ギターシールドって実はかなり重要なんです

今回は、ギターとアンプを接続するシールドに関するお話です。

ギターシールドって、これがないとエレキギターとして機能しないのに、意外と気にしてる人が少ないという話を聞いたことがあります。
初心者の人の中には、ギターを買った時に付属しているシールドを、そのまま使い続けている人も多いんじゃないでしょうか。
しかし、特に安価なギターに付属しているようなシールドだと、品質的にあまりいいものではないことが多く、ちゃんとギターの音をアンプに伝えているとは言い難いのです。
私も最初にギターを買った時は、とりあえず付属のシールドを使っていましたが、後日ちゃんとしたものに変えた時に、私の耳でもハッキリと違いが感じられ、その差に驚いた記憶があります。
たかがシールドと、あなどってはいけないという事ですね。

ということで、今回はシールド選びのポイントと、オススメのシールドをご紹介していきますね。
まずは、シールドを選ぶときの注意点について。

シールドを選ぶときの注意点

・シールドの長さ

自宅練習用なら、3m程度あれば問題ないと思います。
ライブでの使用も考えるなら、5~7mくらいあった方がいいですが、長くなれば値段も高くなるし、同じシールドでも長さが変われば音が違って聞こえたりもします。
出来るだけ、目的や演奏スタイルに合った長さのものをチョイスしましょう。

・端子の形状

シールドの端子形状には、真っすぐなS型端子と、直角に曲がったL型端子の二種類があります。
これもギター側とアンプ側のそれぞれの接続状態を考えて、余計な力がかかりにくい方を選ぶようにしましょう。
一般的に、アンプへの接続部分はL型端子のほうが負荷がかかりにくいと言われています。

・値段

シールドの値段はピンキリですが、最低でも3mで1000円以上のものを選ぶようにしましょう。
1000円未満のものは、値段なりの音しか出ないと思っておいた方がいいかもです。

上記の点を踏まえつつ、オススメのシールドを以下に挙げていきますね。

オススメのギターシールド

1.CANARE(カナレ) G03


日本の放送・通信用ケーブルメーカーであるカナレ電気の定番ギターシールド。
楽器本来の音を再現するフラットな音質特性で、プロの人たちも多く愛用している人気商品です。
値段的にも3mで1500円前後とリーズナブルな設定。
ここは元々業務用のケーブルを製造しているせいか、一般消費者から見るとかなり細かく製品の型番が設定されていて、どれを買えばいいのか、ちょっとわかりにくい時があります。
LC03という型番の製品もあるのですが、これはG03と梱包形態が違うだけで中身は同じもの。
03という数字は、長さを示すようです。
なので、G05なら長さが5mになるという事ですね。
さらにG03というのは、GS-6という型番のケーブルにF-15という型番のフォンプラグを両端に使用した長さ3mのシールドを指します。
ケーブルのみのときと、シールド用に加工されたものとで名称が違うのです。
通販ショップなどでは、これらの型番が混在して表示されていて少々ややこしい場合があるので、注意してくださいね。

このシールドの詳細を・・・

>>サウンドハウスで見る

>>アマゾンで見る

>>楽天で見る


2.Belden #8412“The Wired”


アメリカのケーブルメーカーBelden社のギターシールド。
『中低域が強調されたサウンドでバンド・アンサンブルの中でも音が埋もれることはない。音の太さを求めるならこれ』という謳い文句通りに、パワフルな音を再現する定番商品。
値段的には、3mで4000円前後とそれなりの値段がしますが、性能面では折り紙付き。
この製品は、オーディオ用ケーブルである#8412をギターシールド用に加工したものですが、電気工作が得意な方なら、ケーブルと端子をそれぞれ購入して自作すれば(”The Wired”とは異なるものになりますが)、結構安い値段で収めることも可能です。
他にも王道ロックサウンドを追い求めたBelden #9395“The British”、60年代や70年代のヴィンテージサウンドを再現するBelden #9778“The 60′s”などもオススメ!

このシールドの詳細を・・・

>>サウンドハウスで見る

>>アマゾンで見る

>>楽天で見る


3.Providence S101 model “Studiowizard”


Providenceは、エレキギターやギターパーツおよび関連アクセサリ類の販売を行っている㈱パシフィクスが展開するブランド。
本格的なレコーディングでの使用やエフェクターの多用、広いスタジオでの長いケーブルの引き回しを想定して作られたこのシールドは、高音域の低下や音痩せを可能な限り排除することに力を入れています。
中域もしっかりとしており、高級シールドの名に恥じない品質を誇ります。
値段的には3mで5000円オーバーと高めですが、ギターの持つ力を存分に発揮させたいなら、このシールドですね!

このシールドの詳細を・・・

>>サウンドハウスで見る

>>アマゾンで見る

>>楽天で見る


4.Custom Audio Japan(CAJ) Guitar Cable


1980年代から数多くのトップギタリストのサウンドシステムを設計/製作しているボブ・ブラッドショウのプロジェクト・ブランドであるCUSTOM AUDIO ELECTRONICS(CAE)のノウハウを、日本のミュージシャンに提供するためにスタートしたのがCUSTOM AUDIO JAPAN(CAJ)です。
宣伝活動は基本的に行っておらず、ほぼ口コミだけで現在の知名度を築き上げてきた、プロミュージシャン御用達のブランド。
『あらゆる条件下においてギターケーブルにとっての重要なファクターを改めて見直し、機材のポテンシャルとサウンドを常に100%引き出すこと』をコンセプトにする一方で、3m長で3000円弱からという価格になっており、コストパフォーマンスの高いシールドと言えるでしょう。

このシールドの詳細を・・・

>>サウンドハウスで見る

>>アマゾンで見る

>>楽天で見る


5.MONSTER CABLE STANDARD 100


米企業であるモンスターケーブルは、音響関連の世界では非常に有名なメーカーです。
ハリウッドの製作現場でも、良く使われているらしいですね。
ギターシールドに関しても高級品を中心に展開していますが、これはその中でも最も手ごろなお値段のエントリーモデル。
安いところなら、3.6mで2000円強という値段から売っていますので、結構リーズナブルですね。
エントリーモデルとはいえ、モンスターケーブルらしいパワフルさは健在で、カッティングギターでも音が埋もれることはありません。
勿論、耐久性も高いので、安心して長く使うことができるシールドです。

このシールドの詳細を・・・

>>サウンドハウスで見る

>>アマゾンで見る

>>楽天で見る


オススメのギターシールドを5つ挙げてみましたが、2番以降はどちらかというと中~上級者向けのシールドです。
初心者の方には、値段や性能のトータルバランスからみて、CANARE G03がイチオシ。
数百円クラスのノーブランドシールドを使っている方は、是非こちらに変えてみることを推奨します。
目の前のモヤが、一気に晴れたような気分になります。
というか、私はなりました。
シールドのグレードアップは、一番手軽にギターの音を良くする方法でもあるんですよね。

さて次は、ギター弦について掘り下げてみようと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする