圧巻!スタジオクオリティのストンプペダル群がスゴイ!(Eventide編)

ハーモナイザーとくればEventide

Eventide社は、1971年に創設されたアメリカ・ニュージャージー州に本拠を置く会社で、主に放送やレコーディング用のデジタル・オーディオ・プロセッサ、DSPソフトウェア、エフェクターを手掛けているメーカーです。
1975年に発売されたH910というハーモナイザー(ハーモナイザー(Harmonizer)は同社の商標)が大ヒットしたことで、認知度が一気にアップしたブランドですね。
H910はフランク・ザッパやデヴィッド・ボウイ、エディ・ヴァン・ヘイレンなど多くのプロアーティストたちが使用していますが、特に有名なのはAC/DCの代表作であるアルバム「Back in Black」の中でスネアドラムのエフェクトとして使用された事でしょう。

EVENTIDE ( イーブンタイド ) / TimeFactor

ラックマウント型エフェクターの雄

さらに1987年に発売されたハーモナイザー「H3000」はH910を上回る大ヒット作となり、歴史的名機として多くのミュージシャンが愛用。
ギタリストではフランク・ザッパの門下生でもあるスティーヴ・ヴァイが、彼の代表作「Passion and Warfare」を始めとする数々の作品で使用していたことは非常に有名な話です。
現行のスタジオ用ラックマウント型エフェクターは、H3000の流れをくむH8000FWというこれまた伝説的人気モデルがフラッグシップモデルとなっていますが、この記事を書いている直前の2017年10月18日には最新型のH9000が発表されており、どうやらモンスター級の性能を持つと評判になっているようですね。

Eventideの主なストンプ・ペダル

まあ、超高性能なサウンド・プロセッサーなんていう代物は、一般のアマチュアギタリストにとってはそうそう購入する機会がある訳でもないので、詳しい説明は省く(私自身がよくわかってないし(笑))として、ここではもっと身近なところでEventide社のストンプタイプのエフェクターをご紹介してみたいと思います。

・TimeFactor

EVENTIDE ( イーブンタイド ) / TimeFactor
EVENTIDE ( イーブンタイド ) / TimeFactor

2007年に発売されたハイエンド・デジタル・ディレイの定番機。
BOSS DD-500やstrymon TIMELINEなどと並んで、デジタル・ディレイの最高峰を争う高性能モデルです。
2系統の独立したディレイを設定でき、その2つのディレイをブレンドすることも出来るため、とても個性的なサウンドを作り出すことが出来ます。
音質が非常にクリアなことも特徴ですね。
多くのプロミュージシャンが使用する名機です。

・PitchFactor

EVENTIDE ( イーブンタイド ) / PitchFactor
EVENTIDE ( イーブンタイド ) / PitchFactor

Eventideはハーモナイザーによって一世を風靡したブランドであり、ハーモナイザー系のエフェクターに関しては、歴史的にも実績的にも右に出るものはないと言っても過言ではありません。
そしてこのPitchFactorは、そのEventideが長年のノウハウをストンプタイプのエフェクターに詰め込んだ、渾身の一作。
当然、ストンプタイプのハーモナイザーとしては最高峰。
10種類のステレオ/モノラルピッチシフトエフェクトとディレイを搭載し、伝説のEventide H910/H949のサウンドをはじめとして、幻想的で独創的な数々のハーモニーエフェクトを収録しています。
価格的には決して安くはありませんが、プロの厳しい要求にも完璧に対応する、ハーモナイザーの決定版です。

・Space

EVENTIDE ( イーブンタイド ) / Space
EVENTIDE ( イーブンタイド ) / Space

空間系エフェクトを得意とするEventideのリバーブ・ペダル。
12種類のリバーブエフェクトを搭載していますが、これらは全てウン十万円もする高価な同社製プロ用システムの「H8000FW」や「Eclipse V4」からセレクトされたエフェクト群であり、最高級のサウンドをストンプ・ペダルによって実現しているのです。
かつてラック型システムでしか実現出来なかった至高のエフェクトが、ここにある!

・ModFactor

EVENTIDE ( イーブンタイド ) / ModFactor
EVENTIDE ( イーブンタイド ) / ModFactor

フェイザー、フランジャー、コーラスなど10種類のモジュレーション系エフェクトを搭載したペダル。
そして、そのそれぞれのエフェクトを10個のノブによって細かく設定できるようになっています。
MIDIによるコントロールに対応、2バンク×10のプリセット機能、ギター/LINEレベルに対応など、非常に多機能なモジュレーション・ペダルで、Eventideの名に恥じない高機能ぶりを見せつけてくれます。

・H9 MAX

EVENTIDE ( イーブンタイド ) / H9 MAX
EVENTIDE ( イーブンタイド ) / H9 MAX

地上最強とも言われるモジュレーション・空間系ペダル。
上でご紹介したTimeFactor、ModFactor、PitchFactor、Spaceはどれも高い評価を獲得しているペダルですが、このH9 MAXを筆頭とするH9シリーズは、その4機種全てのアルゴリズム(+H9オリジナルアルゴリズム)をインストールできるのです。
要は、「全部乗せ」なんです。
これはもう究極と言わざるを得ませんよね。
なお、グレードとしてはH9 MAX、H9、H9 Coreの3機種が存在しますが、ハードウェア的には三つとも同じものです。
では何が違うのかというと、初期状態でH9 MAXはH9用にリリースされているアルゴリズムを全て無料で使用でき、H9は人気の高い9種類のアルゴリズムが無料で利用可能、そしてH9 Coreはごく一部のアルゴリズムが使用可能のみという風に分けられています。
また、H9シリーズは合計5台までアルゴリズムを共有できるようになっており、H9 MAXが一台あれば、追加4台(合計5台)までMAXと同じ仕様にすることが出来ます。
従って、H9 Coreなんかは追加購入用ということになりますね。
価格はそれなりにしますが、その圧倒的な機能を考えれば、むしろ安い!


以上が、Eventide社の主なエフェクター・ペダルになります。
どのモデルもスタジオクラスのクオリティを持ち、プロの愛用者も沢山います。
ワンランク上のエフェクター・ペダルを探すなら、Eventideはオススメですね!

Eventideのエフェクターを・・・

>>サウンドハウスで探す

>>アマゾンで探す

>>楽天で探す

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする