おすすめのコンパクトエフェクター(オーバードライブ編)

エフェクター関連の記事も、今回で四回目となります。
徐々に、泥沼の世界に足を突っ込み始めた気がするw

以前書いた「奥が深いエフェクターの世界(超基礎編)」では、それぞれのエフェクターについて簡単に説明しましたが、ここからはもうちょっとそれを掘り下げて、具体的にどのエフェクターを買えばいいのか、定番の製品をご紹介していきたいと思います。
ということで、まずは一番ポピュラーなペダルである、オーバードライブからスタートです。

管理人オススメのオーバードライブ5選

1.BOSS(ボス) SD-1 SUPER OverDrive

サウンドハウスで見る
1977年に発売された、BOSS初のコンパクトエフェクターである名機OD-1と同じDNAを持つエフェクター。
メーカーによると、OD-1と同じ非対称オーバードライブ回路を採用し、絶妙なピックキング・ニュアンスはそのままに、甘くマイルドな歪みをつくれるとの事です。
実は、このSD-1自体もかなり歴史が長く、発売されたのはなんと1981年。
元祖OD-1と、たった4年しか変わりません。
OD-1との回路的な違いは、トーンコントロールが付いていることと、コンデンサの容量だけなので、まさにOD-1直系と言えますね。
ちなみに、BOSSのコンパクトエフェクターの中で、今現在も”-1”(”-1X”などは別として)の品番が残るのは、このSD-1とディストーションDS-1の二つだけになります。
それだけ定番品ということなんですね。
値段も、税込み9000円程度とリーズナブルに抑えられているところも、人気の理由です。

このエフェクターの詳細を・・・

>>サウンドハウスで見る

>>アマゾンで見る

>>楽天で見る


2.BOSS(ボス) OD-3 OverDrive

サウンドハウスで見る
こちらも名機OD-1の流れをくむ、定番エフェクター。
SD-1はOD-1の改良型という位置づけですが、このOD-3は正統後継機ということになります。
1997年に登場したOD-3は、デュアルステージ・オーバードライブ回路という新開発(当時)の回路が搭載され、操作性のシンプルさを維持しつつも、OD-1よりもはるかに複雑な回路構成に進化しています。
美しい倍音と図太い低域、粘りのあるサステインが特徴ですね。
値段的にもSD-1と同価格帯の、税込み9000円前後。
コード・カッティング、リフからソロまでオール・ラウンドに使えるエフェクターです。

このエフェクターの詳細を・・・

>>サウンドハウスで見る

>>アマゾンで見る

>>楽天で見る


3.BOSS(ボス) BD-2 BluesDriver

サウンドハウスで見る
OD-3と共にオーバードライブの定番中の定番と言えるのがこのペダル。
ピッキングニュアンスの追従性が非常に優れていると評判で、クリーンから心地よい圧縮感のサステインまで表現することが出来ます。
ブルースと名前が付いていますが、ブルースだけでなくゲインを上げてのハードなロック・サウンドまで多彩に使えるので、トータルバランスの優れたオーバードライブと言えます。
お値段も上の二つと同等レベルの9000円程度で、リーズナブル。
いわゆるブティック系エフェクター(小規模工房で製作される、ハンドメイドの高級品)と比べても、遜色のない逸品です。

このエフェクターの詳細を・・・

>>サウンドハウスで見る

>>アマゾンで見る

>>楽天で見る


4.Ibanez(アイバニーズ) TS9 Tube Screamer

サウンドハウスで見る
オーバードライブの代名詞とも呼べるTS9 チューブスクリーマー。
このペダルも歴史が古く、発売されたのは1982年の事でした。
BOSSのSD-1と肩を並べる、まさに歴史的名機。
1979年に発売されたオーバードライブペダルの草分け的存在であるTS808の後継機として登場したTS9は、実は歪み系でありながら、それほど歪まないペダルなのです。
しかし、その独特の粘りのある音には定評があり、あのスティーヴィー・レイ・ボーンが愛用していたことでも有名です。
彼は、あまり歪まないと言われるチューブスクリーマーを、二つ繋いで独自の世界を生み出していました。
また、原音を大きく歪ませることなく中域を持ち上げることが出来るので、ブースターとして使うアーティストも多いようですね。
気になるお値段は9000円強と、これもリーズナブル。
チューブスクリーマーを抜きに、オーバードライブを語ることは出来ない、そういっても過言ではない名機です。

このエフェクターの詳細を・・・

>>サウンドハウスで見る

>>アマゾンで見る

>>楽天で見る


5.ARION(アリオン) MTE-1

サウンドハウスで見る
このMTE-1はいわゆるTS(チューブスクリーマー)系ペダルになります。
従って、ブースターとして使用すると、その性能が最大に発揮されます。
しかし、何といってもこのペダルの最大の特徴は、その激安プライス。
何と4000円弱という値段から売っていて、お金があまりない学生さんに超オススメです。
TSと似た回路構成になっているため、改造して中身をTSと同じにするという裏技を使う人もいるようですね。

このエフェクターの詳細を・・・

>>サウンドハウスで見る

>>アマゾンで見る

>>楽天で見る


オーバードライブは最もポピュラーなエフェクターであるため、メーカー間の競争も激しく、製品ラインナップも実に様々。
サウンドも各社それぞれに特徴があり、興味を持って入って行くと、どこまでも深みにハマります。
オーバードライブ一つとってみても、底が見えないほどの奥深さがあるんですね。
上に挙げたペダルは、定番品と呼ばれるものばかりですので、特徴をしっかり理解して選べば、失敗するということは無いと思いますよ!

さあ、次はディストーションの世界に行ってみますね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする