エレキギターの基礎知識(テレキャスター編:その1)

ストラト、レス・ポールに続いて、今回からはテレキャスター編です。

世界初の量産ソリッド・エレキギター

テレキャスターは、フェンダー社から1949年に「エスクワイア」の名称で発表され、翌50年に「ブロードキャスター」という名前で発売された定番エレキギターです。
「ブロードキャスター」(Broadcaster)という名前は、当時グレッチ社が既に発売していたスネアドラムの「ブロードキャスター」(Broadkaster)と名称が酷似していたためにクレームが入り、51年に「テレキャスター」に変更されています。
「ブロードキャスター」も「テレキャスター」も、当時開始間もなかったテレビ放送(TV Broadcasting)にちなんで付けられた名称だと言われています。
尚、テレキャスターに変更される直前に、短い期間ですが名前を付けずに販売されていた期間があり、その時期のものは通称「ノーキャスター」と呼ばれています。

FENDER ( フェンダー ) / American Standard Telecaster 3-Color Sunburst
FENDER ( フェンダー ) / American Standard Telecaster 3-Color Sunburst

テレキャスターが発売される以前のエレキギターは、フルアコースティックタイプと呼ばれる、ボディ表面はアーチトップ形状、ボディ内部は空洞、ネックとボディはニカワなどで接着するという方式が主流でした。
しかし、これは作業に高度な正確性が要求され、あまり大量生産を行うことはできない工法でした。
そこに目を付けたのが、フェンダーの創業者であるレオ・フェンダー氏。
彼は、ボディにアッシュ材などを継いで整形した一枚板(ソリッド・ボディ)を採用し、手間を省くために真っ平らな表面仕上げにしました。
また、ネックも一本の木材から削り出し、歩留まりを上げるためにヘッド部分の角度を無くしています。
そして、別々に整形されたボディとネックを、ボルトでつなぎ合わせる大胆な方式で生産を行いました。
さらに、ボリューム、トーン・コントロールなどのスイッチ類を、一連のユニットとしてひとつの金属プレートにまとめてボディ表面にネジ止めし、徹底して省力化を追い求めたのです。
この結果生まれたテレキャスターは、それまで職人技であったギター製造を、信頼性と音質を維持しつつ、作業を大幅に簡素化させることで大量生産を可能にした、画期的な商品となりました。

独特のシングルコイルサウンド

ピックアップは、シングルコイルを二基搭載し、澄んだ高音で音の粒がハッキリとしているのが特徴。
テレキャスター独自のジャキジャキとした音と無骨なルックスは、ストラトキャスターのようなスマートさとは対照的なものがあり、この魅力にハマる人も多いようですね。
ちなみに、ギタースタンドに立てかけた時に、やたら安定感のあるボディ形状をしていますが、これはマーティンのドレッドノートの影響を受けているそうですよ。

オクターブチューニングには注意

実は初期タイプのテレキャスターのブリッジ部分は、一つのサドルに弦を二本乗せる構造になっていて、オクターブチューニングが合いにくい傾向があります。(オクターブチューニングとは、簡単に言うと開放弦の音程と、12フレットの音程が丁度1オクターブ差になるように、サドルの位置を調整することを言います。)
片方の音を合わせれば、もう片方が合わないということになりやすいんですね。
そのため、初心者には初期タイプを模したタイプのテレキャスターは、少し扱いが難しいかも知れません。

コードが弾きやすいバランス

又、テレキャスターはサイドギターやギターボーカルの人が使用する場合が多いのですが、これにも理由があります。
その一つが音質。
独特の芯のあるジャキッとした音は、コードを弾いたときにすごくスッキリとした響きになり、これが好まれるようですね。
そしてもう一つは、コードの弾きやすさです。
ストラトやレスポールは重心がボディ側に偏っているため、ヘッド側を立てても弾きやすくなっています。
ただ、これはコード弾きを多用するアコギとはバランスが異なるため、アコギに慣れている人にとっては、かえって弾きにくさを感じてしまう。
これに対しテレキャスの場合は、重心の偏りがそれほどではないため、アコギと似た感覚で弾ける。
この二つの理由によって、サイドギターやギターボーカルの人が持っていることが多いのです。
ただ、何もリードギターとして使えないわけではなく、有名アーティストでもリードギターとして使用している人は沢山います。
私個人としても、テレキャスターの音や無骨なルックス、凄くカッコいいと思いますね~。

(その2)に続く・・・

スポンサーリンク

シェアする

フォローする