エレキギターの基礎知識(レス・ポール編:その1)

前回のストラト編に引き続き、今回からはレス・ポール編です。

レス・ポールは発明者の名前

ギブソン社が1952年に、同社初のソリッドギターとして発売したのがレス・ポールです。
当時既にフェンダーのテレキャスターが発売されており、巷ではかなり好評を博していました。
それに対抗するためにギブソン社が生み出したのが、レス・ポールなのです。
レス・ポールという名前は、共同開発者であるレス・ポール氏の名前を冠したものであり、正確には彼のシグネチャー・モデルという位置付けになります。
従って正式な名称も、元々はレス・ポール・モデルというのが正しいのですが、現在では「モデル」は言わずに単にレス・ポールという呼び方が定着していて、ギブソンの日本支社である㈱GIBSON GUITAR CORPORATION JAPANでも、この呼び方を使用しています。

GIBSON ( ギブソン ) / Les Paul Custom Ebony
GIBSON ( ギブソン ) / Les Paul Custom Ebony

’58年~’60年製はマンションが買えるほどの値段

1952年から1957年の間に生産された初期型は、ゴールドトップと呼ばれる金色のメタリック塗装が施されていましたが、1958年から1960年の間に生産されたものは、それまでの単一色の塗りつぶしから、サンバースト塗装と呼ばれるシースルーフィニッシュに変更され、表面のメイプルの杢目が見えるようになっています。
1952年から1960年の間に生産されたレス・ポールはオリジナル・モデルと呼ばれていて、コレクターの間では高値で取引されており、特に人気が高いサンバースト塗装の58年型~60年型は、今ではなんと何千万円という値を付けるに至っています。
正直、そんな値段のギターをもし手に入れられたとしても、壊すのが怖すぎて弾けないですよね。(笑)

伝説的ハムバッカーP.A.F.を搭載

レス・ポールの特徴としては、まずはピックアップが挙げられます。
発売当初はP-90というシングルコイルのピックアップが採用されていましたが、やはり何と言っても1957年から採用された「P-490」が有名。
P-490という型番よりも、P.A.F.(パフ)と言った方がわかりやすい方もおられるでしょう。
シングルコイルのピックアップにはノイズが乗りやすいという欠点があったのですが、コイルの巻き方向を反対にしたピックアップを組み合わせることでノイズを軽減させることに成功したのが、新型のP-490でした。
これが、いわゆるハムバッカーと呼ばれるピックアップの誕生になるわけですが、当時のP-490には特許出願中を意味する”Patent Applied For”と書いたシールが貼られていました。
この頭文字を取って、P-490にはP.A.F.という愛称が付けられたんですね。

ノイズを軽減させたことの副産物として、甘く太いサウンドになり、音量も大きくなりました。
レス・ポールがストラトよりもパワフルでロック向きと言われるのは、このハムバッカーを搭載していることがその理由です。

美しいアーチトップ形状

またレス・ポールは、ストラトやテレキャスが従来のギターの形状を根本から見直したのに比べると、比較的トラディショナルな趣を残しています。
ボディはバック部分にマホガニー、トップ部分にはメイプルを使用し、表面の形状はバイオリンのようなアーチトップ。
サンバーストカラーの採用により杢目が見えるようなったため、意匠性の向上を狙って、トップのメイプルは板を真ん中から切り開いたブックマッチ構造となっています。
これにより左右対称の美しい杢目になっているんですね。

エリック・クラプトンによる再評価

これほどまでにギブソンが本気で作り込んだレス・ポールでしたが、最大の難点はその重量でした。
事実、当時のギタリストには、音がパワフル過ぎてコントロールしにくい点や、重すぎる重量が敬遠され、1960年には遂に生産中止に追い込まれています。
その後、ギブソンは改良型のSGへと軸足を移すことになるのですが、その状況を神様エリック・クラプトンが一変させます。
彼が、ブルースブレイカーズのアルバム”Blues Breakers with Eric Clapton”の中で披露した、レス・ポールとマーシャルアンプの組み合わせによるディストーション・サウンドは「極上のサウンド」と絶賛され、これをきっかけにしてレス・ポールの復活を切望する声が高まります。
そしてそのファンの声を受けたギブソンは、レス・ポール氏と再契約の上、1968年にスタンダード、カスタムの両モデルを再発するに至るのです。
ストラトのイメージが強いクラプトンですが、彼はレス・ポールの救世主でもあるんですね。

(その2)に続く...

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする