指板のメンテナンス用具

ギターにおいて指板と言う部位は、最も手が触れる部分であり、それだけ酷使される部位です。
なので、日頃からしっかりとメンテナンスをしてあげる必要があります。
あまり汚れた状態になると、それが元でフレット浮きが発生したりすることもあるので、結構要注意なんですよ。

指板にオイルを塗った方がいい?

ところで、これは賛否両論ある話なのですが、ローズウッドやエボニー指板の場合は、木材が剥き出しの状態になっているので、乾燥にも注意する必要があり、月に1回くらいはオイルを塗って保湿してあげた方が良いと言われています。
しかしその一方で、オイルを塗ると、そのオイルが酸化することで指板を劣化させてしまうという意見も少なくありません。
どちらが正しいのか明確ではないのですが、私の意見としては、日本のように季節によって気温や湿度が大きく変わるようなところで使う場合は、やはり木材に含まれる水分をある程度コントロールした方が良い気がしますので、オイルを使用した方が良いと思っています。

なお、メイプル指板の場合は塗装されていますので、保湿目的でオイルを塗っても効果はありません。
日頃は基本的に乾拭きのみで、弦を交換するときなどにクリーナーで汚れを落としてあげるといいでしょう。

ということでここでは、指板用のクリーナー、ローズ/エボニー指板向けのオイルの定番品をご紹介してみたいと思います。

指板用オイルの定番品

・TRICK/Fletboard Cleaner

TRICK ( トリック ) / Fletboard Cleaner
TRICK ( トリック ) / Fletboard Cleaner
定番の指板用クリーナー。
グリス、オイル、汚れや手垢などに素早く浸透分解し、汚れを取り除きます。
不燃性かつ非腐食性、においも残らない水溶性なので安心。
ローズ/エボニー指板の場合は、使用後に艶が消えたように見えることがありますので、本品使用後にレモンオイルなどを使用するのがオススメ。

このクリーナーの詳細を・・・

>>サウンドハウスでチェック!

>>アマゾンでチェック!


・ROCHE THOMAS/Premium Fingerboard Oil

ROCHE THOMAS ( ロシュトーマス ) / Premium Fingerboard Oil
ROCHE THOMAS ( ロシュトーマス ) / Premium Fingerboard Oil
プロの愛用者も多い逸品。
高い浸透率で指板によく馴染み、長期にわたりコンディションを維持します。

このオイルの詳細を・・・

>>サウンドハウスでチェック!


・FERNANDES/LEMONOIL

FERNANDES ( フェルナンデス ) / LEMONOIL
FERNANDES ( フェルナンデス ) / LEMONOIL
レモンオイルの定番品。
レモンオイルがなんでレモンオイルって言うかというと、単にレモンの香りがするからです。(笑)
揮発性が高く、塗ってすぐに乾燥していくタイプ。
従って、保湿・つや出し効果はあまりなく、クリーナーとして使用されることが多いようですね。


・FERNANDES/WCS 424

FERNANDES ( フェルナンデス ) / WCS 424
FERNANDES ( フェルナンデス ) / WCS 424
ローズネック・オイルと呼ばれるものですが、何がイイって香りがイイ!
西洋杉の成分を含んでいるそうですが、まさに『木!!』という香りがして、匂いをかぐだけでも木に良さそうな感じがしてしまいます。
保湿・艶出し効果もしっかりあって、塗布直後は新品と見まがうほどの艶が出ますよ。
塗装面やメッキ部分にも使える万能選手。


・Freedom Custom Guitar/SP-P-11 Lemon Oil

Freedom Custom Guitar ( フリーダムカスタムギターリサーチ ) / SP-P-11 Lemon Oil
Freedom Custom Guitar ( フリーダムカスタムギターリサーチ ) / SP-P-11 Lemon Oil
こちらもレモンオイルの定番品。
天然由来の蜜蝋とレモンオイルを主成分にしており、汚れ落とし効果と保湿効果を両立させています。


・HOWARD/Orange Oil

HOWARD ( ハワード ) / Orange Oil
HOWARD ( ハワード ) / Orange Oil
家具向けのウッドケア用品メーカーがヒットさせた、楽器向け定番オイル。
レモンの香りではなく、オレンジの香りが特徴的です。
高い汚れ落とし効果で人気があるオイルです。

このオイルの詳細を・・・

スポンサーリンク

シェアする

フォローする