エレキギターの基礎知識(ES-335編)

世界初の量産セミアコースティックギター

ES-335は、1958年にギブソンが発売した、世界初の量産セミアコースティックギターです。
1958年のギブソンと言えば、フライングVやエクスプローラーが発売された年でもあり、サンバーストカラーのレス・ポールが登場したタイミングでもあります。
つまりこの年は、ギブソンにとって色々な意味でスタートだった年なんですね。

GIBSON ( ギブソン ) / 1963 ES-335 Block Reissue Faded Cherry

GIBSON ( ギブソン ) / 1963 ES-335 Block Reissue Faded Cherry

フルアコとセミアコの違い

ここで、セミアコースティックギター(セミアコ)とフルアコースティックギター(フルアコ)のざっくりとした違いを書いておきますと、まずセミアコとかフルアコとかいう分類は、アコースティックギターに対してのものではなく、エレキギターにおける分類だということです。
ややこしいですね。(苦笑)
フォークギターやクラシックギターのなどのアコースティックギター(アコギ)は、そもそもセミだとかフルだとかいう分け方はしないのです。
なぜなら全部フルだから。(笑)
ちなみに、いわゆるエレアコ(エレクトリック・アコースティック)は、アコギにピックアップを取り付けたという定義になりますので、一般的にはエレアコをエレキギターに分類することはありません。

フルアコは完全空洞

フルアコというのは、基本的にはエレキギターでありながら、ボディ内部が完全に空洞になっているもののことを言います。
ボディの厚みもアコギに近く、生音の鳴りも意識した作りとなっていて、アンプを使わずに演奏してもある程度の音量を出すことが出来ます。
つまり、エレキギターでありつつも、アコギのような使い方も出来るのがフルアコなんですね。
フルアコの代表的なモデルとしては、ギブソンのL-5やES-175、グレッチの6120ナッシュビルなどが挙げられます。

セミアコは一部ソリッド

これに対して、セミアコと言うのは、ボディ内部が一部ソリッド構造になっているものを指します。
多くはセンターブロックと呼ばれる、ボディの空洞を真ん中で二つに分ける構造を持っていますね。
ボディ内部が完全に空洞ではないので、生音の鳴りを意識してはおらず、ボディの厚みも基本的に薄くなっています。
生音の鳴りを意識しないのにボディ内部に空洞があるのは、フルアコのような甘い響きを持たせるという目的のためで、これによりセミアコは、ソリッドギターよりも柔らかく甘い音を奏でることが出来るんですね。
なお、エピフォン・カジノに代表されるような、ボディ内部が完全に空洞でありながら、ボディの厚みが薄いギターもあるのですが、これは内部が完全に空洞かどうかを基準にするならフルアコ、生音の音量を意識しているかどうかを基準にするならセミアコという事になります。

ES-335の基本仕様

ということで、話をES-335に戻しますね。
ES-335は、初のセンターブロック構造を持つ量産セミアコであり、フルアコの音色をある程度再現しながら、フルアコの欠点であったハウリングをかなり抑制することに成功しています。
従って、フルアコよりも強く歪ませることが出来、サウンドの幅が広くなっています。
これまでに様々な仕様のモデルが販売されていたため、一概には言いにくいのですが、基本的な仕様は2ハムバッカー搭載で、メイプルボディにローズ指板、マホガニーセットネック、チューン・O・マチックブリッジ、2ボリューム2トーンとなっています。
又、レス・ポールと共通のネックと電装回路を持っているので、実質的にレス・ポールのセミアコ版とも言え、その音色を比較するのも大変興味深い。
一番比較しやすい例としては、ラリー・カールトン氏(ES-335)とB’zの松本孝弘氏(レス・ポール)が共演している”TAKE YOUR PICK”というアルバムで、このアルバムはグラミー賞も受賞していますので、興味を持った方はぜひ聞いてみてください。

TAKE YOUR PICK

カスタムショップ製とメンフィス製

現在のES-335は、カスタムショップ製のものと、ギブソンのセミアコブランドであるメンフィスからリリースされているものがあります。
カスタムショップ製は、1959年製モデルを復刻したES-335 Dot Reissueと1963年製モデルを復刻したES-335 Block Reissueの2タイプがレギュラー品としてラインナップされています。
ES-335 Dot Reissueは、太めのネックにドットインレイ、カスタムバッカーというPAFのレプリカタイプのPUを搭載しています。
これに対し、ES-335 Block Reissueは、スリムタイプのネックにブロックインレイ、PUはバーストバッカーを搭載しています。

メンフィスからは、多くのバリエーションがリリースされており、ボディ表面に化粧板を使った”Figured”タイプや、ビグスビーのトレモロユニットを搭載したモデルなどもリリースされているほか、B.B.キングのシグネチャーモデルで、Fホールがない点が特徴的な”Lucille”もラインナップされています。

ギブソン製のES-335はどれも高価ですので、正直言ってなかなか手が出にくいのですが、エピフォンからは廉価モデルである”Dot”がリリースされていて、こちらは5万円以下で購入することが出来ます。

71lISaW-GQL._SL1500_

Epiphone Dot Natural ドット セミアコ エレキギター (エピフォン)

ES-335タイプのギターを・・・

>>サウンドハウスで探す

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする