初めて買うエレキギターって、何を選べばいいの?(その3)

ギターを選ぶときって、ルックスや弾きやすさも重要だけど、お値段も非常に重要なポイントですよね。
予算の範囲内で出来るだけ良い物を買いたい、誰だってそう思うはずです。
特にエレキギターには木材が使われているので、個体差が結構ある製品です。
パソコンみたいに、同じ型番のものならどれでも同じ性能というわけではないのです。
必ずしも、高いギター=良いギターとはならないところが、なかなかに難しいところですね。
そこで、ここでは品質に定評があるギターメーカーを、予算別に見ていきたいと思います。

購入時の注意点

ただ、その前に、一つだけ注意点があります。
それは、エレキギターは、ギター本体だけでは楽器として成立しない、という事です。
ギターから音を出すのに、アンプとシールドは絶対に必要ですし、その他にもチューナーやストラップ、ギタースタンド、ギターケース(ソフトケースだと、大体ギターに付属しています)なども買わないといけません。
教則本や、消耗品である弦やピックの費用も考えておいた方がいいでしょう。
ギター本体だけでも、基礎練習程度であれば出来なくはないですが、やはりエレキギターはアンプから音を出してナンボの楽器ですからね。
なので、ギターを初めて購入する際には、これらの付帯品も予算に入れて考えておきましょう。

高いギターほど弾きやすい?

とりあえず、ここでは基本的に高価なギターは対象外にしています。
最初に良い物を買っておかないと変な癖がつくから、有名メーカーの高級品を買うべきだという意見もあるでしょう。
反対に、最初からギターの良し悪しなんて分かる訳ないし、高いギターを買って宝の持ち腐れになるくらいなら、安いギターで始めた方がいい、という意見だってあります。
これは、どちらも間違ってはいないと思います。
予算に余裕がある人や、メーカーや音にこだわりがある人などは、高いギターから入っても何ら問題はないと思います。
ですが、私はどちらかというと、後者の意見なんです。

その1でも書きましたが、楽器というのは上達するのに時間がかかるものです。
高いギターを買ったからと言って、すぐに上手くなったりはしません。
しっかりとした練習を積み重ねていかないといけないのです。
でも、その過程で飽きてしまう事だって十分にあり得ます。
折角買った高価なギターが、単なる部屋のオブジェになってしまうかも知れないのです。
だから、ある程度ギターを弾き込んで、それなりに続けられることがわかってから、高価なギターを購入しても決して遅くはないと思います。

それに最近は、安価なギターでも、変な癖がつくということはあまりないと思います。
少し前までは、安ギターは劣悪な品質のものが多く、ネックは反りまくるわ、チューニングは狂いまくるわで、楽器としてロクに使えないことが多かったのですが、最近は品質レベルもかなり向上し、比較的ちゃんとしたものが揃っています。

という事で、ここでは比較的リーズナブルな値段でギター販売しているメーカー(ブランド)をご紹介していきますね。

予算別ギターブランド

・2万円以下

この価格帯のギターにはあまり多くを期待できません。
確かに以前より品質は良くなってきていますが、それでも値段が値段なので限界があります。
完全に練習用と割り切ることが前提となりますが、PLAYTECH(プレイテック)、Photogenic(フォトジェニック)、Legend(レジェンド)あたりが、安ギターブランドの代表格です。
あと、個人的にはBacchus(バッカス)のユニバースシリーズもオススメ。
バッカスは、丁寧な作りで定評のあるギターブランドですので、安心して選ぶことが出来ます。
PLAYTECH ( プレイテック ) / LP-400 Flame Top Lemon Burst
PLAYTECH ( プレイテック ) / LP-400 Flame Top Lemon Burst

この価格帯のギターを・・・

>>サウンドハウスで探す

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す


・2万円~5万円

この価格帯は、スクワイアやエピフォンのラインナップが充実しています。
ストラトやテレキャスならスクワイア、レスポールやSGならエピフォンのギターをチョイスするのが良いでしょう。
国内ブランドでは、ESP傘下のGrassroots(グラスルーツ)なんかもこの価格帯ですね。
へヴィメタ好きの人なら、Ibanez(アイバニーズ)の低価格帯品もオススメの選択肢です。
SQUIER ( スクワイヤ ) / AFFINITY STRATOCASTER BK
SQUIER ( スクワイヤ ) / AFFINITY STRATOCASTER BK

この価格帯のギターを・・・

>>サウンドハウスで探す

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す


・5万円~7万円

初心者向けとしては、十分な性能を持つギターが揃う価格帯で、各社のラインナップも充実してきます。
特に、スクワイアやエピフォンの上位モデルは、非常に良い作りになっていますので、オススメ!
SQUIER ( スクワイヤ ) / Classic Vibe Stratocaster '50s 2-Color Sunburst
SQUIER ( スクワイヤ ) / Classic Vibe Stratocaster ’50s 2-Color Sunburst

この価格帯のギターを・・・

>>サウンドハウスで探す

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す


・7万円~10万円

初心者向けギターという括りで考えると、この価格帯が最上位と言えます。
ここでオススメなのは、何と言ってもPRS(ポール・リード・スミス)のSEシリーズ。
初心者向けギターの最高峰とも言われるほどで、ライブでの使用も全く問題なし。
きっと長く使い続けられる一本になるでしょう。
私も欲しいw
Paul Reed Smith(PRS) ( ポールリードスミス ) / SE Floyd Custom 24 Vintage Sunburst
Paul Reed Smith(PRS) ( ポールリードスミス ) / SE Floyd Custom 24 Vintage Sunburst

この価格帯のギターを・・・

>>サウンドハウスで探す

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す


他にもギターブランドは沢山ありますが、手に入りやすさなども考慮して、上に挙げたギターブランドに絞ってみました。(PLAYTECHに関しては、通販大手のサウンドハウスのブランドですので、店頭では販売していないと思いますが)
購入方法としては、まずは楽器屋さんで実物を手に取ってみてから買うのが一番良いと思いますが、品揃えが豊富という意味では通販もあなどれない面があります。
通販でも、出荷前に独自にしっかり検品してくれるところもあり、そういうちゃんとしたところから購入すれば新品からネックが反ってたりするような不良は少ないと思いますよ。

ギターは、弾けば弾くほど愛着が沸いてくるものです。
貴方の希望通りのギターが見つかることを祈っています!

さてさて、次はアンプ選びについてのお話をする予定です。
アンプも実は結構重要なアイテムなんですよ~~。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする