エレキギターの基礎知識(ジャガー編)

最高級機種として発売

フェンダー・ジャガーは、1962年に当時のフェンダー最高級機種として発売されました。
名前の由来は、創業者であるレオ・フェンダー氏が大の車好きであったことから付けられたもので、先行して発売されていたジャズマスターをベースに、様々な改良が施されています。

ジャズマスターとの共通点

ジャズマスターとの主な共通点は、

・座って弾いても立って弾いても安定するオフセットウエストと呼ばれるボディ形状。(細部の形状は異なります。)
・シンクロナイズド・フローティング・トレモロの採用
・プリセット・トーン/ボリューム回路の採用

が挙げられます。

ジャズマスターとの相違点

そしてジャズマスターとの主な相違点は、

・ジャガー専用のシングル・ピックアップ
・ネック長がショートスケール
・ピックアップセレクターの仕様(ジャズマスター:トグルスイッチ→ジャガー:ピックアップごとにON/OFFスイッチ+ロー(低音域)カットスイッチ)
・パッド式のミュート機能を搭載

などとなっています。

FENDER ( フェンダー ) / '60s Jaguar Lacquer Fiesta Red
FENDER ( フェンダー ) / ’60s Jaguar Lacquer Fiesta Red

当初ユーザーには受け入れられず

シンクロナイズド・フローティング・トレモロはフェンダーの自信作であったのですが、実はサステインが伸びにくいと言う欠点があるのと、ブリッジの構造的に激しくチョーキングをすると、弦がブリッジから落ちやすいという特性がジャガーにはあって、これは同じ構造を持つジャズマスターにも共通する欠点です。
ただ、ジャガーの場合はネック長がショートスケールである為に弦の張力が弱く、よりサステインが伸びにくく弦落ちもしやすい傾向があります。
弦落ちはブリッジのパーツを変えれば解決できますが、サステインが伸びない点はいかんともしがたい。
時代の流れは、より音が伸びやかになる方へと移って行ったので、結果的にジャガーは不人気機種というレッテルを貼られることになります。
パッド式のミュート機能も、ブリッジとは異なる場所でミュートする形であったため、使用すると半音ほど音が高くなってしまい、不評であったことも少なからず影響したようですね。
結局ジャガーは、1975年には生産中止に追い込まれてしまいます。

カート・コバーン使用で大復活

しかし、ザ・ビーチ・ボーイズのカール・ウィルソンや、日本ではブルージーンズ結成当時の寺内タケシや加瀬邦彦が使用していたことなどもあり、地味ながらも復活を望む声は根強かったようで、1986年にはジャズマスターと共にフェンダー・ジャパンが復刻させています。(このモデルは、ミュート機能は省かれていました。)
そして、90年代になりニルヴァーナのカート・コバーンが使用したことで、ジャガーの人気に火が付きます。
彼が使用していたジャガーは65年製のもので、ピックアップをハムバッカーに換装し、ブリッジもレス・ポールなどに使用されているチューン・O・マチックに変更するなどの改造が施されていましたので、オリジナルのジャガーとは大分違った仕様にはなっていましたが、それでもジャガーの存在をユーザーに再認識させるには十分なインパクトがありました。
これによりオルタナ、グランジ界で人気機種となったジャガーは、ついに2000年、フェンダー・USAでもリイシューが発売されることになり、完全復活を果たします。

シャープなサウンド

見た目が良く似ているのでジャズマスターと混同されがちなジャガーですが、実はサウンドのキャラクターは、ジャズマスターとはかなり異なっています。
ジャズマスターがレス・ポール寄りの甘いサウンドを奏でるのに対し、ジャガーはストラトをさらにシャープにさせたエッジが立った音を出します。
一音一音がハッキリとしており、非常に澄んだ音でありながら、金属的で荒々しい側面も併せ持っていいて、ジャズマスターとは顔がそっくりで、性格が正反対の兄弟みたいな関係になりますね。

ネック長がショートスケールとなっている点は、女性や非力な方でも弾きやすいというメリットがありますが、少々手のかかるギターですので、やはりある程度経験のある方向けのモデルでしょう。
コード弾きには非常に適したギターですので、ボーカルの人向けとも言えます。
カッコいいギターですから、目立つことは間違いない!

ジャガータイプのギターを・・・

>>サウンドハウスで探す

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする