楽器業界の巨人が展開する高コスパなエレキギター(ヤマハ:パシフィカシリーズ)

ヤマハ製エレキギターの重要な柱

ヤマハのパシフィカシリーズは、主にストラト系のデザインを基調にヤマハ独自の解釈を加えたボルトオンネック方式のモデルで構成される、比較的廉価な価格設定で展開されているエレキギターです。
元々、ヤマハは日本のエレキギターの黎明期における牽引的な存在で、一時期はカルロス・サンタナにギターを提供するなどの隆盛を誇りましたが、近年はあまり存在感が強くないというのが正直なところですね。
ですが、そんな状況でもヤマハのエレキギターが生産を中止させることなく継続されてきたのは、一つはヤマハが企業体力のしっかりとしたメーカーであったことが大きな要因ですが、もう一つはやはりその品質に定評があり、ヤマハのエレキギターに対するユーザーの支持があったからとも言えるでしょう。
そして、そのヤマハのエレキギター部門の屋台骨を支えたのが、伝統のSGシリーズと今回ご紹介するパシフィカシリーズなのです。

単なるコピーモデルではない

1990年に登場したパシフィカシリーズは、基本的にフェンダーのストラトキャスターのデザインをベースにしていますが、単なるストラトのコピーモデルではなく、ヤマハ独自のアレンジをふんだんに加えており、その中身はストラトとはかなり違ったものになっています。
特にピックアップの構成が幅広く、ストラト系のシングルコイルだけでなく、ハムバッカーやストラト系ではあまり見られないP-90タイプまで網羅しているのは注目しておきたい点です。
普通、ストラトならシングルコイルの煌びやかな音、レス・ポールであればハムバッカーの太く甘い音、という風にギターによってイメージされるサウンドのキャラクターというものがあるのですが、パシフィカの場合はピックアップ構成が幅広く設定されているため、固定されたイメージというものがありません。
つまり、このタイプのギターだからこういう音を作らなきゃいけないという固定観念にとらわれず済むので、気楽に自由な音作りが出来るのです。
また、海外の工場で生産されることでコストの低減が図られていますが、それと同時に世界的メーカーであるヤマハの名に恥じない品質も維持されるため、特にビギナーにとっては安心感の高いギターであると言えますね。

パシフィカシリーズのラインナップ

ここからは2017年現在のパシフィカシリーズの主なラインナップをご紹介していきたいと思います。
一応その前に、パシフィカシリーズの型番の振り方について説明しておきますと、まず型番として割り当てられている数字の一番右の数字はシングルコイルPUの数、右から二番目はハムバッカーの数、左側の数字はモデルのグレード(大きい数字ほど上位グレード)となっています。
そして、数字の後ろのアルファベットについてはモデルの特徴を表しており、例えばVだとヴィンテージスタイル、FMだとフレイムメイプルトップ(ラミネート)という意味になります。

・PACIFICA112Vシリーズ

YAMAHA ( ヤマハ ) / Pacifica112V SOB
YAMAHA ( ヤマハ ) / Pacifica112V SOB

現行パシフィカの中で最もベーシックな仕様のシリーズで、コストパフォーマンスの高さが人気のエントリーモデル。
1995年に発売されたモデルですが、2008年に大きなモデルチェンジが行われています。
フロントとセンターがシングル、リアがコイルタップ機能搭載のハムバッカー(いずれもアルニコVマグネット使用)のSSH配列で、ストラトタイプでありながらリアのPUがピックガードマウントではなく、エスカッションマウントになっているのがとても特徴的。(2007年以前のモデルはピックガードマウントでした。)
アルダーボディ、メイプルネックにローズウッド指板(22F)という基本仕様ですが、メイプル指板のモデル(型番:112VM)も用意されています。
他にスペシャルモデルとしてブラックピックガードを装着した、イエローナチュラルカラー+サテンフィニッシュボディの112VMXや、日本国内向け限定でレフティモデルの112JLなどがラインナップされています。
実売価格は3万円ほどで、この価格でヤマハが保証するクオリティのギターが手に入るのですから、特に初心者の方にオススメしたいモデルですね。

・PACIFICA120H

YAMAHA ( ヤマハ ) / Pacifica120H YNS
YAMAHA ( ヤマハ ) / Pacifica120H YNS

基本仕様は上記の112Vと同じで、ピックアップが2ハムになったモデル。
トレモロレスのブリッジを採用することでサステインの向上が図られています。
実売価格は112Vと概ね同等の3万円ほど。

・PACIFICA212V

YAMAHA ( ヤマハ ) / Pacifica212VQM TBS
YAMAHA ( ヤマハ ) / Pacifica212VQM TBS

112Vのワンランク上に位置するモデルですが、サウンド面での違いはほぼなく、ボディトップの貼りメイプルによる装飾が相違点となっています。
ヘッドストックにもボディと同様のメイプル化粧板が貼られ、高級感溢れるルックスに仕上げられています。
フレイムメイプル貼りの212VFMと、キルトメイプル貼りの212VQMの2モデルがラインナップされています。
装飾が豪華になっている分だけ価格は上げられていますが、それでもまだ3万円台に抑えられていて、十分に安い。

・PACIFICA311H

YAMAHA ( ヤマハ ) / Pacifica311H BL
YAMAHA ( ヤマハ ) / Pacifica311H BL

アルダーボディ、メイプルネック+ローズウッド指板というベーシックな構成ですが、何といってもフロントにP-90タイプのシングルコイルPUを採用しているのが目を引きます。
リアにはカバードタイプのハムバッカーが搭載されていて、ストラトタイプでP-90+ハムバッカーという構成はとても珍しいのではないでしょうか。
パシフィカシリーズのコンセプトとしてヴァーサタイル(多目的)な演奏スタイルというのがあるのですが、この311Hはまさにそれを体現したモデルと言えるでしょう。
ブリッジにはトレモロレスタイプが採用され、べっ甲柄の4プライピックガードや、グローバー製ロック式ペグ、グラフテック製TUSQナットを採用するなど、パーツ類のグレードがアップされています。
実売価格は4万円くらい。

・PACIFICA510V

YAMAHA ( ヤマハ ) / Pacifica510V CAR
YAMAHA ( ヤマハ ) / Pacifica510V CAR

ピックアップにはセイモアダンカン製のP-Railsを搭載しており、PUはこれ一基のみという非常にユニークな仕様となっています。
P-Railというのは、通常のシングルコイルとP-90タイプのシングルコイルを2つセットにしたようなPUで、2種類のPUそれぞれの音が出せることに加え、2つのPUを直列に繋げることでハムバッカーとしても使用できるようにした一粒で三度おいしいPUです。
しかもこのモデルに搭載されているのは、弦間が幅広なパシフィカに合わせて専用に設計されたトレムバッカータイプ。
このPUによって1PU仕様ながら非常に幅広い音作りを可能としており、パシフィカのヴァーサタイルというコンセプトを見事に実現しています。
アルダーボディ、メイプルネック、ローズウッド指板にウィルキンソン製トレモロユニット、グローバー製ロック式ペグ、グラフテック製TUSQナットを採用し、しっかりとパーツ類にもこだわった作りになっています。
実売価格は5万円程度。

・PACIFICA611

YAMAHA ( ヤマハ ) / Pacifica611VFM DRB
YAMAHA ( ヤマハ ) / Pacifica611VFM DRB

611は311Hの上位モデルで、P-90タイプのシングルとハムバッカーという構成は311Hと同じですが、どちらもヤマハ内製のものからセイモアダンカン社製のものにアップグレードされています。(フロント:SP90-1、リア:Custom 5)
上位モデルということで装飾面やパーツ類にもグレードアップが図られ、べっ甲柄の4プライピックガードや、グローバー製ロック式ペグ、グラフテック製TUSQナットにフレイムメイプル貼りの美しいルックスに加え、611HFMはヤマハオリジナルのカスタムブリッジ(トレモロレスタイプ)、611VFMはウィルキンソン製のトレモロユニットが装着されています。
実売価格は6万円程度。

・PACIFICA1611MS

YAMAHA ( ヤマハ ) / PACIFICA1611MS Mike Stern Model
YAMAHA ( ヤマハ ) / PACIFICA1611MS Mike Stern Model

パシフィカシリーズは基本的にリーズナブルな価格のラインナップをそろえていますが、この1611MSだけは別格となっていて、実売価格が20万円弱という高級モデル。
ジャズギタリストのマイク・スターンのシグネチャーモデルであり、上級者の厳しい要求にも応えられるクオリティを誇ります。
ボディシェイプもシリーズ中唯一テレキャスタータイプであり、アッシュ製ボディにメイプルネック、メイプル指板という構成になっています。
ピックアップは、フロントがセイモアダンカンSH-1n(59’ model)、リアが同じくセイモアダンカンのSTHR-1b(Hot Rails)を搭載し、プレイヤーの表現を忠実に伝えることを第一とした構成になっています。
また、ボディ材にはヤマハ独自の技術であるI.R.A.(Initial Response Acceleration、ギター固有の振動を与えることで塗装−木部間などにあるストレスを解消し、ギターを弾き込んだのと同じような状態にする技術。)が採用され新品の状態でもボディの鳴りが最大限に発揮されるようになっています。


以上、ヤマハのパシフィカシリーズの概要となります。
リーズナブルな価格で見た目がストラトに近いため、単なるコピーモデルと思われがちですが、その中身はストラトをベースにしてヤマハ独自のコンセプトを色濃く反映させた、オリジナルモデルと言ったほうが相応しいかもしれません。
価格的にも品質的にも、初心者の方が安心してチョイスできるモデルが多くそろえられていますね。

ヤマハのパシフィカシリーズを・・・

>>サウンドハウスで探す

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする