エレキギターの基礎知識(ジャズマスター編)

フェンダーを代表するエレキギターといえば、当然誰もがテレキャスターとストラトキャスターを思い浮かべるはずです。
しかしこれは、この二機種以外のエレキギターは、あまり目立たたず、ちょっと地味だという事も意味します。
ひょっとして、フェンダーのギターはテレキャスとストラト以外はイマイチ良くないギターなんでしょうか?

もちろん、そんな事はありません。
フェンダーの他のギターが地味なのは、早い段階で定番ギターが確立されていたことが大きな原因でしょう。
エレキギターの黎明期に発売されたテレキャスターが持つ粗削りなキャラクターは、今でも唯一無二と言っても良い強い存在感を持っていますし、そのテレキャスターを発展させたストラトは非常に高い汎用性を誇ります。
ストラトが苦手とするのは甘く太いサウンドですが、その分野はギブソンのレス・ポールがある。
つまり、テレキャスとストラトとレス・ポールで、大体の音は出せてしまうのです。
だからこれらの定番ギター以外に、需要が発生しにくいのです。
でもこれはあくまでも消費者側の目線であって、メーカー側とすれば、フェンダーはレス・ポールの牙城を崩したいし、ギブソンにしたって同じことでしょう。

FENDER ( フェンダー ) / Classic Player Jazzmaster Special 3CS
FENDER ( フェンダー ) / Classic Player Jazzmaster Special 3CS

ジャズ向けギターとして開発

時は1958年。
当時は今のように多様な音楽ジャンルがある訳ではなく、エレキギターが使用されるのはカントリーミュージックやジャズ、それに誕生して間もないロックンロールが中心でした。
その中でフェンダーのテレキャスやストラトが特に苦戦していた分野が、ジャズでした。
今でこそ、この二機種はジャズでもよく使われていますが、当時は「ジャキジャキ」としたサウンドが敬遠され、音に丸みがあるギブソンのES-175やレス・ポールの方に需要が集まったのです。
そこで、フェンダーの対ギブソンの刺客として世に送り出されたのが、ジャズマスターでした。

1958年と言えばギブソンのES-335やフライングV、エクスプローラーが発売され、レス・ポールのサンバースト塗装タイプが出た年でもありますね。
ギブソンは、何とかストラトの勢いを止めたいし、フェンダーはギブソンの一人勝ち状態だったジャズ分野のシェアを切り崩して行きたい。
この時代は、二大巨頭による火花が散るような激しい競争が、繰り広げられていたんですね。

ジャズマスターの特徴

ピックアップはシングルコイル

フェンダーとギブソンの競争のさなかに登場したジャズマスターは、その名の通りジャズのギタリストが好む音を奏でるべく、ピックアップはギブソンのP-90に似た幅広のシングルコイルタイプが採用されています。
このピックアップは、ストラトなどに使われているものに比べ、コイルの巻き数を多くすることが出来、それによって磁力があがることで出力が大きくなり、甘くパワフルな音になります。
今だったらハムバッカーを使えばいいじゃないかという話ですが、当時ハムバッカーはギブソンによって開発されたばかりで特許も申請中という状況でしたので、フェンダーが採用することは出来なかったのです。

立っても座っても弾きやすいボディ形状

又、ジャズのギタリストは座って弾くことも多いので、そこを考慮して座っても立っても安定するオフセットウエストと呼ばれる左右非対称のボディシェイプが採用されています。
さらに、ストラトキャスターで指摘されていたトレモロユニットによるチューニングの狂いについても改良が施され、シンクロナイズド・フローティング・トレモロという、テールピースが動くタイプ(ビグスビー社のトレモロユニットと同じコンセプト)に変更されています。

独立したプリセット回路

フェンダーのお家芸である、工程の簡略化もさらに突き詰められ、ストラトでは別工程だったジャック部分をピックガードに取りつけ、電装工程のほぼ全てをピックガード裏で完結できるようにしました。
ピックアップ・セレクターははフロント、ミックス(並列)、リアの三種を選択でき、特にフロントには独立したプリセット・トーン/ボリューム回路を持たせ、メインのトーン/ボリュームと瞬時に切り替えられる機能をもっています。
これにより、バッキング向けとソロ向けとで容易に音色を変えることが可能となっています。
1965年のモデルからは指板がラウンド貼りに変更され、コードを押さえやすい仕様にもなっています。

さて、ここまで見ると、良いこと尽くめで悪いところなんか無いように思いますが、ジャズマスターは結局、当初の目的であるジャズへの進出は失敗に終わります。
シングルコイルのピックアップは、ハムバッカーの出力には及ばないし、トレモロユニットも音程の可変範囲が狭く、目玉のプリセット回路もそれほど必要とはされなかったのです。
元々、ジャズには保守的な体質があって、新しいものを取り入れることに消極的ということも災いしたようですね。

“テケテケ”はジャズマスターサウンド

しかし、捨てる神あれば拾う神あり。
日本のエレキブームの火付け役にもなったベンチャーズが、ジャズマスターを使用して一世を風靡したのです。
あの有名な「テケテケ」サウンドは、ジャズマスターの音なんですね。
1970年代にはガレージロックで人気が高まり、フェンダーがCBSの傘下に入った時代には一時生産が中止されるものの、ユーザーの需要が減ることはなく、1986年よりフェンダー・ジャパンが、1999年よりフェンダー・USAが再生産を開始しています。
その後、90年代以降はオルタナティブ・ロック系のギタリストに愛用され、近年ではシューゲイザー系のギタリストにも人気が高いようです。

好みにもよりますが、ジャズマスターやジャガーのルックスって、ストラトなどよりもスタイリッシュでオシャレだと思いませんか?
汎用性という面ではストラトには劣るので、あまり初心者向けではないかも知れませんが、きちんとジャズマスターの特性を理解して使えば、これほどカッコ良いギターはないと思いますよ!
ちゅーか、この記事書いてたら。私もジャズマス欲しくなってきた!(笑)

ジャズマスタータイプのギターを・・・

>>サウンドハウスで探す

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする