おすすめのエフェクター(ワウ編)

ワウとは?

ワウというエフェクターは、ペダル式の「ワウ・ペダル」と通常のコンパクトエフェクターの形になっている「オートワウ」の二種類があり、ペダル式の方が主流となっています。
効果としては、ペダルを踏みこめば高音域がブーストされ、反対にペダルを戻せば高音域がカットされて中低音域が強くなって、「ワウワウ」という感じのうねったようなサウンドを生み出すことが出来ます。
音を部分的にブーストさせたりするので、イコライザーの一種と言う事も出来ますね。

JIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) / GCB-95 CRYBABY WAH WAH

ワウの使い方

ワウは、その特性を生かして様々な使い方が出来るのですが、弾いている音に合わせて踏むというのが基本となります。
例えば、チョーキングに合わせてペダルを踏み込んだり、カッティング時にリズムに合わせて踏むことでより音に抑揚をつけたり、といったような使い方が多いですね。
フィードバック奏法を行うときも、ペダルを踏むとフィードバックが起きやすくなり、戻すと抑えらるので、ワウで自在にコントロールすることが出来ます。
もちろん、ワウを使いこなすには慣れが必要ですが、演奏の表現力を大きくアップさせることができますので、是非手に入れておきたいペダルですね。

ワウの接続位置

ワウを接続する位置は、ギターの直後に接続する場合と、歪み系ペダルの後ろに接続する場合とがあります。
歪み系ペダルの後ろの方がワウのかかり方は強くなりますが、ギターの生音にワウを入れるのと、歪みエフェクトをかけた音にワウを入れるのとでは違った変化になりますので、実際に試して好みの方をチョイスするようにしましょう。

管理人オススメのワウ8選

JIM DUNLOP/GCB-95 CRYBABY WAH WAH

JIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) / GCB-95 CRYBABY WAH WAH
JIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) / GCB-95 CRYBABY WAH WAH

VOX V847と並んで定番中の定番ワウと言われるのがこのGCB-95クライベイビー。
実はクライベイビーというワウは元々VOXが生産していたペダルだったのですが、その後に会社が分かれたり権利が譲渡されるなどの紆余曲折を経て、現在はJim Dunlop社が権利を保有しています。
ペダルの踏みしろが大きめで、その分足の動きが大きなってしまうのですが、音の変化量も大きいのでロック向きのペダルとして高い人気を誇っています。
実売価格は1万円弱くらい。

VOX/V847 Wah Pedal

VOX ( ヴォックス ) / V847-A
VOX ( ヴォックス ) / V847-A

こちらもド定番のワウペダルです。
ワウというのはVOX社のアンプAC-100″Super Beatle”を改良しているときに偶然生み出されたと言われていますので、VOX社はワウの本家とも言えますね。
その本家で最も高い人気を誇っているのがこのV847 Wah Pedalで、その高い耐久性により世界中のギタリストに愛されているペダルです。
実売価格はACアダプターとセットで1万円弱程度と、とてもリーズナブル。

VOX/V846-HW Wah Pedal

VOX ( ヴォックス ) / V846-HW
VOX ( ヴォックス ) / V846-HW

VOX社が本気を出した高品位ワウペダル。
V846というのは、あの伝説のウッドストック・フェスティバルでジミ・ヘンドリックスがアメリカ国歌を演奏した時に使用したと言われている歴史的名機なのですが、このV846-HWはそれを現代の技術で蘇らせた逸品。
プリント基板を一切使用せず、熟練した職人の手作業による芸術的なハンド・ワイヤード配線と選び抜かれたパーツによって回路が構成されており、まさに究極とも言えるペダル。
トゥルー・バイパス仕様になっており、音痩せの心配もありません。
実売価格は1万5千円くらい。

BOSS/AW-3

BOSS ( ボス ) / AW-3
BOSS ( ボス ) / AW-3

こちらはコンパクトエフェクタータイプのオートワウの定番品。
ピッキングごとに反応するピッキング・ワウ、周期的に変化するオート・ワウなど5つのモードや、ヒトの声のような効果を付与できるヒューマナイザーという機能を搭載しており、多機能という面では他の追随を許しません。
外部ペダルを接続することでワウペダルとして使用することも可能。
実売価格は1万円強程度。

MXR/MC404 CAE Wah

MXR ( エムエックスアール ) / MC404 CAE Wah
MXR ( エムエックスアール ) / MC404 CAE Wah

Custom Audio ElectronicsとMXRのコラボレーションによる高品質ワウペダル。
2つのインダクターを切り替えることでサウンドキャラクターを選択できるようになっており、多彩なトーンバリエーションを実現。
MXR MC-401 Boostと同等のブースターを搭載していたり、トゥルーバイパス仕様になっていたりと、使い勝手も非常に良いペダルです。
実売価格は2万円前後。

FULLTONE/CLYDE WAH DELUXE Black

FULLTONE ( フルトーン ) / CLYDE WAH DELUXE Black
FULLTONE ( フルトーン ) / CLYDE WAH DELUXE Black

世界初のワウペダルVOX Clyde McCoyの復刻を目指して作られた高級ペダル。
3種類のモード切替、10段階の可変ゲインコントロールを搭載し、一切の妥協なく仕上げられた最強モデルです。
当然、トゥーバイパス仕様。
ただし値段も最強クラスで3万~4万円前後。

IBANEZ/WD7

IBANEZ ( アイバニーズ ) / WD7
IBANEZ ( アイバニーズ ) / WD7

安定した動作の光学方式ペダルです。
好きなペダルの角度でエフェクトのオン/オフが行えるFOOT SW.モードと、ペダルを踏み始めると自動的にエフェクト・オンになり、足を離せば自動的にオフになるAUTO SW.モードが選べるようになっており、抜群の操作性を誇ります。
デザインもクールでカッコイイ!
実売価格は1万円強。

MORLEY/STEVE VAI BAD HORSIE 2

MORLEY ( モーリー ) / STEVE VAI BAD HORSIE 2
MORLEY ( モーリー ) / STEVE VAI BAD HORSIE 2

スティーヴ・ヴァイとの共同開発によって生まれたペダル。
このモデルは、ベースモデルとなったVAI-1に、コンツァーワウ・セクションという周波数帯域を調整するフリークエンシーと音量を調整するレベルコントロールにより2種類のワウ・サウンドが使用可能になる機能を追加しています。
光センサーを使用することでガリやノイズを一切排除し、踏んだ瞬間にオンとなるため操作性はバツグン。
スティーヴ・ヴァイモデルという事でヘヴィメタル向きのサウンドになるイメージですが、実はとても汎用性の高いモデルでもあります。
実売価格は2万円弱。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする