スピーカーユニットの基礎知識(その2)

定番スピーカーブランド

前回は、エレキギター用のスピーカーユニットに関する技術面の基礎的なお話をしましたが、今回は代表的なスピーカーブランドをご紹介してみたいと思います。

CELESTION(セレッション)

1924年にロンドンで設立された、老舗中の老舗。
設立当初はラジオのスピーカーなどを中心に手掛けていましたが、1950年代に世界初のエレキギターアンプ用スピーカーCelestion Blueを発売したことが大きな転機となります。
このCelestion BlueはVOXのAC30に搭載され、あのビートルズのサウンドを支える役目を担うのです。
現在は、VOXだけでなくマーシャルの製品にも多く採用され、まさにブリティッシュサウンドを象徴するスピーカーブランドとなっています。

CELESTIONの定番モデル

Celestion Blue

CELESTION ( セレッション ) / Celestion Blue/8

世界初のエレキギターアンプ用スピーカー。
VOXのAC30(現行品ではAC30C2X)に搭載されており、ビートルズを始めクイーンのブライアン・メイ、U2のジ・エッジらの使用で有名。
口径は12インチでマグネットはアルニコを使用し、周波数レンジは75-5000Hz。
感度は100dBで、許容入力値は15W、インピーダンスは8Ωと15Ωの2種類が用意されています。
姉妹モデルとして、大出力アンプ用に許容入力値を50WにアップさせたCelestion Goldもラインナップされています。

Vintage 30

CELESTION ( セレッション ) / Vintage 30/16

1986年に登場した、CELESTIONのド定番スピーカー。
80年代にアンプが次第に”ホットロッド”化し、その状況に対応するために音圧とオーバードライブの処理能力を上げたのがこのモデル。
ビンテージという名前とは裏腹なモダンなスピーカーに仕上がっており、現代のロックシーンにもマッチする高い汎用性を誇ります。
12インチサイズにマグネットはセラミック、周波数レンジは75-5000Hz、感度は100dBとなっています。
許容入力値は60W、インピーダンスは8Ωと16Ωの2種類。

Heritage Series G12M

CELESTION ( セレッション ) / G12M Heritage/8

1960年代に開発されたG12Mは、CELESTION初のギター用セラミックマグネット・スピーカーです。
Greenbackの愛称で親しまれ、AC/DCのアンガス・ヤングはG12Mの熱烈なファンとして知られます。
CELESTIONのラインナップとしては、G12MはHeritage SeriesとClassic Seriesの2モデルがありますが、こちらのHeritage Series版はオリジナル・サウンドに徹底的にこだわり、手作業で組み上げられる逸品。
12インチ口径、レンジは75-5000Hz、感度は96dB、許容入力値は20Wで、インピーダンスは8Ωと15Ωの2モデルがラインナップされています。

CELESTIONのスピーカーを・・・

>>サウンドハウスで探す

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す

JENSEN(ジェンセン)

1927年に創業され、CELESTIONと同様にラジオ用スピーカーを主に製造していましたが、1940年代にフェンダーのアンプに採用されたことで一躍有名になります。
つまり、ツイン・リバーブ、ベースマン、デラックス・リバーブ等、フェンダーの定番アンプのサウンドは、JENSENのサウンドでもあるのです。
1960年代後半には一旦スピーカーの製造を中止するものの、1990年代にイタリアのSICA Altoparlanti社がライセンスを取得し、再出発しています。
CELESTIONをブリティッシュ・サウンドを象徴するスピーカーとするならば、JENSENはアメリカン・サウンドの象徴と言えるでしょう。

JENSENの定番モデル

Cシリーズ

JENSEN ( ジェンセン ) / C12N-8

1960年代のアメリカ製アンプの多くに採用され、アメリカン・ヴィンテージ・トーンを象徴するモデルがCシリーズ。
中心モデルのC12N(8Ω)は、12インチ口径のセラミック・スピーカーで、50W許容入力、感度は98.4dB、インピーダンスは8Ωというスペック。
いわゆるフェンダーのブラックフェイス系サウンドを求めるなら、まずはコレ。

Pシリーズ

JENSEN ( ジェンセン ) / P12N-NB 8ohms

1950年代のフェンダー・ヴィンテージ・ツィードアンプに使用されたのがPシリーズ。
アルニコ・マグネットを使用。
P12N(8Ω)のスペックは、12インチ口径、50W許容入力、感度98.4dB、インピーダンス8Ω。
究極のヴィンテージサウンドを追い求めるのなら、Pシリーズは外せないですね。

JENSENのスピーカーを・・・

>>サウンドハウスで探す

>>楽天で探す

EMINENCE(エミネンス)

1966年アメリカ・ケンタッキー州で創業し、JENSENが生産中止に追い込まれた後のアメリカン・サウンドを継承したのがEMINENCEでした。
設立当初は一日わずか3個の生産だったという零細規模からスタートし、現在では1日10000個のスピーカーを生産する巨大企業に成長を遂げました。
日本の正規代理店は通販大手のサウンドハウスが務めています。

EMINENCEの定番モデル

Patriot Series

EMINENCE ( エミネンス ) / SWAMP THANG

クールなブルーのラベルが印象的なPatriot Seriesは、「愛国者」という名が示す通り、JENSENのサウンドを意識したアメリカンなサウンドが特徴のモデルです。
人気モデルはフェンダー・トーンを美しく再現するSWAMP THANGで、セラミック(フェライト)マグネットの12インチ口径、150W許容入力、周波数レンジ70-5.1kHz(16Ωモデル)70-4kHz(8Ωモデル)、感度102.3dB(16Ωモデル)102dB(8Ωモデル)というスペックとなっています。

Redcoat Series

EMINENCE ( エミネンス ) / THE TONKER

Patriot Seriesとは対照的にレッドのラベルが目を引くRedcoat Seriesは、CELESTIONのブリティッシュ・サウンドを意識したモデル。
こちらの人気モデルはTHE TONKERで、12インチ口径でセラミック(フェライト)マグネット、150W許容入力、周波数レンジ 70-5.4kHz(16Ωモデル)70-5kHz(8Ωモデル)、感度102dB(16Ωモデル)101.5dB(8Ωモデル)という仕様。

EMINENCEのスピーカーを・・・

>>サウンドハウスで探す

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す


以上が、ギター用スピーカーユニットの代表的なブランドと主なモデルになります。
スピーカーはギターの音を空間に出すという、ある意味最も重要な役割を担うパーツです。
ここが悪ければ、これ以前の段階でいくら良い機材を揃えても意味がありませんので、しっかりとこだわっておきたいところですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする