おすすめのコンパクトエフェクター(フランジャー編)

今回は、オススメのフランジャーをご紹介します。

フランジャーは、ジェットエンジンのような激しく刺激的なサウンドが特徴的なペダルです。
フランジャーを使用するアーティストの中で、最も有名なのが、かのエドワード・ヴァン・ヘイレン。
ヴァン・ヘイレンの初期の曲にはフランジャーが多用されていますね。

管理人オススメのフランジャー4選

1.BOSS(ボス) BF-3 Flanger

サウンドハウスで見る
またBOSSか!と言われそうですが、そうですBOSSです。(笑)
スタンダード、ウルトラなど4つのモードを搭載し、定番ジェットサウンドを再現するとともに、これまでにない新しい強烈なインパクトのフランジング・サウンドをも生み出すことができるデジタルフランジャー。
ギター/ベースそれぞれ専用インプットを装備していて、ベース用としても最適化されています。
お値段は、1万2千円くらい。

このエフェクターの詳細を・・・

>>サウンドハウスで見る

>>アマゾンで見る

>>楽天で見る


2.TC ELECTRONIC(ティーシーエレクトロニック) Vortex Flanger

サウンドハウスで見る
TC社の次世代デジタルフランジャー。
コーラス編でご紹介したCorona Chorusと同じコンセプトのペダルですね。
従って、Corona Chorusと同様に、Tone Printというエフェクト設定をネット配信するサービスを利用することができ、スマホ連動で有名アーティストのサウンド設定が簡単に手に入ります。
フランジャーという名称は、2台のテープ・レコーダーの一方のテープ・フランジ(テープ・リールの縁)に手を添えるなどして遅延を与えた効果に由来するのですが、このVortex Flangerは、その古典的な揺らぎ音から、ジェット機の離陸並みの派手な効果まで幅広く対応することができます。
又、デジタルエフェクターでありながら、原音はデジタル変換されないため、アナログの温かみもしっかり感じられる逸品です。
価格は1万4千円程度から販売されています。

このエフェクターの詳細を・・・

>>サウンドハウスで見る

>>アマゾンで見る

>>楽天で見る


3.MXR(エムエックスアール) M117R FLANGER

サウンドハウスで見る
ランディー・ローズやエドワード・ヴァン・ヘイレンが使用したことで有名なアナログフランジャーの名機。
エグいほどのジェットサウンドを生み出すことが出来る一方で、コーラス/フェイザー系の軽やかな音にも対応できる幅広さが魅力。
アナログフランジャーとしてはイチオシです。
お値段は、2万円前後と少々しますが、性能はそれ以上の価値がある!

このエフェクターの詳細を・・・

>>サウンドハウスで見る

>>アマゾンで見る

>>楽天で見る


4.TC ELECTRONIC(ティーシーエレクトロニック) Vortex Mini Flanger

サウンドハウスで見る
上の三つはどれも1万円以上するので、ちょっと値段的にきついなぁという人もおられると思います。
そんな方には、約9千円で販売されいてる、こちらのペダルはどうでしょうか。
Vortex Flangerをコンパクトサイズ化したものですが、ディレイ・タイムのツマミが省略されている以外は基本的に同等性能。
もちろん、Tone Printも利用できますよ!

このエフェクターの詳細を・・・

>>サウンドハウスで見る

>>アマゾンで見る

>>楽天で見る


以上が、オススメのフランジャーです。
フランジャーは、コーラスほどメジャーなエフェクターではありませんので、どうしても価格的に少し高くなる傾向がありますね。
使い方としては、ずっとかけっぱなしにするのではなく、ここぞというところでガツンといくのが効果的だと言われています。

お次は、フェイザー編!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする