・編集が可能)、バッテリー駆動、チューナー搭載と、まさに至れり尽くせり。
実はコレ、私も使ってるのですが、ランチボックスのような外観なのに、買う前に想像していたよりもオーディオとしてかなり音がイイ。
横幅36センチというコンパクトなボディながら、臨場感のあるステレオサウンドが響きます。
PS3やテレビの音も、ここから出して使ってますw
ヤマハさん的にも、かなりの自信作のようですね。
機能を若干省略して、値段を1万円ほど抑えた姉妹機のTHR5もオススメです。

このアンプの詳細を・・・

>>サウンドハウスで見る

>>アマゾンで見る

>>楽天で見る


3.Blackstar HT-1R Combo

BLACKSTAR ( ブラックスター ) / HT-1R Combo
自宅で使うアンプだからって、音質に妥協したくない!という方にはコレがオススメ。
小型アンプブームの火付け役となったHT-5Rの姉妹機で、横幅約30センチとボディは小さいですが、まぎれもない真空管アンプ。
出力は1Wと、数字だけ見ればあまりパワーがなさそうな気がしますよね。
しかし、このアンプはフルパワーを出すと、自宅で使うのがはばかれるような大音量を出すのです。
スピーカー・エミュレイテッド・アウト/ヘッドフォン端子、ステレオMP3/ライン・イン装備、デジタル・リバーブ搭載で、2チャンネル仕様と、機能的にも十分。
お値段も3万円程度と、その性能を考えれば決して高くはないでしょう。
初心者のみならず、上級者も満足させる高性能アンプですよ!

このアンプの詳細を・・・

>>サウンドハウスで見る

>>アマゾンで見る

>>楽天で見る


以上が、私がオススメする自宅用ギターアンプです。
コスパ重視ならPathfinder10、その多機能ぶりを駆使して色々な使い方をしてみたいという方はTHR10、自宅で真空管アンプの本格ギターサウンドを出したい方はHT-1Rといったところでしょうか。
いずれも評価の高い良品ですので、目的に合ったチョイスをすれば、きっと充実したギターライフを送れると思います。

さあ、次はギターシールドについて語りますよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする